Project Server キューのジョブ (イベント) を管理する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft Office Project Server 2007にプロジェクトとタイムシートの情報を公開すると、Project Server キューで処理されます。 変更するキュー ジョブ (イベント) を設定して、どのようにキューのジョブを表示し、キュー内の特定のジョブを再起動します。

Project Server キューには、次の 2 つの異なるキューが含まれています。

  • プロジェクト キュー     これは、保存、発行、レポート、およびキューブの作成に関連するプロジェクトのメッセージに使用されます。 テーブルおよびストアド プロシージャは、 Office Project Server 2007作業データベースに格納されます。

  • タイムシート キュー     タイムシートのメッセージを保存して、タイムシートの提出に関連するために使用します。 テーブルおよびストアド プロシージャは、 Office Project Server 2007発行済みのデータベースに格納されます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

キューのジョブの設定を変更します。

ジョブ キュー グリッドを設定します。

キャンセルまたはキューのジョブを実行します。

キューのジョブの設定を変更します。

  1. サイド リンク バーの [サーバー設定] をクリックします。

  2. [サーバー設定] ページで、キューの設定] をクリックします。

  3. キューの種類] ボックスの一覧で、変更するキューを指定するには、プロジェクトまたはタイムシートを選択します。

    この手順の最後の保存] をクリックすると、選択したキューの種類の設定が保存されます。 キューの他の種類の設定を保存して、変更には、この手順を繰り返しますがあります。

  4. 最大数のジョブのプロセッサのスレッド] セクションで、サーバーで同時に処理できるキューのジョブの最大数を入力します。

    ヒント: 場合は-1を入力すると、スレッド (20) の最大数が、サーバーで処理されます。

  5. ポーリング間隔 (ミリ秒) ] セクションでは、Project Server キュー必要があるプロジェクトまたはタイムシートのデータベースに新しいジョブをポーリングするまでの待機時間 (ミリ秒) の数を入力します。

  6. ジョブ再試行間隔 (ミリ秒) ] セクションでは、Project Server キューが、元試行に失敗した場合は、ジョブを再実行する前に待機時間 (ミリ秒) の数を入力します。

  7. ジョブの再試行] セクションでは、Project Server キューは引き続き、元試行に失敗した場合は、データベースをポーリング回数を入力します。

  8. SQL 再試行間隔 (ミリ秒) ] セクションで、ジョブを処理するには、各試行の間をミリ秒の数を入力します。

  9. SQL の再試行] セクションでは、Project Server キュー ジョブを処理する方法を試して時間の最大数を入力します。

  10. [保存] をクリックします。

ページの先頭へ

ジョブ キュー グリッドを設定します。

  1. サイド リンク バーの [サーバー設定] をクリックします。

  2. [サーバー設定] ページで、キューの管理] をクリックします。

  3. フィルターの種類] セクションの [フィルターの種類] ボックスの一覧で、ジョブ グリッドで表示するジョブの種類を選択します。

  4. ジョブ/グループ Id ] セクションで、ジョブ ID 番号またはジョブ グループ ID を入力します。 このセクションでは、フィルターの種類] ボックスの一覧から、IDを選択する場合にのみが表示されます。

    関連するジョブをジョブ グループ Id に関連付けます。 たとえば、ユーザーは、プロジェクトを発行する場合、そのジョブは自動的と、通知、レポートに関連するその他の関連するジョブに表示されます。

    ヒント: 使用するにはどのジョブまたはジョブ グループ ID を確認するのには、ジョブ グリッドから ID をコピーします。 この操作を実行する前に、ジョブ グリッドの [] セクションで、使用可能な列のテーブルを使用してジョブ ID およびジョブ グループ ID 列を挿入します。

  5. ジョブの履歴] セクションには、過去のデータとジョブ グリッドで表示するジョブの最大数の期間を選択します。

  6. [ジョブの種類] セクションでは、ジョブ グリッドで表示するジョブ情報の種類を選択します。

  7. ジョブ完了状態] セクションでは、ジョブ グリッドで表示するジョブ状態の情報の種類を選択します。

  8. [プロジェクト] セクションで、ジョブ グリッドを監視するプロジェクトを選択します。

    このセクションでは、フィルターの種類の一覧でプロジェクトを選択した場合にのみ表示されます。

  9. [] セクションで、ジョブ グリッドで表示する列を選択します。

  10. [詳細オプション] セクションで、ジョブを選択し、[ジョブの取り消し] をクリックすると、関連するサブ ジョブをキャンセルするかどうかを指定します。

    • キューに入っているジョブを取り消す     ジョブ キューに入っているジョブのみを取り消したい場合は、このオプションを選択します。

    • 後続の相関関係ジョブをキャンセルします。     選択したジョブに加え、関連するサブ ジョブをキャンセルする場合は、このオプションを選択します。 これには、同期の問題を潜在的なタスクとプロジェクトまたはタイムシートに関連付けられているリソースの情報が最小化します。

  11. ジョブ グリッド] セクションでは、一覧からジョブを選択し、関連タスク(、 管理者には、 Microsoft Office Servers のインフラストラクチャの更新プログラムがインストールした) 場合は、同じプロジェクトに関連するジョブを確認する] をクリックします。 なぜジョブはではありませんキューや実行されていないことを同じオブジェクトに対して前のジョブによってブロックされる場合がありますを表示できます。

    関連作業サブ フィルターを削除するには、すべてのタスクをクリックします。

    注: 

    • ジョブの失敗の詳細については、ジョブ グリッドの [エラー ] 列で、ハイパーリンクのエラー メッセージ] をクリックします。

    • チーム メンバー キュー ジョブを確認できます。 チーム メンバーは、サイド リンク バーで、個人用の設定] をクリックし、[自分のキュー ジョブ] をクリックします。 [自分のキュー ジョブ] ページで、チーム メンバーが自分のジョブ キュー内でのみを確認できます。 チーム メンバーをMicrosoft Office Project Web Access内のページへの変更が直ちに実行されない Project Server キューのジョブの現在の数がある場合も通知する必要があります。 ページを更新すると、変更内容が表示されるまで f5 キーを押して、ことができます。

    • 状態またはキュー ジョブや他のプロセスのパフォーマンスを表示するイベント ハンドラーを使用することもできます。 サイド リンク バーでサーバー設定] をクリックし、[サーバー側のイベント ハンドラーの構成] をクリックします。

ページの先頭へ

キャンセルまたはキューのジョブを実行します。

  1. ジョブ グリッドでジョブを選択し、[ジョブの取り消し] をクリックします。 ジョブの処理に問題があったジョブの状態] 列の状態の情報が示されている場合は、選択したジョブのジョブの再試行をクリックすることもできます。

    注: 相関の失敗とブロックのジョブの状態が設定されているジョブを再試行することはできません。

  2. データ更新の状況に加えた変更を反映するように、ジョブ グリッドの更新] をクリックします。

Project Web Access でいくつかの操作を実行できない理由

権限の設定に応じて、Project Web Access にログオンするために使用するされないことができますを参照するか、特定の機能を使用します。 一部のページに表示される内容が記載されている内容は、サーバー管理者が Project Web Access のカスタマイズし、一致するようにヘルプをカスタマイズしていない場合の異なる場合があります。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×