PowerPoint 2016 for Mac での発表者ツールの使用

発表者ツールは、1 台のコンピューター (Mac のノート コンピューターなど) には発表者のノートを表示し、出席者が見る (投影する大型スクリーンなどの) 別の画面ではスライドのみを表示するプレゼンテーションに最適です。

発表者ツールを使い始めるには、[スライド ショー] タブの [発表者ツール] をクリックします

[スライド ショー] タブの [発表者ツール]

(プレゼンテーションを開始する前に、[スライド ショー] メニューの [スライド ショーの設定] コマンドを使用して、プレゼンテーションを連続再生するか、間隔を空けるかなど、含めるオプションなどを決定することもできます)。

発表者ツールの概要

発表者ツールには次のツールが含まれます。

発表者ツール
  • タイマー:    タイマーは、現在のスライドの上の画面左上部にあります。発表者ツールを使い始めるとすぐに開始し、スライド ショーを一時停止または終了するまで動き続けます。

  • 現在のスライド:    発表者ツールで最大のスライドは、対象者に対して現在表示されているスライドです。

  • 時計:    時計は右側の現在のスライドの上にあります。コンピューターのシステム環境設定に従って現在の時刻が表示されます。

  • 次のスライド:    現在のスライドの右側に、デッキ内の次のスライドが表示されます。対象者にはこのスライドは見えません。

  • 発表者のメモ:    スライド ショー プレゼンテーションの実行前または実行中に、[次のスライド] プレビュー領域の下にあるボックスに、プライベートな発表者のメモを追加できます。

  • スライド ナビゲーション ウィンドウ:    デッキ内で現在のスライドの前後にあるスライドのサムネイル ビューが、画面の下部に表示されます (このウィンドウは常に表示され、非表示にはできません)。

2 台目のディスプレイで発表者ツールを使用している場合は、観客には全画面のスライド ショーが表示され、発表者は自分の Mac で発表者ツールを見ることができます。

スライド間を移動する

前後のスライドに移動する   

  • 次のスライドまたは前のスライドに移動するには、発表者ツールの現在のスライドの下にある矢印ボタンをクリックするか、現在のスライド上にマウス ポインターを置くと表示される矢印を使います。

    次または前のスライドへ移動するための 2 つのオプション

    または、全画面表示でスライド ショーを表示するときに使用するのと同じキーボードまたはマウス コマンドを使うこともできます。

特定のスライドにスキップする   

  • 画面の下部にあるスライド ナビゲーション ウィンドウで、スキップ先のスライドをクリックします。

タイマー、メモ、および注釈

タイマーを一時停止、開始、またはリセットする   

タイマーには、プレゼンテーションで経過した合計時間が表示されます。タイマーは発表者ツールを使い始めるとすぐに自動的に開始しますが、質問に答えたり休憩したりするために停止する必要がある場合は、一時停止して再開できます。

  • 次のいずれかの操作を行います。

目的

クリックするオプション

タイマーを一時停止する

[タイマーを一時停止] ボタン

タイマーを開始または続行する

[タイマーの開始] ボタン

タイマーを 0 にリセットする

[タイマーのリセット] ボタン

プレゼンテーションの途中で会議のメモを読んだり書いたりする   

画面右側、[次のスライド] プレビューの下部では、現在のスライドに入力した発表者のメモを見たり、プレゼンテーションしながら新しいメモを入力したりできます。メモ ウィンドウ内をクリックし、会議のメモを入力するだけです。

現在のスライドに字や絵を書く/描く

  1. 現在のスライド上にマウスを置き、ペン ツールをクリックします。

    発表者ツールのペン ツール
  2. メニューの [ペン] をクリックし、マウスを使用してスライドに書いたり描いたりします。

    注記: 

    • [ペン] メニューの [ペンの色] をクリックして、色を変更できます。ペンのサイズは変更できません。

    • ペン ツールで描く字や図はすべて一時的なものです。スライド ショーを前後に移動した場合、またはスライド ショーを終了した場合、描いたものは保存されません。

スライドが自動的に進む理由   

以前にプレゼンテーションを記録し、スライド切り替えのタイミングを保存した場合、保存されているタイミングに従って自動的に進むようにスライドが設定されていることがあります。タイミングを使いたくない場合は、オフにできます。[スライド ショー] タブで [スライド ショーの設定] をクリックし、[タイミングを使用] チェック ボックスをオフにします。

発表者ツールを終了し、スライド ショーを終了する

プレゼンテーションの終了時にスライド ショーを終わらせるには、スライド ショーの左上隅の [スライド ショーの終了] をクリックするか、または Esc キーを押します。

プレゼンテーション中に発表者ツールをオフにする

  • [プレゼンテーション ビュー] ウィンドウの上部の [スライド ショーの使用] をクリックします。

    プレゼンテーション時に [プレゼンテーション ビュー] ウィンドウの上部の [スライド ショーの使用] をクリックし、発表者ツールをオフにします。

    このボタンで発表者ツールは閉じられます。その結果、コンピューターの画面でもプロジェクターの画面でもスライド ショーが表示されます。

プレゼンテーションを開始する前に発表者ツールをオフにする

  1. [PowerPoint] メニューの [環境設定] をクリックします。

  2. [PowerPoint の環境設定] ダイアログ ボックスの [出力および共有] で [スライド ショー] をクリックします。

    [PowerPoint の環境設定] ダイアログ ボックスの [出力および共有] の下で [スライド ショー] をクリックします。
  3. [スライド ショー] ダイアログ ボックスの [常に 2 つの画面で発表者ツールを開始する] チェック ボックスをオフにします。

    [スライド ショー] ダイアログ ボックスの [常に 2 つの画面で発表者ツールを開始する] チェック ボックスをオフにします。
  4. ダイアログ ボックスを閉じます。

Mac デスクトップを 2 つ目のモニターに拡張する

  1. アップル メニューの [システム環境設定] を選びます。

  2. [表示] アプリを開きます。

  3. ダイアログ ボックス内にある [配置] タブをクリックします。

  4. [ミラー表示] チェック ボックスをオフにします。

この手順を実行すると、2 台のモニター設定になります。PowerPoint のスライド ショーを 1 つの画面に表示しながら、別の画面では自分だけが参照できる別のアプリケーションを開くことができます。

関連情報

PowerPoint 2016 for Mac を使用して無人ループでプレゼンテーションを実行する

PowerPoint 2016 for Mac でスライド ショーの実行時に発表者のノートを表示する

PowerPoint 2016 for Mac でスライド ショーを記録する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×