Project 2010 のリボンについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

メニューやツールバーについてください。Microsoft Project 2010] で、置き換えられました、リボンでは、タスクを完了する必要があるコマンドをすばやく見つけることができます。コマンドは、[タブ] でグループ化された論理グループで構成されます。

ここでは、まずリボンの各タブに表示されるグループについておおまかに説明した後、リボンを使用して基本的なプロジェクト管理タスクを実行する方法の簡単な例を示します。また、そのタスクついて詳細に説明したページへのリンクも示します。

この記事の内容

[タスク] タブ

[リソース] タブ

[プロジェクト] タブ

[表示] タブ

[書式] タブ

[タスク] タブ

[タスク] タブでは、追加、書式、およびタスクを操作するためのボタンを提供します。[スケジュール] グループから、達成率を他のユーザーにタスクをリンクする、およびタスクを無効に設定できます。[タスク] グループから自動的にスケジュールされたタスクに手動でスケジュールされたタスクを変換することもできます。

使用例: トップダウン方式のスケジュール

  1. ガント チャート ビューで、サマリー タスクに含めるタスクの上位にサマリー タスクを追加します。

  2. サマリー タスクの下位に配置する一連のタスクを選択します。

  3. [タスク] タブの [スケジュール] グループで、 [インデント] ボタンをクリックします。

    [タスク] タブの [スケジュール] グループ

トップダウン方式のスケジュールの詳細については、「サマリー タスク (またはサマリー フェーズ) を使用したトップダウン方式の計画作成」を参照してください。

使用例: ユーザー指定のスケジュール

  1. ガント チャート ビューで、1 つ以上の手動でスケジュールされたタスクを選択します。

  2. [タスク] タブの [タスク] グループで、自動スケジュール] をクリックします。

    [タスク] タブ、[タスク] グループ

  3. Project 2010には、既存のスケジュールにこれらのタスクが組み込まれています。

Project 2010の手動および自動スケジュール設定オプションの詳細については、プロジェクトのスケジュール方法の動作を参照してください。

ページの先頭へ

[リソース] タブ

[リソース] タブのボタンを使用すると、プロジェクトの作業を行うリソースを管理する頻度複雑なビジネスできます。このタブで、リソースを追加、人を割り当てるには、タスク、および [割り当て超過] は、リソース平準化できます。このタブで強力なチーム プランナーを起動することもできます。

使用例: チーム プランナー

  1. リソースが割り当てられたタスクを含むプロジェクトを開きます。

  2. [リソース] タブの [表示] で、[チーム プランナー] をクリックします。

    [グループの表示] の画像

  3. チーム プランナーが表示されます。

    チーム プランナー ビューの図。

チーム プランナーの使用法については、別のページで紹介しています。「チーム プランナーでチームの作業を表示する」を参照してください。

ページの先頭へ

[プロジェクト] タブ

[プロジェクト] タブを使用すると、プロジェクトのプロパティ、スケジュール、およびレポート作成に関連する高度なプロジェクト機能を操作できます。たとえば、ユーザー設定フィールドの追加、WBS コードの定義、サブプロジェクトの挿入、ビジュアルなレポートの生成などを [プロジェクト] タブで行うことができます。

使用例: 基準計画を設定する

  1. ガント チャート ビューで、基準計画に含めるタスクを選択します。プロジェクト全体の基準計画を設定する場合は、この手順を省略します。

  2. [プロジェクト] タブの [スケジュール] で [基準計画の設定] をクリックし、表示されるメニューの [基準計画の設定] をクリックします。

    [スケジュール] グループの画像

  3. [基準計画の設定] ダイアログ ボックスで、設定する基準計画とパラメーターを選択します。

基準計画の詳細については、次を参照してください。の作成または更新する基準計画します。

ページの先頭へ

[表示] タブ

[表示] タブを 1 つProject 2010で使用できるさまざまなビューを選択して、現在のビューをカスタマイズするためにはビューにタイムラインを追加することができます。

使用例: ビューにタイムラインを追加する

  1. 任意の種類のビューを選択します。

  2. [表示] タブの [表示の分割] で、[タイムライン] チェック ボックスをオンにします。

    [分割ビュー] のイメージ

  3. タイムライン ビューがリボンの下に表示されます。

    タイムライン ビューの画像

  4. [書式] タブをクリックして、タイムラインをカスタマイズするためのオプションを表示します。

注: [タイムライン] チェック ボックスと [詳細] チェック ボックスを同時にオンにすることはできません。どちらか一方のビューだけを選択する必要があります。

ページの先頭へ

[書式] タブ

[書式] タブのボタンを使用すると、各種のビューのテキスト、列、色などの要素をカスタマイズできます。[書式] タブに表示されるグループとボタンは、ビューの種類によってまったく異なります。[書式] タブのグループとボタンは、ビューを変更すると自動的に変更されます。

次の図は、ガント チャート ビューの [書式] タブです。

[ガント チャートの書式] タブの画像

使用例: ガント バーの色を変更する

  1. [表示] タブの [タスク ビュー] で [ガント チャート] をクリックします。

    [タスク ビュー] グループの画像

  2. [書式] タブの [ガント チャート スタイル] で、[ガント チャート スタイル] ボックスの一覧のスタイルをクリックします。

    [ガント チャート スタイル] グループの画像

  3. プロジェクト全体のガント バーの色が直ちに更新されます。

これで完了です。このように定義済みのスタイルを適用する方法のほかにも、さまざまな方法でガント バーをカスタマイズできます。詳細については、「ガント チャート ビューの横棒グラフの書式を設定する」を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×