Project ビューで列の表示または非表示を切り替える

Project ビューで列の表示または非表示を切り替える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Project には、ビューに追加できるさまざまなフィールドに基づく列があります。 特定の詳細情報に重点を置いてプロジェクトを管理するため、表示されている列を非表示にすることもできます。 列を非表示にしても、プロジェクトからデータが削除されることはありません。その列は、もう一度表示するまで非表示になるだけです。 Project には、Excel のような [再表示] コマンドがありません。列を再表示するには、もう一度挿入するだけです。

列を非表示にする方法は次のとおりです。

  1. ガント チャートのようなシート ビューを表示します。

  2. 非表示にする列のヘッダーを右クリックして、[列の非表示] をクリックします。

    右クリック メニューの [列の非表示] コマンド

    ヒント: 誤って列を非表示にした場合は、[元に戻す] [元に戻す] ボタン をクリックすれば元に戻ります。

列をもう一度挿入して再表示する

  1. 非表示の列を挿入する場所の右にある列のヘッダーを右クリックします。

  2. [列の挿入] をクリックします。

    右クリック メニューの [列の挿入] コマンド

  3. もう一度表示する列を選びます。

[新しい列の追加]を再表示する

[新しい列の追加] の列を誤って非表示にしてしまい、プロジェクトを保存して閉じる前に気が付いた場合は、[元に戻す] [元に戻す] ボタン をクリックすれば元に戻ります。

また、次の方法で列を復元することもできます。

  1. [ビュー]、[テーブル]、[その他のテーブル] の順にクリックします。

    [表示] タブの [テーブル] コマンド

  2. [その他のテーブル] ダイアログ ボックスで列を追加するビューを選び、[編集] をクリックします。

    [その他のテーブル] ダイアログ ボックス

  3. [テーブルの定義] ダイアログ ボックスで、[[新しい列の追加] インターフェイスの表示] チェック ボックスをオンにします。

    [テーブルの定義] ダイアログ ボックス

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×