PowerPoint 2016 for Mac を使用して無人ループでプレゼンテーションを実行する

[スライド ショーの設定] ボックスのオプションを設定すると、トレード ショーのブースや会議のキオスクで、プレゼンテーションを無人で実行するように設定できます。

注: PowerPoint 2016 for Mac では、プレゼンテーションをビデオまたはムービーとして保存することはできません。この機能を頻繁に使用する場合は、PowerPoint for Mac User Voice フォーラムにフィードバックをお寄せください。フィードバックは、将来の更新で新機能の優先順位を決めるために役立ちます。

自動プレゼンテーションを設定する

PowerPoint プレゼンテーションが自動的に実行されるように設定する手順は次のとおりです。

  1. [スライド ショー] タブで、[スライド ショーの設定] をクリックします。

  2. [種類] で、次のいずれかのオプションを選びます。

    • スライド ショーをウィンドウに表示して、視聴者がスライドを切り替えることができるようにする場合は、[出席者として閲覧する (ウィンドウ表示)] を選びます。

    • 視聴者が Esc キーを押すまでスライド ショーを繰り返すには、[自動プレゼンテーション (フル スクリーン表示)] を選びます。

      注: このオプションを選択すると、[Esc キーが押されるまで繰り返す] チェック ボックスが自動的にオンになり、スライド ショーはループ実行されます。

    [種類] のオプション

スライドの切り替えを設定する

スライド ショーをキオスクで自動的に実行する場合は、スライドが切り替わるタイミングと切り替えの方法を制御できます。これを行うには、プレゼンテーションのすべてのスライドに同じ切り替えを適用して、特定の時間間隔の後に自動的に切り替わるように設定できます。

  1. [画面切り替え] タブで、使用する切り替えをクリックします。

    [画面切り替え] タブのオプション

    他の切り替えを表示するには、切り替えをポイントし、 [その他] の下矢印 をクリックします。

  2. [画面切り替え] タブで次の操作を行います。

    • 各スライドの表示時間を設定するには、[] を選択し、必要な秒数を入力します。

    • スライド間の切り替えの継続時間を設定するには、[継続時間] ボックスに時間を入力します。

    • [すべてに適用] をクリックします。

    スライドの画面切り替え設定

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×