PowerPoint 2016 for Mac のスペル チェック

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

PowerPoint 2016 for Mac では、文字入力時にスペル ミスが疑われる箇所が自動的にチェックされます (文法はチェックされません)。プレゼンテーションの作成が完了するまでスペル チェックを行わない場合は、自動スペル チェックをオフにすることができます。

入力時にスペル チェックを行う

PowerPoint では、スペル ミスが疑われる箇所が自動的に指摘され、赤色の波線マークが付きます。

赤色の波線で示されたスペル ミス

ヒント: スペルの間違いがマークされない場合は、自動スペル チェックをオンにする必要が生じることがあります。

スペルのエラーが表示された場合は、単語または語句を Ctrl キーを押しながらクリックするか右クリックして、いずれかの修正候補を選びます。

自動スペル チェックのオンとオフを切り替える

  1. [PowerPoint] メニューで、[環境設定]、[スペル チェック] の順にクリックします。

  2. [スペル チェック] ダイアログ ボックスで、[入力時にスペル チェックを行う] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

スペル チェックをまとめて行う

  1. [校閲] タブの [スペル チェック] をクリックします。

  2. エラーが疑われる箇所が見つかると、[スペル チェック] ウィンドウで表示されます。

  3. エラーを修正するには、次のいずれかの操作を行います。

    • スライドでエラーを修正します。

    • [スペル チェック] ウィンドウのいずれかの候補をクリックし、[変更] をクリックします。

    エラーをスキップするには、次のいずれかの操作を行います。

    • このエラーのそのインスタンスのみをスキップするには、[無視] をクリックします。

    • このエラーのすべてのインスタンスをスキップするには、[すべて無視] をクリックします。

    • スペル ミスと指摘された単語をすべてのドキュメントでスキップするには、[追加] をクリックしてその単語を辞書に追加します。

  4. エラーを修正、無視、またはスキップした後、PowerPoint では次のエラーに移動します。 PowerPoint でプレゼンテーションの校正が完了すると、スペル チェックが完了したというメッセージが表示されます。

  5. [OK] をクリックするとプレゼンテーションに戻ります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×