Project Web Access の上級管理者の役割ガイド

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

組織および組織のプロジェクト管理の方針に従って、役員は単独で数十から数百ものプロジェクトのポートフォリオを担当し、多くの場合、ある部門全体または組織の特定の領域を担当します。役員は、作業が組織の戦略的な目標に確実に合致するように、これらのすべてのプロジェクトについて十分に把握する必要があります。

大規模な組織では、通常、プロジェクト マネジメント オフィス (PMO) がプロジェクトのポートフォリオを管理します。その場合でも、役員は、一般に PMO と密接に連携し、組織の目標が確実に理解および達成され、プロジェクトがそれらの目標に確実に合致するように調整します。

この記事では、組織の役員が Microsoft Office Project Web Access を使用して実行できる作業について説明します。ここでは、役員の観点から Project Web Access の概要を示します。

割り当てられているセキュリティ グループに応じて、役員は、Project Web Access、Microsoft Office Project Professional 2007、またはその両方を使用して Project Web Access の機能を操作できます。

役員の権限を持つユーザーが実行できる操作

Project Web Access のホーム ページから作業を行う

リソースを使用する

プロジェクト センターでプロジェクトおよびポートフォリオを操作する

データを分析してレポートを作成する

組織の他のユーザーと共同で作業を行う

展開のアドバイス、ブログ、およびその他の情報をオンラインで入手する

Project Web Access のホーム ページから作業を行う

Project Web Access のホーム ページは、Microsoft Office Project Server 2007 データベースに保存されたデータで作業するユーザーの主要なエントリ ポイントです。Project Web Access にログオンすると、作業 (承認を受ける必要のあるタスク更新など) の必要な保留中アイテムや、前回のログオン以降に変更されているアイテムが表示されます。このホーム ページから、タスク、プロジェクト センター、リソース センター、更新、進捗レポート、ドキュメント、懸案事項、リスクなどの Project Web Access の機能のページにアクセスできます。

注:  Project Web Access のホーム ページに表示される内容は、サーバーで利用できる機能、ユーザーの役割、ユーザーに割り当てられているアクセス許可、ユーザーが属しているセキュリティ カテゴリ (そのセキュリティ カテゴリに割り当てられているプロジェクトとビューを含む)、およびホーム ページに対して構成されたカスタマイズによって決まります。

Project Web Access のホーム ページでの作業

ページの先頭へ

Outlook と統合する

Project Web Access を Microsoft Outlook と統合すると、チーム メンバーは Office Outlook 2007、2003、または XP を使用してタスクを更新できるようになります。Outlook 統合機能を使用するには、チーム メンバーが次の条件を満たしている必要があります。

  • Outlook 統合機能の構成ページにアクセスするための Project Web Access の有効なユーザー アカウントを持っている。

  • Office Outlook 2007、2003、または XP を使用する。

  • Outlook 用の Microsoft Office Project アドインをダウンロードしてインストールする。

Outlook での作業

ページの先頭へ

リソースを使用する

リソース情報を管理する

プロジェクトにスタッフを配置する

スキルをスケジューリングする

休暇およびその他の非稼働時間 (管理用時間) を処理する

Project Web Access のリソース センターを使用して、Project Server データベースに公開されたプロジェクトのタスクに割り当てられている 1 つ以上のリソースの情報を表示、変更、分析できます。リソース センターには、エンタープライズ リソース プールのリソースの一覧が表示されます。リソース センターで項目を表示するアクセス許可は、Project Server 管理者によって付与されます。

ページの先頭へ

リソース情報を管理する

リソース センターでは、リソースの電子メール アドレス、アカウント情報、所属するグループなど、リソースに関する情報を表示および編集できます。また、リソースの割り当ておよび利用可能時間に関する情報を表示することもできます。

注: 予定表の設定などの一部のリソース属性は、Project Professional 2007 でのみ変更できます。

リソース情報の管理作業

ページの先頭へ

プロジェクトにスタッフを配置する

チームの作成機能を使用して、リソースのスキルや利用可能時間などのさまざまなパラメータに基づいて、プロジェクトのチームを作成できます。ただし、このタスクは通常、プロジェクト管理者が実行します。リソース センターを使用すると、組織のプロジェクトにだれが割り当てられているかを確認できます。

チームの作成機能を使用するときは、以下の点を考慮してください。

  • 管理者は、すべてのリソースを表示できるとは限りません。また、すべてのリソースをプロジェクトに割り当てることができるとも限りません。

  • 必要なスキル セットを持つリソースを見つけたり確認したりするために、組織では、リソース ブレークダウン ストラクチャ (RBS) と、その他のエンタープライズ リソース アウトライン コードを適用する必要があります。これらは、組織内のさまざまなスキルとリソースの関係を定義するために使用されます。

  • リソースのチームにタスクを割り当てることができます。個々のチーム メンバーは、自分に割り当ててほしいタスクを選ぶことができます。

  • 管理者は、仮予約と本予約の両方の予約の種類をリソースに使用できます。本予約しないでプロジェクトにリソースを割り当てることにより、管理者は提案された新しいプロジェクトのリソース割り当ての可能性を追跡できます。たとえば、サービス組織では、さまざまな割り当てシナリオを比較し、提案と承認済みの両方の割り当てを管理できるように、仮予約を使うことがよくあります。一元管理されたリソース プールを使用する組織のリソース管理者と、自身のスタッフ配置を行うプロジェクト管理者は、仮予約を使ってスタッフ配置の要求を追跡および管理します。

注: 予定表の設定や切り替えられたリソースなど、一部のリソースの属性と設定は、Project Professional 2007 でのみ変更できます。

プロジェクトへのスタッフの配置作業

ページの先頭へ

スキルをスケジューリングする

ジョブに最適なリソースを見つけて、組織の人材が不足していないかどうかを判断しやすくするために、組織のエンタープライズ プロジェクト マネジメント (EPM) ソリューションの一部として Project Web Access および Project Professional 2007 に用意されているスキルのスケジューリング機能を使用できます。管理者は、Project Professional 2007 のリソースの切り替えウィザードを使用して、標準リソースを実際のリソースに置き換えることができます。Project Web Access のチームの作成機能を使用すると、ジョブに適したスキルを持つリソースを検索できます。

注: 予定表の設定やリソース切り替えウィザードなど、一部のリソース属性は、Project Professional 2007 でのみ変更できます。

スキルのスケジューリング作業

ページの先頭へ

休暇およびその他の非稼働時間 (管理用時間) を処理する

Project Web Access では、休暇、チーム会議、トレーニング、内部プロジェクト、その他のプロジェクト以外の時間など、非稼働時間 (管理用時間) を追跡できます。チーム メンバーは、[自分のタイムシート] ページで管理用時間を入力します。

組織では、次のような場合に管理用時間を追跡する必要があります。

  • 例外に関するデータを必要とする会計システムを統合する場合。

  • 管理チームが例外に関するレポートを要求している場合。

  • プロジェクトの割り当てに利用できない時間を確認できるように、プロジェクト管理者やリソース管理者がチーム メンバーに不在時間の入力を求めている場合。

管理用時間の管理作業

ページの先頭へ

プロジェクト センターでプロジェクトおよびポートフォリオを操作する

プロジェクト センターには、プロジェクト管理者、チーム メンバー、およびその他のプロジェクト関係者が、個々のプロジェクトの詳細情報、プロジェクト提案、および組織全体のプロジェクトのポートフォリオに関して報告された統計情報を簡単に表示できる方法が用意されています。Project Web Access または Project Professional 2007 のプロジェクト センターにアクセスする権限を持つユーザーは、プロジェクト センターを使用して、各自に割り当てられているプロジェクトの作業を行うことができます。プロジェクト センターでは、Project Server 2007 データベースに発行されているプロジェクトのみを使用できます。

プロジェクト センターでの作業

ページの先頭へ

データを分析してレポートを作成する

進捗レポートを管理する

OLAP レポートを使用する

正確なレポートを作成することで、プロジェクト管理とリソース管理に対する組織の全体的なアプローチが成功したことをわかりやすく報告することができます。

Project Web Access には、チームが最も効率的な方法で共同作業できるように多くのレポート オプションが用意されています。リソースは、進捗レポートを作成してタスクの進捗状況を報告できます。さらに、プロジェクト管理者は詳細なオンライン分析処理 (OLAP) レポートを作成できます。

注: 一部のタスクはユーザーが Project Web Access の Administrators グループに属している場合にのみ実行できることに注意してください。Project Web Access のサイド リンク バーに [サーバーの設定] リンクが表示されない場合、ユーザーは Administrators グループのメンバーではなく、ビューのカスタマイズ、レポートの設定、タイムシートのセットアップ、プロジェクトの削除などの操作を実行することはできません。

ページの先頭へ

進捗レポートを管理する

進捗レポートには、割り当て済みのタスクの進捗状況が示されます。進捗情報を要求および受信するプロセスは自動化できます。管理者は、チーム メンバーに進捗レポートの提出依頼を送信でき、チーム メンバーは管理者への返信で依頼された情報を提供できます。チーム メンバーが進捗レポートの送信を開始することもできます。プロジェクト管理者は、個々の送信と、応答をまとめた集計レポートを受け取るように進捗レポートを構成できます。

進捗レポートの管理作業

ページの先頭へ

OLAP レポートを使用する

各レベルの管理者は、さまざまなレポートを使用して、1 つのプロジェクト内で、または複数のプロジェクトにわたって、プロジェクトとリソースの実績を分析できます。レポートを対話的に操作し、レポートを構成するフィールドの一部を変更するには、ピボットテーブル ビューやピボットグラフ ビューを使用できます。これらのレポートは、プロジェクトとリソースの実績に基づいて組織の状況を把握するために役立ちます。

注: ビジュアル レポートなどの一部のレポートは、Project Professional 2007 でのみ作成および表示できます。

OLAP レポート管理アクティビティ

ページの先頭へ

組織の他のユーザーと共同で作業を行う

Project Web Access には、プロジェクトのタスク、懸案事項、リスク、およびプロジェクトの成功に影響を与える他の領域での、組織のリソースの共同作業を支援する多くの機能があります。

Project Server 2007 ユーザーは、Windows SharePoint Services を利用して、プロジェクトの共同作業を行うことができます。Project Server データベースに発行されるすべてのプロジェクトは、Windows SharePoint Services を実行しているサーバー上のサイトに関連付けることができます。このサイトには、プロジェクト関連のドキュメント、懸案事項、およびリスクの保存や追跡に使用できる、複数のドキュメント ライブラリ、および懸案事項とリスクを格納する単一のリストを含めることができます。

共同作業アクティビティ

ページの先頭へ

展開のアドバイス、ブログ、その他の情報をオンラインで入手する

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×