PowerShell for Office 365 管理者

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

繰り返し行う作業を自動化する Office 365 管理ツールをお探しですか?または、Office 365 管理センターで利用できない追加機能にアクセスする方法をお探しですか?PowerShell for Office 365 が最適です。

PowerShell とは何であり、なぜそれを使用するのか

PowerShell (Windows PowerShell または Microsoft PowerShell とも呼ばれます) は、システムの管理用に設計されているコマンド ライン環境です。PowerShell を制御し、Windows オペレーティング システム、サーバー アプリケーション、および Office 365 などのクラウド ベースのサービスの管理を自動化できます。

PowerShell の最も基本的な部分がコマンドレットと呼ばれているものです。このコマンドレットで Office 365 の作業を完了できます。たとえば、Office 365 組織にユーザーを追加したり、Office 365 ライセンス割り当てを管理したり、無効になっているメールボックスを一覧表示したりできます。

複数のコマンドレットをコマンド セットにして一度にすべて実行したり、複数のコマンドレットをテキスト ファイルに入れ、PowerShell スクリプトを作成したりできます。作成した PowerShell スクリプトはいつでも実行できます。スクリプトは、ユーザーに割り当てられているライセンスや有効なメールボックスを毎月報告するなど、定期的な管理作業に最適です。

PowerShell は Office 365 管理センターを補完する

Office 365 は、セットアップからサポートまで、管理ライフサイクル全体を扱う、難しい設定のいらないソリューションです。Office 365 管理センターは、ユーザーの追加と編集、一般的なサービス設定の変更といった、最も一般的な管理作業を処理するように設計されています。

ただし、PowerShell for Office 365 で時間と労力を大幅に節約できる場合があります。次に、いくつかの例を示します。

  • たくさんのユーザーを追加または編集する

  • 複数のフィルターを利用し、データを並べ替える

  • ユーザーのリストやグループなどのデータをエクスポートする

また、一般的にはあまり利用されない設定には PowerShell を使用する必要があります。

作業の開始

PowerShell for Office 365 の利用を始める前に、いくつかの作業を行い、管理する予定の Office 365 のサブスクリプションやサービスに接続できることを確認する必要があります。

Office 365 管理者であることが必須

Office 365 管理者ではない方は、ここで読むのを止めてかまいません。Office 365 管理センターで Office 365 サブスクリプションを管理するのと同様に、Office 365 管理者のアカウントが必要です。

コマンドレットまたはスクリプトを実行するためのツール

PowerShell のコマンドレットとスクリプトは Windows PowerShell コマンド プロンプトと Windows PowerShell Integrated Script Environment (ISE) のいずれかで実行されます。ISE は Windows PowerShell のコマンドとスクリプトを実行するための環境です。Windows 8.1 と Windows 10 の場合、いずれも既定でインストールされます。

いずれのアプリケーションを利用する場合でも、PowerShell で Office 365 を管理するためのツールが与えられます。

PowerShell モジュールをインストールする

Office 365 サブスクリプションに PowerShell を使用するには、管理する Office 365 ワークロードの PowerShell モジュールをインポートする必要があります。

サブスクリプションに接続し、ユーザー、グループ、ライセンスを管理する

Office 365 サブスクリプションに接続して、ユーザー、グループ、ライセンスを管理するには、「Office 365 PowerShell への接続」を参照してください。

ユーザー、グループ、ライセンスの管理シナリオについては、「User management scenarios for Office 365 PowerShell (Office 365 PowerShell のユーザー管理シナリオ)」を参照してください。

ユーザー、グループ、ライセンスの管理に関するその他の記事については、「Office 365 PowerShell を使ってユーザー アカウントとライセンスを管理します。」を参照してください。

SharePoint Online を管理する

SharePoint Online のサイト、アクセス許可、グループを管理するには、SharePoint Online モジュールをダウンロードします。

PowerShell を使用した SharePoint Online のサイト コレクションのシナリオについては、「More functionality scenarios for Office 365 PowerShell (Office 365 PowerShell のその他の機能用シナリオ)」を参照してください。

PowerShell で SharePoint Online のサイト、アクセス許可、グループを管理する方法に関するその他の記事については、「SharePoint Online 用の Office 365 PowerShell」を参照してください。

Skype for Business Online を管理する

Skype for Business Online ポリシーを管理するには、Skype for Business Online モジュールをダウンロードします。

PowerShell を使用した Skype for Business Online のシナリオについては、「More functionality scenarios for Office 365 PowerShell (Office 365 PowerShell のその他の機能用シナリオ)」を参照してください。

PowerShell で Skype for Business Online ポリシーを管理する方法に関するその他の記事については、「Office 365 PowerShell を使用して Skype for Business Online を管理する」を参照してください。

Exchange Online を管理する

Exchange Online を管理するためのコマンドレットは、ダウンロードしたり、インポートしたりできるモジュールには含まれていません。Exchange Online とリモート接続したときにだけ利用できます。サービスに接続または "リモート" すれば、そこからコマンドレットをインポートします。

PowerShell で Exchange Online を管理する方法に関するその他の記事については、「Exchange Online による PowerShell の使用」を参照してください。

PowerShell コマンドをまとめて実行する方法

多くの場合、まとめて実行する PowerShell コマンドは記事内でセットで提供されています。そのようなコマンド ブロックは次の方法で実行できます。

  • 記事または Web ページからコマンドをコピーし、メモ帳 (またはユーザーが選んだ別のテキスト エディター) に貼り付けます。アカウント名を指定するなど、メモ帳で必要な変更を行います。これらのコマンドを実行するには、メモ帳で完成したコマンドをコピーして、コンピューター上の PowerShell コマンド プロンプトに貼り付けます。

  • 記事または Web ページからコマンドをコピーし、コンピューターの PowerShell ISE に貼り付け、必要な変更を加えます。コマンドをブロックとして強調表示し、実行します。

可能な限り、さまざまな変数を利用することで、PowerShell で作業を行うプロセスを簡素化しています。

"$" 文字で始まるコマンド ブロックの行は変数です。指定する必要がある設定のための変数です。基本的に空白を埋めることでコマンド ブロックのすべての設定を指定したら、コマンド セットを実行できます。

PowerShell スクリプトを実行する方法

Office 365 管理タスクを自動化する PowerShell スクリプトというものもあります。PowerShell スクリプトを実行するには、次の操作が必要です。

  1. スクリプトを実行するように PowerShell を構成します。

    悪意のあるスクリプトを実行するとコンピューターが壊れる可能性があるため、PowerShell の既定の設定では、スクリプトを実行しないようになっています。制限の緩いものにコンピューターの実行ポリシーを変更する必要があります。詳細については、「User management scenarios for Office 365 PowerShell (Office 365 PowerShell のユーザー管理シナリオ)」を参照してください。この作業は、PowerShell スクリプトを実行する各コンピューターで一度だけ行います。

  2. スクリプト ファイルを任意の場所に格納します。

    スクリプト ファイルの拡張子は .ps1 です。実行時に参照できる、ローカル ディスク ドライブ上の場所にダウンロードします。たとえば、C: ドライブに PSScripts という名前のフォルダーを作成します (C:\PSScripts)。

  3. (必要に応じて) スクリプトを変更します。

    Office 365 サブスクリプションで動作するように、スクリプトによっては、個別に設定を指定する必要があります。たとえば、自分が利用しているドメイン名を代わりに指定します。

  4. スクリプトを実行します。

    (必要に応じて) 管理している Office 365 ワークロードに接続し、PowerShell コマンド プロンプトか ISE でスクリプトを実行します。PowerShell スクリプト名 (ファイル名と .ps1) とその場所を参照します。スクリプトにデジタル署名がない場合、警告が表示されることがあります。

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Office 365 PowerShell scenarios (Office 365 PowerShell のシナリオ)

Office 365 PowerShell を使用する必要がある理由

Office 365 PowerShell の概要

Office 365 PowerShell community resources (Office 365 PowerShell のコミュニティ リソース)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×