Project Web App でタイムラインの外観を変える

Project Web App でタイムラインの外観を変える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

タイムラインのカスタマイズ方法はいくつかあります。この記事では、次の方法でタイムラインをカスタマイズする方法について説明します。

フォントと色を変える

タイムラインに使うテキストのフォント、サイズ、表示形式、色を変えられます。また、タイムライン バー、ひし形、背景に使う塗りつぶしの色も変えられます。

タイムラインに使うフォントと色を変えるには:

  1. タイムラインを 1 回クリックして選びます。

  2. タイムライン バーまたはひし形に使うフォントを変えるには、バーまたはひし形をクリックして、[タイムライン] タブの [フォント] グループで、フォント、サイズ、表示形式、色を変えます。

    ヒント:  タイムラインのバーまたはひし形をクリックすると、そのタスクに関する情報が記載されたボックスが表示されます。別のバーやひし形の表示形式を設定するときに、このボックスが表示された場合は、ボックスの右上にある [X] をクリックして閉じます。

  3. バーやひし形の塗りつぶしに使う色を変えるには、バーまたはひし形をクリックし、[タイムライン] タブの [フォント] グループにある [蛍光ペンの色] をクリックして色を選びます。

    注:  ひし形の塗りつぶしに使う色は、ひし形とタスク名の間に引かれる線にも使われます。

  4. タイムラインの背景の塗りつぶしに使う色を変えるには、バーまたはひし形で塗りつぶされていないタイムラインの領域をクリックし、[タイムライン] タブの [フォント] グループにある [蛍光ペンの色] をクリックして色を選びます。

日付の表示方法を変える

既定では、タイムラインにはタスクの日付、現在の日付を示すマーカー、タイムスケールを示す上部に並んだ日付が含まれます。プロジェクト全体の開始日と終了日を追加したり、既定の日付インジケーターをすべて非表示にしたりすることもできます。また、タスクの開始日と期限の表示形式も選ぶことができます。 タイムラインに日付を挿入する方法を選ぶには:

  1. タイムラインを 1 回クリックして選びます。

  2. [タイムライン] タブの [表示/非表示] グループで、タイムラインに表示する日付の種類の横にあるチェック ボックスをオンにします。

    • [タスクの日付] [タスクの日付] チェック ボックスをオンにして、タスクのバーまたはタスクのひし形の横に各タスクの開始日と終了日を表示します。

    • [今日] [今日] チェック ボックスをオンにして、現在の日付のタイムラインにインジケーターを表示します。

    • [開始および終了] [開始および終了] チェック ボックスをオンにして、タイムラインの最初に開始日、タイムラインの最後に終了日を表示します。これらの日付は、最も早いタスク開始日と、最も遅い期限から取得されます。

    • [タイムスケール] [タイムスケール] チェック ボックスをオンにして、タイムラインの上部に日付間隔のマーカーを表示します。

  3. タスク バー内またはタスクのひし形の横に表示する日付の表示形式を選ぶには、[タイムライン] タブの [表示/非表示] グループで、[日付の形式] をクリックし、使う形式を選びます。

タスクの外観を変える

開始日のないタスク、または開始日があって期限がないタスクは、常にひし形でタイムラインに表示されます。一方、開始日と期日が指定されているタスクは、タイムライン バーとして表示するか、タイムライン上に吹き出しとして表示することができます。これは、プロジェクトのさまざまなフェーズを表す方法、または複数のサブタスクがある大きいタスクを表す方法として、タスク リストでタスクをインデントしている場合に、特に便利です。 たとえば、次のようなタスク リストがあるとします。

  • フェーズ 1

    • タスク A

    • タスク B

    • タスク C

  • フェーズ 2

    • タスク D

    • タスク E

フェーズを吹き出しとしてタイムラインに表示し、タスクをタイムライン バーとして表示できます。

タスクの外観を変える

タスクを吹き出しとしてタイムラインに表示するには、タスク バーで 1 回クリックし、[タイムライン] タブで [現在の選択範囲] グループの [吹き出しとして表示] をクリックします。吹き出しをタイムライン バーに戻すには、吹き出しのテキストを 1 回クリックし、[タイムライン] タブで [現在の選択範囲] グループの [バーとして表示] をクリックします。 タスクをタスク リストから削除することなく、タイムライン全体から削除することもできます。これは、タイムラインを簡略化する必要がある場合や、一部のプロジェクトの概要 Web パーツに表示しないようにしたい場合に便利です。 タイムラインからタスクを削除するには、2 通りの方法があります。

  • バー、ひし形、または吹き出しのテキストを 1 回クリックし、表示されるボックスで、[タイムラインから削除] をクリックします。

  • バー、ひし形、または吹き出しのテキストを 1 回クリックし、[タイムライン] タブの [現在の選択範囲] グループにある [タイムラインから削除] をクリックします。

タイムラインの幅をロックする

タスクをタイムラインに追加し、プロジェクトを正しく表す方法で配置した後、タイムラインの幅をロックして、プロジェクトのタイムラインが他のユーザーに対して意図したとおりに表示されるようにすることができます。タイムラインの幅をロックしない場合は、タイムラインの表示に使用されるウィンドウのサイズによって幅が変化します。 タイムラインの幅をロックするには、プロジェクトを正しく表すようにタイムラインを配置し、[タイムライン] タブで [アクション] グループの [タイムラインの幅をロック] をクリックします。これで、他のユーザーがこのタイムラインを表示すると、そのユーザーのウィンドウ サイズにかかわらず、設定した幅が維持されます。

タイムラインの日付範囲を設定する

プロジェクトの規模や複雑さに応じて、タイムラインに表示する日付の範囲を長くしたり短くしたりして日付範囲を調整すると便利です。Project Online または Project Server 2016 でこれを行うには、タイムラインの日付範囲をカスタマイズします。

  1. サイド リンク バーの [プロジェクト] をクリックします。

    複数のタイムライン記事の画像

  2. タイムラインで任意の場所をクリックして [タイムライン] タブを開き、[表示/非表示] グループの [期間の設定] をクリックします。

    MT06 - 日付範囲を設定する

  3. [タイムライン日付の設定] ボックスで、[ユーザー設定の日付を指定する] を選択し、目的の開始日と終了日を入力して、[OK] をクリックします。

    MT07 - ユーザー設定の日付

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×