Project Web Access のリソース管理者の役割ガイド

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

リソース マネージャーはリソース スキルとそれらのリソースに関連付けられている機能を管理する責任があります。リソース マネージャーは、リソースの適切な設定されたプロジェクトをされていると、リソースがタスクの完了に必要なスキルを持っているかどうかを確認するプロジェクト マネージャーと密接に連携します。さらに、リソース マネージャーは、新入社員がサポートしているプロジェクトのリソース要件を満たしているかどうかを確認する人事管理部門と密接に連携可能性があります。

この記事では、 Microsoft Office Project Web Accessを使用する場合は、プロジェクトでリソース マネージャーとして利用可能なアクティビティについて説明します。リソース マネージャーの視点から Project Web Access の概要が表示されます。

Project Web Access、 Microsoft Office Project Professional 2007、またはその両方を使用して権限に応じて、管理者が与えられてリソース マネージャーとして、Project Web Access の機能を操作できます。

リソース マネージャーのアクセス許可では、どうすればよいですか。

Project Web Access のホーム ページからでも作業できます。

タスクとタイムシートを使用します。

リソースを操作します。

プロジェクト センターで作業します。

データを分析し、レポートを作成します。

組織内の他のユーザーと共同作業します。

Project Professional を使用します。

展開についてのアドバイス、ブログ、およびその他の情報をオンラインにします。

Project Web Access のホーム ページからでも作業できます。

Project Web Access のホーム ページは、 Microsoft Office Project Server 2007データベースに保存されているデータを使用しているユーザーのプライマリ エントリ ポイントです。前回にログオンしてログオンする Project Web Access では、アイテムを承認する必要があるタスクの更新) などの操作を必要があるし、アイテムの保留中] が変更された場合に表示されます。ホーム] ページで、タスク、プロジェクト センター、リソース センター、更新、進捗レポート、ドキュメント、問題については、およびリスクのページを含む、Project Web Access の機能にアクセスできます。

注: Project Web Access のホーム ページに表示されるコンテンツは、[サーバー]、[ユーザー、ユーザーに割り当てられたアクセス許可、ユーザーが所属するセキュリティ カテゴリの役割は、利用できる機能によって決定されます ([プロジェクトを含むとビューのセキュリティのカテゴリに割り当てられている)、およびホーム ページに設定されているカスタマイズします。

Project Web Access のホーム ページのアクティビティ

ページの先頭へ

タスクとタイムシートを使用します。

タスクを管理します。

タスクの更新を管理します。

タイムシートを管理します。

Outlook と統合します。

タイムシート時間またはそのタスク状態、チーム メンバーが記録できる、前に、管理者は、タイムシートやタスクの進捗状況を設定する必要があります。タイムシートは、タスク、プロジェクト、およびその他のアイテムに費やした実際の時間を記録し、重要なは、使用率、支払い対象時間、およびその他の時間ベースの基準を追跡する場合は、します。チーム メンバーは、ページを使って、自分のタスク、ことができる状況やプロジェクトのタスクの完了するまでの進捗状況を追跡する管理者は、タスクの進捗状況を入力できます。

組織では、 Office Project Professional 2007で作成したプロジェクトの進捗状況を追跡している場合は、タスクの進捗状況を管理をされます。

ページの先頭へ

タスクを管理する

チーム メンバーは、Project Web Access で表示、編集、委任するには、[マイ タスク] ページを使用し、タスク、および Project Professional 2007 を使用しているプロジェクト マネージャー、またはリソースのチームに割り当てられている作業時間を更新できます。[マイ タスク] ページにアクセスするには、サイド リンク バーで自分のタスクをクリックします。

タスク管理作業

ページの先頭へ

タスクの更新を管理します。

[Project Web Access の [タスクの更新] ページでは、タスクとチーム メンバーが、自分のタスクのページから送信稼働時間の変更を確認できます。プロジェクトを最新の情報に更新するのにタスクの更新] ページを使用することもできます。

プロジェクトは、2 つの方法でタスクの更新] ページからの情報で更新できます。

  • 手動で    [タスクの更新] ページで[承諾] をクリックして、各タスクの変更を承諾できます。同意する前に、タスクの変更依頼に返信する場合は、変更要求は、チーム メンバー応答を返信するまで、[タスクの更新] ページで、リストから削除されます。更新し、同時に新しいタスクとタスクの委任依頼に返信します。

  • 自動的に (ルールを使用して)    作成して、変更を承認する前に確認する必要はありませんが、プロジェクトを自動的に更新するルールを実行することができます。組織の任意の場所でリソース ブレーク ダウン構造 (RBS) に特定のプロジェクト、すべてのプロジェクト、特定のリソース、またはリソースのグループを実行しているルールを作成することができます。

タスクの更新プログラムの管理作業

ページの先頭へ

タイムシートを管理します。

タイムシートは、タスク、プロジェクト、およびその他のアイテムに費やした実際の時間を記録し、重要なは、使用率、支払い対象時間、およびその他の時間ベースの基準を追跡する場合は、します。

場合は、タイムシートを作成する必要があります。

  • 組織が時間および支払い対象外時間を追跡しようとするとします。

  • 給与の課金目的で、会計システムと統合する必要があります。

  • 管理したいリソースが費やす時間と方法時間中消費 (超過支払い対象の標準支払い対象時間など) の数の詳細を参照してください。

タイムシートの管理作業

ページの先頭へ

Outlook と統合します。

Project Web Access 2003 では、 Office Outlook 2007] を使用して、自分のタスクを更新するチーム メンバーを有効にするのには、 Microsoft Outlookとの統合または XP します。任意の Outlook の統合機能を使用するためにチーム メンバーが必要です。

  • Outlook の統合機能を構成するページにアクセスする、Project Web Access の有効なユーザー アカウントを持っています。

  • Office Outlook 20072003 を使用してまたは XP します。

  • ダウンロードして、[Outlook 用の Microsoft Office Project アドインをインストールします。

Outlook のアクティビティ

ページの先頭へ

リソースを使用する

リソース情報を管理します。

スタッフのプロジェクト

スキルのスケジューリング

休暇およびその他の非稼働時間 (管理用時間) を使用します。

プロジェクト マネージャーとリソース マネージャーは、表示、変更、および、1 つまたは複数リソース Project Server のデータベースに発行されたプロジェクトのタスクに割り当てられているに情報を分析する Project Web Access でのリソース センターを使用します。リソース センター エンタープライズリソース プール; でリソースの一覧を表示します。Project Server 管理者は、リソース センター内のアイテムを表示する権限を許可します。

ページの先頭へ

リソース情報を管理します。

リソース センターで、電子メール アドレス、アカウント情報、所属するグループなどのリソースに関する情報を編集できます。自分の割り当てと空き時間情報を表示することもできます。

注: Project Professional 2007 を使用して、カレンダーの設定] など、いくつかのリソースの属性を変更のみことができます。

リソース情報の管理作業

ページの先頭へ

スタッフのプロジェクト

プロジェクト マネージャーと、場合によっては、リソース マネージャーの場合は、リソースのスキルとリソースの可用性を含む多数の異なるパラメーターに基づいてプロジェクト チームを構築できます。Project Web Access のチームを作成機能を使用するには、プロジェクト チームを作成します。

チームの作成機能を使用している場合は、次を考慮してください。

  • マネージャーは、すべてのリソースを表示することができないことがありますか、すべてのプロジェクトに割り当てることができないがあります。

  • 設定を必要なスキルを持つリソースを検索するために、組織では、リソースの内訳構造 (RBS) とさまざまなスキル、組織内でのリソースのリレーションシップを定義するために使用するその他のエンタープライズ リソースアウトライン コードを適用する必要があります。.

  • リソースのチームにタスクを割り当てることができます。個々 のチーム メンバーは、自分に割り当てられているか、これらのタスクを選択できます。

  • 管理者は、リソースの両方の提案し、[コミット済みの予約の種類を使用できます。コミットせずには、プロジェクトにリソースを割り当てる、によって管理者は、提案された新しいプロジェクトの潜在的なリソースの割り当てを管理できます。サービス組織では、たとえば、多くの場合を使用して仮予約が割り当てのさまざまなシナリオを比較したり提案と承認の両方の割り当てを管理できるようにします。一元的なリソース プールを使用している組織でのリソース マネージャーおよびプロジェクト マネージャーは、独自のスタッフの使用を追跡し、リソースの割り当て要求を管理する予約を提案します。

注: いくつかのリソースの属性と予定表の設定と代替リソースなどの設定は、Project Professional 2007 を使用してのみ変更できます。

プロジェクトのアクティビティをスタッフ

ページの先頭へ

スキルのスケジューリング

ジョブに最適なリソースを検索するには、組織のエンタープライズ プロジェクト管理 (EPM) ソリューションの一部として、Project Web Access、および Project Professional 2007 で使用できるスキルのスケジューリング機能を使用します。標準リソースを実際のリソースに置き換えるには、Project Professional 2007 内でリソースの切り替えウィザードを使用します。ビルドを Project Web Access でチームの作成機能を使用するジョブの正しいスキルを持つリソースを検索します。

注: 予定表の設定など、いくつかのリソースの属性とリソースの切り替えウィザードは、Project Professional 2007 を使用してのみ変更できます。

スキルのスケジューリング アクティビティ

ページの先頭へ

休暇およびその他の非稼働時間 (管理用時間) を使用します。

Project Web Access を使用すると、休暇、チーム会議、トレーニング、内部プロジェクトなどの非稼働時間 (管理用時間)、およびその他のプロジェクト以外の時間を追跡できます。チーム メンバーは、自分のタイムシート ページの管理用時間を入力します。

組織場合、管理用時間を追跡する必要があります。

  • 例外に関するデータが必要な会計システムと統合します。

  • 経営陣の例外でレポートを表示したいです。

  • プロジェクト マネージャーまたはリソース マネージャーは、目的のチーム メンバーに不在時の時間を入力して、プロジェクトの利用不可に時間が表示されます。

管理用時間の管理作業

ページの先頭へ

プロジェクト センターで作業します。

プロジェクト センターには、プロジェクト マネージャー、リソース マネージャー、チーム メンバー、およびその他のプロジェクト関係者個々 のプロジェクトとプロジェクト提案、に関する詳細情報を表示して、プロジェクトのサマリー情報を表示するための便利な方法が用意されています組織全体で。Project Web Access または Project Professional 2007 のプロジェクト センターにアクセスする権限を持つすべてのユーザーは、プロジェクト センターを使用してが割り当てられているすべてのプロジェクトを操作することができます。Project Server 2007データベースに発行されたプロジェクトのみは、プロジェクト センターでは使用できません。

プロジェクト センターのアクティビティ

ページの先頭へ

データを分析し、レポートを作成します。

ステータス レポートを管理します。

OLAP レポートを使用します。

Project Web Access には、チームが最も効率的な方法で共同作業のためのさまざまなレポート オプションが用意されています。リソースは、各自のタスクの進行状況を報告する進捗レポートを作成できます。さらに、プロジェクト マネージャーは、オンライン分析処理 (OLAP) の詳細なレポートを作成することができます。

注: 注意一部のタスクだけができるユーザーは、Project Web Access の管理者グループに属している場合に実行します。[クイック起動の Project Web Access でサーバーの設定] リンクが表示されない場合、administrators グループに属していないし、ビューをカスタマイズする、レポートの設定、タイムシートの設定、またはプロジェクトの削除などの操作を実行することはできません。

ページの先頭へ

ステータス レポートを管理します。

進捗レポートでは、割り当てられたタスクの進捗状況について説明します。管理者は、要求と状態に関する情報を受信するプロセスを自動化できます。進捗レポートをチーム メンバーに送信して、必要な情報を提供することで、チーム メンバーに応答し、ことができます。チーム メンバーは、進捗レポートの送信を開始することもできます。マネージャーは、個々 の送信と応答を統合する差し込み印刷レポートを受信できるように、進捗レポートを構成できます。

ステータス レポート管理作業

ページの先頭へ

OLAP レポートを使用します。

さまざまなレベルでの管理者では、さまざまなレポートを使用して、プロジェクト内で、または複数のプロジェクトのプロジェクトやリソースのパフォーマンスを分析します。レポートを対話的に操作して、それらを構造化するフィールドの一部を変更する場合は、ピボット テーブルとピボットグラフビューを使用することができます。これらのすべてのレポートを使用して、プロジェクトおよびリソースのパフォーマンスは、組織の正常性を理解できます。

注: [ビジュアル レポート] など、一部のレポートのみ作成でき、Project Professional 2007 を使用して表示します。

OLAP レポート管理作業

ページの先頭へ

組織内の他のユーザーと共同作業します。

Project Web Access には、組織のリソースをプロジェクトのタスク、懸案事項、リスク、およびプロジェクトの成功に影響を与える他の領域の共同作業のために多くの機能があります。

共同作業アクティビティ

ページの先頭へ

Project Professional を使用します。

Project Professional 2007 を使用すると、エンタープライズ プロジェクト管理 (EPM) ソリューションの一部として、組織のさまざまなプロジェクト管理タスクを実行します。

注: Project Professional を使用して、さまざまなエンタープライズ プロジェクト管理タスクを完了するためにProject Server 2007権限が必要です。+

プロジェクトのアクティビティを本格的です

ページの先頭へ

展開についてのアドバイス、ブログ、およびその他の情報をオンラインにします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×