Project Server キューのジョブ (イベント) を管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プロジェクトまたはタイムシートの情報は、Microsoft Office Project Server 2007 に発行されると、Project Server キューによって処理されます。このキューに追加されたジョブ (またはイベント) のスケジュール方法を変更したり、キュー内のジョブを確認したり、キュー内の特定のジョブを再開したりできます。

Project Server キューには、次に示す 2 つの個別のキューが含まれます。

  • プロジェクト キュー     保存、発行、レポート作成、およびキューブの作成に関連するプロジェクト メッセージに使用されます。このキューのテーブルとストアド プロシージャは、Office Project Server 2007 作業用データベースに格納されます。

  • タイムシート キュー     タイムシートの保存および提出に関連するタイムシート メッセージに使用されます。このキューのテーブルとストアド プロシージャは、Office Project Server 2007 発行済みデータベースに格納されます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

キューのジョブの設定を変更します。

ジョブ キュー グリッドを設定します。

キャンセルまたはキューのジョブを実行します。

ジョブ キューの設定を変更する

  1. サイド リンク バーの [サーバー設定] をクリックします。

  2. [サーバー設定] ページで [キューの設定] をクリックします。

  3. [キューの種類] ボックスの一覧の [プロジェクト] または [タイムシート] をクリックして、変更するキューを指定します。

    この手順の最後の保存] をクリックすると、選択したキューの種類の設定が保存されます。キューの他の種類の設定を保存して、変更には、この手順を繰り返しますがあります。

  4. [ジョブ処理用スレッドの最大数] に、サーバーで一度に処理できるキュー内のジョブの最大数を入力します。

    ヒント: 「-1」と入力すると、最大限のスレッド (20 以下) がサーバーで処理されます。

  5. [ポーリング間隔 (ミリ秒)] に、Project Server キューがプロジェクトまたはタイムシートのデータベースに新しいジョブをポーリングするまでに待機するミリ秒数を入力します。

  6. [再試行間隔 (ミリ秒)] に、Project Server キューがジョブの最初の試行に失敗した後、ジョブを再試行するまでに待機するミリ秒数を入力します。

  7. [再試行制限回数] に、Project Server キューが最初のデータベースへのポーリングに失敗した場合に、ポーリングを繰り返す回数を入力します。

  8. [SQL の再試行間隔 (ミリ秒)] に、ジョブ処理を試行する間隔をミリ秒単位で入力します。

  9. [SQL の再試行制限回数] に、Project Server キューがジョブ処理を試行する最大回数を入力します。

  10. [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

ジョブ キュー グリッドを設定する

  1. サイド リンク バーの [サーバー設定] をクリックします。

  2. [サーバー設定] ページで [キューの管理] をクリックします。

  3. [フィルタの種類] の [フィルタの種類] ボックスの一覧で、ジョブ グリッドに表示するジョブの種類をクリックします。

  4. [ジョブ/ジョブ グループ ID] に、ジョブ ID 番号またはジョブ グループ ID を入力します。このセクションは、[フィルタの種類] ボックスの一覧の [ID 順] をクリックした場合にのみ表示されます。

    ジョブ グループ Id は、関連するジョブを関連付けます。たとえば、ユーザーは、プロジェクトを発行する場合、そのジョブは自動的と、通知、レポートに関連するその他の関連するジョブに表示されます。

    ヒント: 使用するジョブ ID またはジョブ グループ ID を決定するには、ジョブ グリッドからその ID をコピーします。これを行う前に、[] の [使用できる列] テーブルを使用して、ジョブ ID 列およびジョブ グループ ID 列をジョブ グリッドに挿入します。

  5. ジョブの履歴] セクションには、過去のデータとジョブ グリッドで表示するジョブの最大数の期間を選択します。

  6. [ジョブの種類] で、ジョブ グリッドに表示するジョブ情報の種類をクリックします。

  7. [ジョブ完了状態] で、ジョブ グリッドに表示するジョブ状態情報の種類をクリックします。

  8. [プロジェクト] で、ジョブ グリッドで監視するプロジェクトをクリックします。

    このセクションは、[フィルタの種類] ボックスの一覧の [プロジェクト順] をクリックした場合にのみ表示されます。

  9. [] で、ジョブ グリッドに表示する列をクリックします。

  10. [詳細オプション] で、ジョブの選択時に関連する後続ジョブを取り消すかどうかを指定し、[ジョブの取り消し] をクリックします。

    • [キューに入っているジョブの取り消し]     このオプションは、ジョブ キューに入っているジョブだけを取り消す場合にクリックします。

    • [相互関係にある後続ジョブの取り消し]     このオプションは、選択したジョブに加え、関連する後続ジョブも取り消す場合にクリックします。これにより、そのプロジェクトまたはタイムシートに関連付けられたタスクやリソース情報との間に、同期化に関する問題が発生する可能性を最小限に抑えることができます。

  11. ジョブ グリッド] セクションでは、一覧からジョブを選択し、関連タスク(、 管理者がMicrosoft Office Servers のインフラストラクチャの更新プログラムをインストールした) 場合、同じプロジェクトに関連するジョブを確認する] をクリックします。なぜジョブはではありませんキューや実行されていないことを同じオブジェクトに対して前のジョブによってブロックされる場合がありますを表示できます。

    関連作業サブ フィルターを削除するには、すべてのタスクをクリックします。

    注記: 

    • 失敗したジョブについてさらに詳細な情報を得るには、ジョブ グリッドの [エラー] 列にあるハイパーリンク付きのエラー メッセージをクリックします。

    • チーム メンバーもキュー内のジョブを確認できます。これには、サイド リンク バーの [個人用の設定] をクリックし、[自分のキュー ジョブ] をクリックします。[自分のキュー ジョブ] ページでは、チーム メンバーはキュー内の自分のジョブだけを確認できます。チーム メンバーには、Project Server キューに現時点で多くのジョブがある場合、Microsoft Office Project Web Access 内のページに対する変更が直ちに実行されない場合があることを知らせておく必要もあります。チーム メンバーは、変更が表示されるまで、F5 キーを押してページを更新できます。

    • イベント ハンドラを使用して、キュー内のジョブおよび他のプロセスの状態やパフォーマンスを確認することもできます。これには、サイド リンク バーの [サーバー設定] をクリックし、[サーバー側のイベント ハンドラの構成] をクリックします。

ページの先頭へ

キュー内のジョブを取り消す、または再試行する

  1. ジョブ グリッドでジョブをクリックし、[ジョブの取り消し] をクリックします。[ジョブの状態] 列の状態情報で、ジョブの処理に問題が発生したことが示された場合は、ジョブをクリックした後に [ジョブの再試行] をクリックすることもできます。

    注: [ジョブの状態] が [失敗 (相互関係をブロック中)] であるジョブは再試行できません。

  2. [状態の更新] をクリックしてジョブ グリッドを更新し、変更を反映させます。

Project Web Access でいくつかの操作を実行できない理由

権限の設定に応じて、Project Web Access にログオンするために使用するされないことができますを参照するか、特定の機能を使用します。一部のページに表示される内容が記載されている内容は、サーバー管理者が Project Web Access のカスタマイズし、一致するようにヘルプをカスタマイズしていない場合の異なる場合があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×