PowerPoint 2016 for Mac – Insider ファースト ビルドのリリース ノート

Office 2016 for Mac の Insider ビルドは定期的に更新され、新機能、改善された機能、セキュリティ更新プログラム、バグ修正を提供します。 その他の Office for Mac アプリについて同様の情報を確認するには、「Office 2016 for Mac Insider ファースト ビルドのリリース ノート」を参照してください。

Office for Mac 更新プログラムをインストールする方法については、次の情報をチェックして、各 Insider ファースト リリースを確認してください。

2017 年 10 月 10 日リリース

バージョン: 16.7.1008.0

新機能と改善された機能:

  • この特定のリリースに新機能は含まれていませんが、バージョン 16.6.1001.0 には、リアルタイムの共同作業、クイックスターター、Trim Media UI、およびデザイナーの機能強化など、すばらしい新機能が複数組み込まれました。詳細については、2017 年 10 月 2 日のリリース ノートを参照してください。

最近の修正プログラム:

  • カーソルが表示されなくなる原因であるバグを修正しました。

  • PowerPoint 内から Excel グラフを編集してもアプリケーションはクラッシュしなくなりました。

既知の問題:

  • [キーボード] 編集コマンド用のキーボード ショートカットが英語以外の言語で動作しません。

  • [フォント] ダウンロードしたカスタム フォントが機能しません。

  • [印刷] OS High Sierra の場合、印刷すると、PowerPoint がクラッシュします。

  • [自動保存] ユーザーがクラウド ファイルを終了するとき、自動保存機能がオンになっているにも関わらず、ドキュメントを保存するように求めるメッセージが表示されます。

  • [ODP] ODP ファイルが正しく保存されない場合があります。 

  • [スペル チェック] キーボードの言語とは異なる言語にスペル チェックを変更できません。

  • [アクセシビリティ] VoiceOver が不安定になることがあります。特に表で使用する場合、またはノート ペインの編集に使用する場合に症状がでます。 

バージョン: 16.6 (171001)

新機能と改善された機能:

  • リアルタイムの共同作業 - Mac PowerPoint に、Windows PowerPoint と同じ共同作業機能が追加され、オンラインのプレゼンテーションで同僚と同時に作業することが簡単になりました。注: 共同作業するには、プレゼンテーションが OneDrive または SharePoint に保存されている必要があります。[O365 のサブスクライバーのみ利用可能]

    • リアルタイム プレゼンス リアルタイム入力によって、共有プレゼンテーションで他のユーザーが作業している場所と、変更が発生すると同時にその変更内容を確認できます。

    • ドキュメントが変更されると変更履歴が追加され、自分や他の投稿者によって行われたプレゼンテーションへのすべての編集が管理されます。

    • 作業内容が失われる心配はありません。プレゼンテーションに加えた変更は、リアルタイムに自動的に保存されます。

  • クイックスターター –  PowerPoint クイックスターターが Mac で利用できるようになりました。Bing のナレッジ グラフを利用したクイックスターターは、プレゼンテーションの概要を構築してデッキ作成プロセスを再構築し、選択したトピックの調査を支援します。[O365 のサブスクライバーのみ利用可能]

  • Trim Media UI – Trim Media が Mac PowerPoint で利用できるようになりました。挿入されたオーディオおよびビデオ クリップの先頭および/または末尾から不要なコンテンツをトリミングします。[O365 のサブスクライバーのみ利用可能]

  • デザイナーの改善 – Mac の PowerPoint デザイナーが追加のトリガーおよびレイアウトをサポートするようになり、Windows の PowerPoint デザイナーの全機能を搭載されるようになりました。[O365 のサブスクライバーのみ利用可能]

既知の問題:

  • PowerPoint での VoiceOver の使用が不安定になることがあります

    • VoiceOver を使用してノート ペインを編集すると、PowerPoint がクラッシュする場合があります

    • VoiceOver が表でうまく動作しません

  • ODP ファイルの保存の動作に一貫性がありません 

  • カスタム フォントが動作しません; 既定のフォント (Kammada MN) が代わりに使用されます 

  • OS High Sierra の場合、印刷すると、PowerPoint がクラッシュします

  • Excel のグラフを 編集すると PowerPoint がクラッシュする場合があります 

  • キーボードとは異なる言語にスペル チェックを変更できません 

注意と追加情報:

  • このリリースは次のメジャー バージョンの最初のプレビューであるため、いくつかの問題が発生すると想定されます。上記に既知のバグを記載しましたが、その他の問題が発生した場合、問題を報告するか、チームに直接フィードバックを送信してください。 

    • アプリの右上隅にある顔文字をクリックし、[気に入った機能を通知する] または [改善要望を通知する] をクリックします。

    • Office Insider コミュニティから、または Twitter から、Microsoft または他の Insider に連絡してください。

バージョン: 15.39 (170919)

今週は、修正プログラム、既知の問題または新機能はありません。

バージョン: 15.39 (170912)

今週は、修正プログラム、既知の問題または新機能はありません。

バージョン:15.39 (170905)

既知の問題:

  • [スライド エディター] 数回押した後のエラー キーに応答してスライド エディターが停止する

バージョン:15.39 (170829)

修正プログラム:

  • [アクセシビリティ] MacOS Yosemite で、スライドを変更した後、VoiceOver を使用してノートが編集できるようになりました

バージョン: 15.38 (170822)

既知の問題: 

  • [ネットワーク共有] MacOS High Sierra ベータ版の一部のバージョンにおいて、PowerPoint でネットワーク共有のファイルへの変更が保存されない

バージョン: 15.38 (170815)

既知の問題: 

  • [アクセシビリティ] スライドを変更した後、ノートを編集する VoiceOver を使用できない (MacOS Yosemite のみ)

バージョン: 15.38 (170808)

今週は、修正プログラム、既知の問題または新機能はありません。

バージョン: 15.38 (170801)

今週は、修正プログラム、既知の問題または新機能はありません。

バージョン: 15.38 (170725)

今週は、修正プログラム、既知の問題または新機能はありません。

バージョン: 15.37.0 (ビルド 170718)

修正プログラム:

  • [スライド ショー] スライド ショーでタッチ バーを使用するとクラッシュするという問題が修正されました

追加情報:

  • Microsoft のチームに直接、問題の報告またはフィードバックの送信を行うには、アプリの右上隅にある顔文字をクリックし、[気に入った機能を通知する] または [改善要望を通知する] をクリックします。

  • Office Insider コミュニティから、または Twitterから、Microsoft または他の Insider に連絡してください。

  • ファースト レベルになるには、[ヘルプ]、[更新プログラムの確認]、[Office Insider プログラムに参加して、新機能をいち早くお試しください]、[Office Insider ファースト] の順にクリックします。

追加情報:

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×