使用を開始する

PowerPoint 2016 クイック スタート

PowerPoint 2016 クイック スタート

PowerPoint を PC、Mac、またはモバイル デバイスにインストールすると、次の作業を行うことができます。

  • 最初から、またはテンプレートからプレゼンテーションを作成する。

  • テキスト、画像、クリップアート、ビデオを追加する。

  • PowerPoint デザイナーで本格的なデザインを選ぶ。

  • 画面切り替え、アニメーション、モーションを追加する。

  • OneDrive に保存し、ユーザーのコンピューター、タブレット、またはスマートフォンからプレゼンテーションにアクセスする。

  • 共有し、場所に関係なく、他のユーザーと共同作業する。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

プレゼンテーションを作成する

  1. PowerPoint を開きます。

  2. オプションとして、

    • [新しいプレゼンテーション] を選択して、最初からプレゼンテーションを作成します。

    • いずれかのテンプレートを選びます。

    • [ツアーを見る] を選択し、[作成] を選択して PowerPoint を使用するためのヒントを表示します。

新しい PowerPoint を作成する

テキストを追加して書式を設定する

  1. 任意の場所にカーソルを置き、入力します。

  2. テキストを選択し、[ホーム] タブのオプションを選択します: [フォント]、[フォント サイズ]、[太字]、[斜体]、[下線]、...

  3. 箇条書きまたは段落番号を作成するには、テキストを選択して [箇条書き] または [段落番号] を選択します。

PowerPoint のテキストの書式設定

画像、図形、グラフを追加する

  1. [挿入] を選択します。

  2. 画像を追加するには、次の手順を実行します。

    • [画像] を選択します。

    • 必要な画像を参照し、[挿入] を選択します。

  3. 図形、クリップアート、またはグラフを追加するには、次の手順を実行します。

    • [図形]、[SmartArt]、または [グラフ] を選択します。

    • 任意のものを選択します。

画像、図形、グラフを挿入する

PowerPoint デザイナーを使う

ユーザーが Office 365 サブスクリプションのサブスクライバーである場合は、PowerPoint デザイナーを使用すると、画像を追加し、デザインを選択するという 2 つの手順で、デザイナーのスライドを作成できます。

  1. [挿入]、[画像] の順に選択し、必要な画像を参照して、[挿入] を選択します。

    [デザイン アイデア] ウィンドウが開き、いくつかのデザイン オプションが表示されます。

  2. 任意のデザイン オプションを選択します。

デザイナーではスライドを 1 回クリックするだけで写真を補正できます。

画面切り替え

特殊効果を追加し、1 つのスライドから別のスライドに画面切り替えを行うには、次の手順を実行します。

  1. 画面切り替えを追加するスライドを選択します。

  2. [画面切り替え] タブで、任意の効果を選択します。

  3. [効果のオプション] を選択して、画面切り替えの動作方法を変更します。[右から]、[左から] ...

    画面切り替えを元に戻すには、[なし] を選択します。

PowerPoint のリボンに [画面切り替え] が表示されます

アニメーション

スライドのテキストまたはオブジェクトにアニメーションを設定するには、次の手順を実行します。

  1. アニメーションを設定するテキストまたはオブジェクトを選択します。

  2. [アニメーション] タブで、[アニメーションの追加] を選択し、ドロップダウンから任意のアニメーションを選択します。

    一度に 1 行ずつテキストのアニメーションを設定するには、アニメーションを選択し、次の行のテキストを選択し、アニメーションを選択し、のように続けます。

  3. [開始] の場合、[クリック時]、[直前の動作と同時]、または [直前の動作の後] を選択します。

    [期間] または [遅延] を選択することもできます。

    詳細については、「テキストまたはオブジェクトにアニメーションを設定する」を参照してください。

Office 365 PowerPoint アニメーション

OneDrive にプレゼンテーションを保存する

クラウドにファイルを保存すると、他のユーザーと共有、共同作業を行うことができ、コンピューター、タブレットやスマートフォンなど、どこからでもファイルにアクセスできます。

  1. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順に選びます。

  2. [OneDrive] を選びます。

    個人用のファイルを [OneDrive - 個人用] に保存し、会社の OneDrive に対してファイルの操作を行います。デバイスなど、別の場所に保存することもできます。

PowerPoint を OneDrive に保存する

プレゼンテーションを共有する

  1. リボンの 共有 [共有] を選択します。

    または、[ファイル]、[共有] の順に選択します。

    注: OneDrive にファイルがまだ保存されていない場合は、共有するためにファイルを OneDrive にアップロードするように求められます。

  2. 共有相手をドロップダウンから選択するか、名前またはメール アドレスを入力します。

  3. メッセージを追加し (省略可能)、[送信] を選択します。

PowerPoint の [共有] アイコンとダイアログ ボックス

プレゼンテーションを表示する

画面の下部にある [スライド ショー] アイコンを選択します。

または、[スライド ショー] タブで次のオプションを選択します。

  • 最初のスライドから開始するには、[最初] を選択します。

  • 現在の場所から開始するには、[使用中のスライドから] を選択します。

  • 自分がいる場所と違うところにいるユーザーに表示するには、[オンライン プレゼンテーション] を選択し、[Skype for Business] または [Office Presentation Service] を選択します。

[スライド ショー] ビューを終了するには、Esc キーを押します。

詳細については、「プレゼンテーションを開始してノートを発表者ビューで見る」を参照してください。

Office 365 PowerPoint スライド ショー

外出先でも接続を維持する

お使いのモバイル デバイスを選択すると、適切な Office アプリのインストール方法が示されます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×