PowerPoint 2016 for Mac でアニメーション効果を変更または削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

PowerPoint 2016 for Mac では、オブジェクトのアニメーション効果を別のアニメーション効果に変更したり、アニメーションの設定を変更したり、オブジェクトからアニメーションを削除したりすることができます。

注: スライド間で画面切り替えを変更したり削除したりする場合は、 「PowerPoint 2016 for Mac でスライド間の画面切り替えを追加または削除する」を参照してください。

作成したアニメーション効果を変更または削除するには、目的のスライドを選び、[アニメーション] タブをクリックし、右側にある [アニメーション] ウィンドウを使用して、効果を編集するか配置し直します。

右側の [アニメーション] ウィンドウでアニメーションを編集する

ヒント: [アニメーション] ウィンドウが表示されない場合は、[アニメーション] タブで、リボンの [アニメーション ウィンドウ] をクリックします。

アニメーション ウィンドウの表示と非表示を切り替える、リボンの [アニメーション ウィンドウ] ボタン

[アニメーション] ウィンドウでは、次のいずれかの操作を行うことができます。

  • アニメーションの移動または削除    [アニメーション] ウィンドウで効果を選び、ウィンドウの上部にあるボタンを使用して、(効果を移動させて) 並び順序を変更したり 、効果を削除したりします。効果を移動するには方向キーをクリックし、削除するには赤い [X] をクリックします。

    ウィンドウの上部のボタンを使ってアニメーションを削除または並べ替える
  • 別のアニメーションに変更する    [アニメーション] ウィンドウで効果を選び、リボンで別の効果をクリックします。

  • 同じオブジェクトに別のアニメーションを追加する   まず、([アニメーション] ウィンドウではなく) スライド上でテキストまたはオブジェクトを選んでから、適用する追加の効果をクリックします。

  • 効果のプロパティを変更する    [アニメーション] ウィンドウで効果を選び、[効果オプション] で必要な変更を加えます。

    [アニメーション] 画面の [効果のオプション] でアニメーションの動きを修正する

    ここで使用できる設定は、選んだアニメーションの種類に応じて異なります。 この例は、[スライドイン] アニメーションのオプションを示しています。

  • 効果のタイミングを変更する    [アニメーション] ウィンドウで効果を選びます。[タイミング] では、アニメーションをトリガーする方法、アニメーションの持続期間、アニメーションを早めに遅くするかどうかや後で繰り返すかどうかなど、必要な変更を加えます。

    [アニメーション] 画面の [タイミング] プロパティで効果のタイミングを修正する

    プレゼンテーション中にもう一度トリガーされる可能性がある比較的長いアニメーションには、[再生が終了したら巻き戻す] を選ぶと、2 回目はすばやく表示できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

PowerPoint 2016 for Mac でテキストおよびオブジェクトにアニメーションを設定します。

アニメーションの軌跡したテキストとオブジェクトにアニメーションを設定します。

スライド上の単語にアニメーション

箇条書きを一度に 1 つ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×