Publisher でページにテキストを入力する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft TE000130411 では、ワープロ ソフトで入力するときのように、テキストが余白と余白の間に入力されたり、あるページから次のページに続いたりすることはありません。代わりに、各テキスト ブロックは "テキスト ボックス" と呼ばれるコンテナの中に入力されます。ページにテキスト ボックスを配置することによって、文書を構成します。

文書に新しいテキストを追加するには、次の 2 段階のプロセスが必要です。

  1. テキストを入力する新しいテキスト ボックスを作成します。

  2. テキストを入力します。

ワープロ プログラムでの作業に慣れている場合、Publisher でのテキストの追加が非常に複雑に思えるかもしれませんが、慣れてしまえば、非常にすばやく簡単に行うことができます。テキスト ボックスの使用をあきらめる前に、テキスト ボックスの柔軟性を考慮してみてください。テキスト ボックスは、図のような独立した要素であるため、次のようなメリットがあります。

  • ページ内の目的の場所にテキスト ボックスを配置し、いつでも移動できます。

  • 任意のサイズのテキスト ボックスを作成し、後でいつでもサイズを変更できます。

  • たとえば、1 つのテキスト ボックスの書式を赤の 24 ポイント、Verdana に設定し、もう 1 つのテキスト ボックスを黒の 10 ポイント、Times Roman に設定できます。

  • たとえば、1 つのテキスト ボックスの枠線をオレンジに、背景色を緑に設定し、同じページ内の他のすべてのテキスト ボックスを枠線なし、背景色を白に設定できます。

  • テキスト ボックスを複数の列に分割できます。

  • 異なるページにある複数のテキスト ボックスを接続すると、テキストが自動的に次のページに送られるようになります。

テキスト ボックスの柔軟性を示す例として、次のニュースレター文書の 1 ページ目を参照してください。

あらかじめデザインされているニュースレターの 1 ページ目

このページだけでは、問題番号、日付、タイトル、目次、ストーリーの見出しと図のキャプションをなど、16 の独立したテキスト ボックスが表示されます。

ページに新しいテキストを追加する方法は、次のとおりです。

テキスト ボックスを作成するためのテキスト ツール アイコンとドラッグの説明図

コールアウト 1 [オブジェクト] ツールバーには、テキスト ボックスをクリックします。(既定では、Publisher を開くときにオブジェクト] ツールバーの拡張垂直方向に、Publisher のウィンドウの左側にあるします。)

吹き出し 2 四角形を作成するページ上にドラッグします。

吹き出し 3 作成したテキスト ボックスに、目的のテキストを入力します。

ヒント

  • テキストの書式を設定するには、テキストを選択し、[書式] メニューで、次のものをクリックします。

    • [フォント]: フォント、フォントのサイズ、フォントの色、またはスタイルを変更できます。

    • [段落]: 配置、インデント、行間、および段落の区切りを変更できます。

    • [箇条書きと段落番号]: 箇条書きと段落番号のスタイルを追加または変更できます。

  • テキスト ボックスの書式を設定するには、テキスト ボックスをクリックし、[書式] メニューの [テキスト ボックス] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×