PowerPoint Online で OpenDocument の .odp ファイルや PowerPoint の .pptx ファイルを編集する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

PowerPoint Onlineでは、PowerPoint プレゼンテーション (.pptx) と OpenDocument プレゼンテーション (.odp) ファイルの両方を編集することができます。PowerPoint Onlineで .pptx または .odp ファイルを開くと、コンテンツをすることはできませんが、web app で変更するには保持されます。コンテンツを変更するには、開くし、PowerPoint 2013 または 2016年デスクトップ アプリでファイルを編集します。

保存します。

Pdf 形式または ODP を保存する情報をお探しですか。[ファイル] メニューには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。詳細については、 PDF ファイルとしてプレゼンテーションの保存の最後のセクションを参照してください。

OpenDocument (.odp) 形式のプレゼンテーションを編集したときの動作

PowerPoint Online では PowerPoint プレゼンテーション (.pptx) ファイルと OpenDocument プレゼンテーション (.odp) ファイルの両方を編集できますが、OpenDocument プレゼンテーション ファイルの編集では一部の機能を使用できない場合があります。

次の表は、PowerPoint Online の機能が OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式でもサポートされるか、部分的にサポートされるか、まったくサポートされないかをまとめたものです。

  • サポートされます:    PowerPoint と OpenDocument Presentation 形式の両方がこの機能をサポートしています。コンテンツ、書式設定、ユーザビリティが失われることはありません。

  • 部分的にサポートされます:    PowerPoint と OpenDocument プレゼンテーション形式の両方がこの機能をサポートしますが、書式設定やユーザビリティが異なる場合があります。テキストやデータが失われることはありませんが、書式設定とテキストやグラフィックの操作方法が異なる場合があります。

  • サポートされません:     この PowerPoint の機能は、OpenDocument プレゼンテーション形式ではサポートされません。 PowerPoint ドキュメントを OpenDocument プレゼンテーション形式で保存する予定がある場合は、この機能を使わないでください。プレゼンテーションのその部分のコンテンツ、書式設定、ユーザビリティが失われるおそれがあるからです。

グラフィック機能の詳細については、この記事の最後にあるグラフィック要素の表を参照してください。

領域

サブ領域

サポート

コメント

アニメーション

開始/終了

部分的にサポートされます

.odp 形式でサポートされていない開始または終了のアニメーションは、「表示」または「非表示」アニメーションに変わります。

コンテンツ

非表示スライド

サポートされます

グループ作業

コメント

サポートされません

プレゼンテーションのデザイン

レイアウト

部分的にサポートされます

(.pptx ファイルの) プレゼンテーションを開き、.odp ファイル形式で保存すると、元のテーマはそのまま表示されます。 ただし、.odp ファイルへのコンテンツ追加や変更を行った場合はそうではありません。 これらの編集によって、元のテーマが変わります。 たとえば、新しく追加した図形のフォント、色、効果などの書式設定は、.pptx ファイルにもともと適用されていたテーマに基づきません。

プレゼンテーションのデザイン

プレースホルダー

部分的にサポートされます

テーマの色、フォント、効果はプレースホルダーから失われます。

プレゼンテーションのデザイン

ノート

サポートされます

テキスト

英語以外のテキスト書式設定

部分的にサポートされます

テキスト

水平方向の配置

部分的にサポートされます

テキスト

ハイパーリンク

部分的にサポートされます

通常のハイパーリンクはサポートされますが、マウスオーバー時のハイパーリンクはサポートされません。

テキスト

リスト

サポートされます

他の ODF アプリケーションでは、段落番号/箇条書きが変更されるか、まったくサポートされないことがあります。

テキスト

基本書式設定

サポートされます

斜体、太字、下線、取り消し線はすべて、ODF アプリケーションでサポートされます。各種フォント サイズはサポートされます。

グラフィック要素

次の表は、PowerPoint Online のグラフィック機能が OpenDocument 形式 (.odp) でもサポートされるか、部分的にサポートされるか、まったくサポートされないかをまとめたものです。

  • サポートされます   : PowerPoint 形式と OpenDocument 形式の両方がこの機能をサポートします。この機能を使用するグラフィックの外観と動作は、基本的にどちらの形式でも同じです。

  • 部分的にサポートされます   : PowerPoint 形式と OpenDocument 形式がこの機能をサポートしますが、グラフィックの外観が異なる場合があります。データは基本的に、ファイル形式が変わっても失われることはありませんが、書式設定およびグラフィックの操作方法は異なる場合があります。

  • サポートされません   : PowerPoint 形式と OpenDocument 形式との間で機能および実装が異なるため、この機能は OpenDocument 形式ではサポートされません。プレゼンテーションを OpenDocument 形式で保存する予定がある場合は、この機能を使わないでください。

領域

サポート

コメント

図形

サポートされます

ワードアート

部分的にサポートされます

.odp 形式では、PowerPoint の WordArt オプションはサポートされません。 その結果、保存時にワードアートはテキスト ボックスに変換されます。 テキストと基本のテキストの色は保持されますが、ワードアート効果と書式設定は失われます。

写真

サポートされます

サポートされますが、挿入とリンクのオプションを除きます。これらは .odp 形式ではサポートされません。

SmartArt グラフィック

サポートされます

図形のグループに変換されます。

オブジェクトの枠線

サポートされます

一部の枠線スタイルはサポートされません。サポートされない枠線スタイルは、既定の枠線スタイル (黒の実線) として保存されます。

オブジェクトの塗りつぶし

サポートされます

線の書式設定

サポートされます

.odp 形式では、一部の線のスタイルおよび線の端点のスタイルはサポートされません。サポートされないスタイルは、それぞれ既定の黒い実線および開いた矢印として保存されます。

図のトリミング

サポートされます

図の標準のトリミングはサポートされます。ただし、図形による図のトリミングはサポートされません。

3D 図のオプション

サポートされません

図のスタイル

部分的にサポートされます

枠線は部分的にサポートされますが、同じようには表示されないことがあります。

テーマ

サポートされません

関連項目

PowerPoint (デスクトップ版) を使用して開くか、プレゼンテーションを OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式で保存するには

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×