PowerPoint 2016 for Mac でスライド マスターを変更する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

書式、位置、およびスライド マスターの一般的な要素を変更する場合は、プレゼンテーション内の個々 のスライドを編集する必要はありません。次の図は、関連するスライド レイアウトで、タイトル プレース ホルダーに、オレンジ色の塗りつぶしの色を適用するなど、スライド マスターに変更を複製する方法を示します。

スライド レイアウトはスライド マスターの書式を継承する

吹き出し 1 タイトル要素に書式設定を行ったスライド マスター

吹き出し 2 スライド マスターの書式設定がスライド レイアウトに反映されている

プレゼンテーションの別のスライドに適用されている複数のテーマがある場合と、スライド マスター表示でそれぞれのスライド マスターが表示されます。

複数のスライド マスターを作成してカスタマイズする

  1. [表示] タブで、[スライド マスター] をクリックします。

    PPT for Mac の [スライド マスター] コマンド
  2. [スライド マスター] ビューを開くと、既定の関連するレイアウトを含む空のスライド マスターが表示されます。別のスライド マスターを追加する場合は、次の操作を行います。

    • スライド 縮小版 ウィンドウ内で新しいスライド マスターを表示する位置をクリックします。

    • [スライド マスター] タブで、[スライド マスターの挿入] をクリックします。

      注: スライドの縮小版ウィンドウでは、スライド マスターは一回り大きなスライド イメージとして表示され、関連付けられたレイアウトはスライド マスターの下に配置されています。

  3. 次のいずれかの操作を実行します。

    • 1 つまたは複数のユーザー設定レイアウトを作成するのには、または既存のレイアウトを変更するには、新しいユーザー設定レイアウトを作成するを参照してください。

    • 既定のスライド マスターに組み込まれているスライド レイアウトを削除するには、スライドのサムネイル ウィンドウで、削除する各スライド レイアウトをクリックし、[スライド マスター] タブの [削除] をクリックします。

    • デザインまたはテーマに基づく色、フォント、効果、背景を適用するには、「テーマを変更および保存する」を参照してください。

    • プレゼンテーション内のすべてのスライドのページの向きを設定するには、[スライド マスター] タブで [スライドのサイズ] > [ページ設定] をクリックします。 [方向] で目的の向きをクリックします。

      PPT for Mac の [ページの向き]
    • プレゼンテーションのすべてのページの下部にフッターとして表示されるテキストを追加するには、[スライド マスター] タブで、[スライドのサイズ] > [ページ設定] > [ヘッダー/フッター] をクリックします。

  4. 変更を加えた後、[スライド マスター] タブで [マスターを閉じる] をクリックします。

  5. 再利用できるようにテンプレートとして保存するには、[ファイル]、[テンプレートとして保存] の順にクリックし、ファイル名を入力して [保存] をクリックします。

関連項目

作成または for Mac、PowerPoint 2016 でスライドのレイアウトを変更します。

印刷配布資料のページ レイアウトを変更します。

For Mac、PowerPoint 2016 のスライドに透明の図 (透かし) を追加します。

配布資料にロゴ、会社名、ヘッダー、またはフッターのテキストを追加する

PowerPoint 2016 for Mac ですべてのスライドにページ番号、日付と時刻、またはフッター テキストを追加する

PowerPoint 2016 for Mac ですべてのスライドのフッターの書式設定を変更する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×