Project Server 2013 で廃止、変更された機能

< その他の Project のヘルプ

ここでは、Microsoft Project Server 2013 で廃止または変更された機能について説明します。

プロジェクト サイト権限を [プロジェクト サイトの準備の設定] ページから削除

以前のバージョンの Project Server では、[プロジェクト サイトの準備の設定] ページに [プロジェクト サイト権限] セクションが含まれていました。このセクションでは、管理者はプロジェクト サイトを作成したとき、プロジェクト管理者がプロジェクトを発行したとき、およびユーザー権限が Project Server で変更されたときに、Project Web App ユーザーとプロジェクト サイトを自動的に同期するチェック ボックスをオンにできました。管理者がこのチェック ボックスをオフにすると、Project Server ユーザーがプロジェクト サイトと自動的に同期されなくなりました。

Project Server 2013 では、[プロジェクト サイトの準備の設定] ページの [プロジェクト サイト権限] セクションが削除されました。

変更の理由

このオプションが削除された理由は、Project Server 2013 が改善され、ユーザーの同期要求に対する処理スピードが向上したため、この目的のために別の権限を持つ必要がなくなったためです。ユーザーの同期が Project Server 2013 で有効になっている場合は、プロジェクトを発行すると、ユーザーのリストが対応するプロジェクト サイトと自動的に同期されます。

プロジェクト タスクと Exchange Server の同期

以前のバージョンの Project Server では、ユーザーは手動で Exchange Server との同期を設定でき、Outlook を使ってタスクを簡単に管理できました。Project Server 2013 ではこの機能が大幅に変更され、Exchange Server 2013 や SharePoint Foundation 2013 との統合が、改善されてより密接になりました。ただし、Project Server 2013 と以前のバージョンの Exchange Server との統合のサポートは廃止されました。 Project Server 2013 は、Exchange Server 2013 でホストされるメールボックスとのみ同期できます。

変更の理由

Outlook との統合に Exchange Server 2013 を必要とすることで、Outlook、SharePoint Foundation 2013、そして Project Server 2013 からのタスクを含むユーザーのすべてのタスクを単一の SharePoint サイト上に集約して同期できます。これにより、単一のユーザー画面上で、複数のタスク管理システムにわたる広範で包括的なすべてのタスクのビューが提供されます。この機能は、以前のリリースの Project Server に搭載されていた機能と比較して非常に完成度の高いモデルです。

下位互換性サポート

以前のバージョンの Project Server では、以前のバージョンの Project Professional クライアント アプリケーションを新しいバージョンの Project Server に接続できました。たとえば、ユーザーは Office Project Professional 2007 を Project Server 2010 に接続できました。これは、"下位互換性モード"、または BCM と呼ばれていました。Project Server 2013 では、BCM はサポートされていません。ユーザーは、Project Server 2013 への接続に Project Professional 2013 が必要となります。

変更の理由

BCM 機能は、以前のバージョンの Project Server で使用頻度が低かったためです。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×