Project ビューで文字列の折り返しや行の高さの変更を行う

Project ビューで文字列の折り返しや行の高さの変更を行う

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Project では、文字列が [タスク名] 列で自動的に折り返されますが、それ以外の列でも文字列を折り返すことができます。 このため、プロジェクトの行の高さを変更できます。

  1. テーブルを含むビュー (チーム プランナー以外) を表示します。

  2. 折り返す列の見出しを右クリックして、[左右の折り返し] をクリックします。

    右クリック メニューの [折り返して全体を表示する] コマンド

    文字列の折り返しは、文字列が列の幅より長く、少なくとも 1 つのスペースが含まれるすべてのセルに適用されます。任意指定の行区切りは認識されません。

  3. 文字列の折り返しをオフにするには、列見出しを右クリックしてから [左右の折り返し] をもう一度クリックします。

    注: すでに折り返されている文字列は、調整済みの行の高さを減らすまでは折り返しの状態のままです。 新しく入力するテキストは折り返されません。折り返すには、もう一度 [左右の折り返し] をクリックする必要があります。

列の高さを調整して文字列を折り返す

折り返されていない文字列や、セルにすべて表示されている文字列を簡単に折り返すには、行の高さを増やしてセルを拡大します。

  1. 任意のシート ビューで、行見出し (行の最も左のセル) の下の枠線を下にドラッグし、文字列が次の行に折り返される位置までドラッグします。

    行見出し

    ヒント: 複数の行の高さを同時に調製できます。 行を選び、選択範囲内の最後の行の行見出しの一番下をドラッグして、必要な高さに調整します。

  2. 文字列の折り返しを解除するには、行見出しの下の枠線を上にドラッグし、文字列が 1 行に収まる位置までドラッグします。

詳細情報

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×