PowerPoint Online の主な機能の説明

PowerPoint Online は、Web ブラウザーで基本的なプレゼンテーションの作成や共有を行えるように設計されています。他のユーザーと同時に作業することや、どこからでもスライドショーでプレゼンテーションを行うことができます。ただし、高度な機能はデスクトップ PowerPoint プログラムで行います。デスクトップ PowerPoint がインストールされている場合、PowerPoint Online を使っているときに [PowerPoint で開く] をクリックすると、高度な機能にアクセスできます。

注: SharePoint 2010 と共に PowerPoint Online を使っている場合、「プレゼンテーションを行う場合のブラウザーと PowerPoint での相違点」を参照してください。

開く操作と保存

デスクトップの機能

PowerPoint Online の場合

保存する

PowerPoint Online では、変更を加えるたびに作業が自動的に保存されるので、[保存] ボタンは必要ありません。ただし、プレゼンテーションはローカルに保存できます。

パスワードによる保護

デスクトップ PowerPoint でパスワードによって保護されたプレゼンテーションは、デスクトップ プログラムでのみ開くことができます。プレゼンテーションを開くことができるユーザーを制御するには、OneDrive または SharePoint ライブラリを使います。

表示と印刷

デスクトップの機能

PowerPoint Online の場合

印刷

PDF リーダーをスライドを印刷する必要があります。便利な(無料) の一覧には、PDF リーダーがサポートされているをご紹介します。

標準表示

編集表示を使ってスライドを作成します。

アウトライン表示、マスター表示、スライド一覧表示

これらの表示は、デスクトップ PowerPoint でのみ利用できます。

閲覧表示

スライド間を移動したり、発表者のメモの表示/非表示を切り替えたりできます。

発表者ツール

発表者ビューを使うには、デスクトップ PowerPoint が必要です。もちろん、PowerPoint Online でスライド ショーを表示することもできます。

スライド ショー表示

全画面表示でスライド ショーを再生できます。各スライドをクリックするか、Space キーを押して次のスライドに進みます。戻ったり、特定のスライドに移動したり、スライド ショーを終了したりするには、右クリックします。

ビデオと音声

Silverlight がインストールされていれば、閲覧表示とスライド ショー ビューでビデオと音声を再生できます。Web サイトからリンクされているビデオの場合、Flash が必要です。PowerPoint Online ではサイズの大きいメディア ファイルを挿入できないので、ファイル サイズにご注意ください。埋め込みメディアの場合、サイズ制限は 50 ~ 100 MB で、WAV ファイルの制限は 100 KB です。

発表者のメモ

発表者のメモの表示/非表示を切り替えることはできますが、現時点では PowerPoint Online で印刷することはできません。

ズーム

PowerPoint Online には組み込みのズーム機能がありませんが、ブラウザーのズーム機能を使ってコンテンツのサイズを変更できます。

ルーラーとグリッド線

ルーラーとグリッド線は、デスクトップ PowerPoint でのみ利用できます。

編集と書式設定

デスクトップの機能

PowerPoint Online の場合

スライドの作成、削除、並べ替え、非表示

スライドの追加、並べ替え、非表示、削除を行えます。新しいスライドを作成するときは、スライド レイアウトを選べます。

コピーと貼り付け

PowerPoint Online では、コピーしたときの書式のままでテキストが貼り付けられます。 テキストの書式は、プレゼンテーションに貼り付けた後で変更できます。 同じプレゼンテーションのスライド間で図をコピーして貼り付けることができます。 ただし、PowerPoint Online では、別のプレゼンテーションやアプリケーションからコピーした図の貼り付けはできません。 この問題の解決方法については、こちらを参照してください

フォントのサイズと書式

[書式のコピー/貼り付け] の使用も含めて、太字、斜体、下線、フォント、サイズ、色を適用できます。

段落の書式設定

段落を左揃え、右揃え、または中央揃えにしたり、テキストの方向を右から左、または左から右にしたり、インデントを増減したり、行頭文字または段落番号を使った箇条書きとして段落を書式設定したりできます。

[背景の書式設定] ウィンドウ

色または画像を含む 1 つまたは複数のスライドの背景の書式を設定することができます。

段落番号と箇条書き

組み込みの段落番号または箇条書きの書式を適用できます。

検索と置換

PowerPoint Online では検索と置換は使用できません。

テーマ

プレゼンテーションに新しいスライドを追加するときに、限られた数の組み込みテーマのギャラリーから選べます。デスクトップ PowerPoint でプレゼンテーションに追加されたテーマは、PowerPoint Online で保持されます。PowerPoint Online ではテーマを変更できません。

PowerPoint Online アニメーション効果

PowerPoint Online のアニメーション効果は限られています。デスクトップ PowerPoint を使って追加されたアニメーション (PowerPoint Online では追加できないアニメーション) は保持され、スライド ショーで再生されますが、変更することはできません。

切り替え

PowerPoint Online では、フェード切り替えとプッシュ切り替えだけが再生されます。デスクトップ PowerPoint で追加された切り替えは保持されますが、再生または変更はデスクトップ PowerPoint でしかできません。

スライド ショーのカスタマイズまたはブロードキャスト

スライド ショーの設定とカスタマイズ、スライド ショーのブロードキャスト、モニター設定用のオプションは PowerPoint Online では利用できません。

共同編集

PowerPoint Online では複数の作成者が同時に作業できます。共同編集機能は、PowerPoint 2010 以降および PowerPoint for Mac 2011 で使用できます。ただし、最適なパフォーマンスを得るには、PowerPoint Online とデスクトップ PowerPoint が混在しない、どちらか一方だけの環境で作業するようにしてください。

スペル チェックを行う

スペル ミスの単語に赤いくねくねした下線が引かれます。コンテキスト メニューに、スペル候補の選択肢が示されます。

アイテムの挿入

デスクトップの機能

PowerPoint Online の場合

ハイパーリンク

テキスト ハイパーリンクを挿入、編集、参照できます。図または図形にハイパーリンクを追加することはできません。ブックマークへのリンクは、機能はしますが、PowerPoint Online では編集できません。「テキストにハイパーリンクを追加する」を参照してください。

テーブルを挿入することができますが、 PowerPoint Onlineで編集する (を除くを追加または行を削除またはテーブルを削除する) ことはできません。

ビデオと音声

ビデオと音声コンテンツは、閲覧表示とスライド ショー ビューで再生されます。PowerPoint Online では、ビデオおよび音声コントロールをサイズ変更、移動、削除できます。ただし、ビデオや音声を挿入するには、デスクトップ PowerPoint を使う必要があります。

写真

自分のコンピューターや Bing からの画像やクリップ アートを挿入します。画像の移動やサイズ変更、画像スタイルの適用などを行うことができます。特殊効果の適用や背景の削除など、高度な画像の書式設定機能は、PowerPoint Online では利用できません。スクリーン ショットを作成するには、デスクトップ版の PowerPoint を使ってください。

注: SharePoint では、オンライン画像の挿入機能は、SharePoint 管理者によって機能がオンになったときだけ利用できます。

図形、図面、またはテキスト ボックス

テキスト ボックスを追加するか、図形のギャラリーから選びます。塗りつぶし、アウトライン、影の効果を定義するスタイルを適用します。図形やテキスト ボックスを移動、サイズ変更、回転して、背面から前面に重ねて並べます。図形を個別に操作するには、図形のグループを解除します。

SmartArt グラフィック

SmartArt グラフィックを挿入し、別のレイアウトまたは配色に切り替えて、SmartArt スタイルを適用します。その後、テキストを編集します。

グラフと数式

これらは PowerPoint Online で挿入できませんが、デスクトップ PowerPoint を使って挿入すると、 PowerPoint Online でも適切に表示されます。

ワードアート

PowerPoint Online では使用できません。WordArt 効果をテキストに適用する場合は、[PowerPoint で開く] をタップまたはクリックします。

シンボル

編集し、[記号と特殊文字を挿入するが、 PowerPoint Onlineに制限されます。記号を表示するためのフォントが使用できない場合は、[記号と特殊文字がプレース ホルダーとして表示されます。

ヘッダーとフッター

PowerPoint Online でヘッダーとフッター (日付とスライド番号を含む) の挿入、編集、削除はできませんが、PowerPoint Online での表示は正しく行われます。「スライド番号または日付と時刻を追加する」を参照してください。

注: ヘッダーまたはフッターとして使用するためにテキスト ボックスを追加できます。

マクロ

マクロを含むプレゼンテーションは、表示、編集、印刷、および共有できますが、マクロを実行するには [PowerPoint で開く] をタップまたはクリックします。

ActiveX コントロール、埋め込み OLE オブジェクト

これらは PowerPoint Online で挿入または編集できませんが、適切に表示されます。

リンクされた画像

プレゼンテーションに保存されていますが、閲覧表示とスライド ショービューでは表示されていません。編集表示ではプレースホルダーとして表示されます。

校正履歴

機能

PowerPoint Online の場合

校正ツール

単語のスペル チェックを実行できます。 し、[校正言語を設定することができます。

コメント

閲覧表示でコメントを表示して、編集表示でコメントを編集します。「プレゼンテーションのコメントを表示する」と「プレゼンテーションにコメントを追加する」を参照してください。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×