Project 内でタスクのカレンダーを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

タスクには、独自の予定表を持つことができます。既定では、 プロジェクト カレンダーに基づいてタスクがスケジュールされます。非稼働時間、または office 中に実行を移動、週末でのみ発生する可能性が動作する機材など、一意であるか、または特定の例外を定義するには、個々 のタスクには、 タスク カレンダーを作成できます。タスクに関連付けられているタスクの予定表では、プロジェクト カレンダーを上書きします。

  1. [プロジェクト] タブの [プロパティ] で [稼働時間の変更] をクリックします。

  2. [新しいカレンダーの作成] をクリックします。

  3. [新しい基本カレンダーの作成] ダイアログ ボックスに新しいカレンダーの名前を入力し、新しい基本カレンダーを作成するか、既存のカレンダーのコピーに基づいてカレンダーを作成するかを選択します。

  4. [OK] をクリックして [稼働時間の変更] ダイアログ ボックスに戻ります。

  5. タスク カレンダーの稼働日を変更するには、[稼働日] タブをクリックします。

  6. テーブル内で、タスク カレンダーの既定のスケジュールを示す行をクリックし、[詳細] をクリックします。

  7. [詳細] ダイアログ ボックスで、タスクのスケジュール内で変更する曜日を選択し、次のいずれかを選択します。

    • [選択した曜日に Project の既定の時間を使用する]     既定の稼働時間を使用する曜日を選択します。既定の稼働時間は、月曜日から金曜日の午前 8:00 ~ 12:00 と午後 1:00 ~ 5:00 で、週末は非稼動時間です。

    • [選択した曜日を非稼働時間に設定する]     作業をスケジュールしない曜日を選択します。変更すると、カレンダーのすべての月に反映されます。

    • [選択した曜日に指定の稼働時間を設定する]     スケジュール内の選択した曜日の稼働時間を設定するには、[開始] ボックスに作業の開始時刻を入力し、[終了] ボックスに終了時刻を入力します。

注: 

  • 基本カレンダーを作成したら、そのカレンダーをタスクに割り当てる必要があります。そのためには、タスクを選択し、タスクを右クリックして [情報] をクリックします。次に、[詳細] タブをクリックし、[カレンダー] の一覧でカレンダーを選択します。

  • カレンダーを削除するには、構成内容変更を使用します。[ファイル] タブをクリックします。[情報] をクリックし、[グローバルな構成内容変更] をクリックします。[カレンダー] タブをクリックします。右側から削除するタスク カレンダーを選択して、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×