PowerPoint 2016 for Mac ファイルのプロパティを表示または変更する

ドキュメントのプロパティは、メタデータとも呼ばれており、ファイルを説明または識別するための詳細情報です。PowerPoint 2016 for Mac のプロパティには、ファイル サイズと場所、タイトル、作成者名、サブタイトル、ファイルのコンテンツに関する情報、および変更の統計情報などの詳細が含まれます。 タイトル、作成者、キーワード、およびカスタム プロパティなどの一部の非表示データは編集または削除できます。

[プロパティ] ダイアログ ボックスを開くには、[ファイル]、[プロパティ] の順にクリックします。

[ファイルの情報] プロパティを表示する

[プロパティ] ダイアログ ボックスの [ファイルの情報] タブには、ファイル名、コンピューター上の現在の場所、ファイル サイズ、作成日と変更日、およびファイルが読み取り専用であるかなど、基本的なドキュメント情報が含まれています。(必要に応じて、プレゼンテーションを読み取り専用にする方法を参照してください。)

[全般] タブ

[ファイルの概要] プロパティを表示または編集する

[プロパティ] ダイアログ ボックスの [ファイルの概要] タブには、タイトル、サブタイトル、作成者など、ユーザーが追加、編集、または削除できるファイル情報が含まれています。

[概要] タブ

ドキュメントの [詳細情報] を表示する

[プロパティ] ダイアログ ボックスの [詳細情報] タブには、ドキュメントが作成、変更、印刷、および最後に保存された日付、改訂番号、合計編集時間、スライド数や単語数などのスライド コンテンツ情報が含まれています。

[詳細情報] タブ

ドキュメントの [コンテンツ] を表示する

[プロパティ] ダイアログ ボックスの [コンテンツ] タブには、使用されているフォントやテーマ、スライド タイトルなどのプレゼンテーション情報が含まれています。

[コンテンツ] タブ

[ユーザー設定] プロパティを表示または編集する

[プロパティ] ダイアログ ボックスの [ユーザー設定] タブには、部署、発行側、および進捗状況など、追加および編集できるカスタマイズ可能なオプションのプロパティ フィールド一式が含まれています。名前を入力するか、または一覧から選んで、[プロパティ名] ボックスにフィールド名を追加します。ファイルの種類を選んで ([テキスト]、[日付]、または [数値] など)、プロパティの値を入力し、[追加] をクリックします。

[カスタム] タブ

関連情報

PowerPoint 2016 for Mac プレゼンテーションの単語数をカウントする

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×