Project Online 管理者がロックアウトされた場合の対処方法

Project Online 管理者がロックアウトされた場合の対処方法

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ロックアウトが発生しても、 あわてる必要はありません。 Project Online サイトのサイト コレクション管理者には、自動的に管理者権限が割り当てられるので、Project Online 管理者のロックアウトを解除することができます。

手順 1: ロックアウトが発生した原因を調べる

Project Online 管理者アカウントがロックアウトされた原因がわかっている場合は、 最初の難関を突破したことになります。 原因がわからない場合は、ロックアウトが発生する前に Project Online で実行していた操作を思い出してください。

Project Online 管理者としてログオンしていたときに、次の操作を実行した可能性があります。

  • Project Online で、既定の管理者の Active Directory グループを含む管理者グループからすべての管理者を削除して、変更を保存した。

  • 選んだ Active Directory グループのメンバーにならずに、Project Online にアクセスできるユーザーを制御するために Active Directory 同期をセットアップした

  • アカウントが既にリソースとして表示されている状態で、リソース センターで Active Directory グループの同期を行った。 Project Online 管理者アカウントは Active Directory グループに属していなかったため、同期が実行されると、そのアカウントは非アクティブになった。

ここに示したのは、ロックアウトが発生した原因のほんの数例にすぎません。 実際の原因は、これらには該当しない場合もあります。ロックアウトが発生した原因を特定できれば、サイト コレクション管理者は問題なくロックアウトを解除することができます。

手順 2: サイト コレクション管理者を確認する

組織には、Office 365 のすべてを管理するグローバル (テナント) 管理者、SharePoint Online 管理者、サイト コレクション管理者、Project Online 管理者が設定されている場合があります。 1 人のユーザーにすべての役割が割り当てられているか、複数のユーザーにそれぞれの役割が割り当てられていることがあります。 Project Online サイト コレクション管理者を確認するには、グローバル管理者または SharePoint Online 管理者の役割が割り当てられているユーザーを特定する必要があります。 特定できたら、そのユーザーが Project Online の特定のサイト コレクションの管理者を調べます。

サイト コレクション管理者を確認できない場合、またはサイト コレクション管理者が Project Online へのアクセスを回復する方法を知らない場合は、グローバル管理者または SharePoint Online 管理者に自分を Project Online サイトのサイト コレクション管理者として追加してもらうこともできます。 サイト コレクション管理者として追加されると、Project Online のすべての管理者権限が割り当てられ、ロックアウトの問題を自分で解決することができます。

手順 3: サイト コレクション管理者がロックアウトを解除できるようにする

問題の解決を支援してくれる適切な担当者が見つかったら、ロックアウトが発生した原因について自分の考えを説明します。 Project Online 管理者アカウントを Active Directory グループに追加すると、ロックアウトの原因となった問題を解決できる場合があります。 同期が実行されると、Project Online にアクセスできるようになります。

Active Directory の変更はロックアウトを解決するが、サイト コレクションの管理者はProject Onlineライセンスを必要はありません。ただし、場合によっては、 Project Onlineへのログオンが問題を解決するために必要なサイト コレクションの管理者がProject Onlineライセンスが割り当てられている必要があります。そのユーザーが既に持っている 1 つが考えられます。それ以外の場合は、サイト コレクション管理者が、 Office 365管理センターで、 アクティブなユーザー] ページで、自分のアカウントを選択し、[ Project Onlineライセンスを選択するウィンドウの右側にある [割り当て済みのライセンス編集] を選びます。

ライセンスの数が足りない場合 組織ですべてのライセンスを既に割り当て済みの場合、サイト コレクション管理者は、ロックアウトされた Project Online 管理者のアカウントからライセンスを削除して、そのライセンスを自分に一時的に割り当てることができます。 アクセスをテストする目的で、ライセンスの割り当てと割り当て解除を繰り返す必要があるので、アクセスが正常に回復したら、必ず Project Online 管理者にライセンスを割り当てて、元の状態に戻してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×