スキップしてメイン コンテンツへ

PowerPoint for Android でモーフ切り替えを使用する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

変形の切り替えは、Android フォンやタブレットでPowerPointユーザーが利用できるようになりました。変形は、スライド上でオブジェクトが移動するように表示される切り替え効果です。

モーフ効果を設定して適用する

変形の切り替え効果を効率的に設定するには、少なくとも1つのオブジェクトを共通に2つのスライドにする必要があります。簡単に設定するには、変形するオブジェクトを使ってスライドをコピーして貼り付け、2番目のスライドのオブジェクトを別の場所に移動します。また、単にオブジェクトをコピーして、スライド間で貼り付けることもできます。 変形移行の開始と終了を2枚のスライドに設定したら、 変形切り替えを適用して自動的にアニメーション化し、移動することができます。この方法は次のとおりです。

  1. 変形効果を適用するオブジェクト、画像、または単語を追加した2枚目のスライドのサムネイルを選びます。

  2. リボンで [画面切り替え]、[切り替え効果]、[変形] の順に選択します。

    PowerPoint for Android で [画面切り替え]、[切り替え効果]、[変形] の順に表示します。

  3. 次に、[効果のオプション] を選択して、作成する変形切り替えの種類を選択します。オブジェクト単語、または文字に対して最適化するように選択することができます。

    PowerPoint for Android で [画面切り替え]、[効果のオプション] メニューの順に表示します。

関連項目

変形の切り替え: ヒントとコツ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×