PowerPoint 2010 ファイルからファイルまたはオブジェクトを抽出する

Microsoft PowerPoint 2010 プレゼンテーションのファイルやオブジェクト (ビデオ、写真、サウンド、ドキュメントなど) を個別に使用する必要がある場合、プレゼンテーションを "ZIP" ファイル フォルダーに変換してそれらを抽出できます。

この手順を実行する前に、Windows エクスプローラーが、ファイル名をファイル拡張子付きで表示するように設定されていることを確認してください。

Windows エクスプローラーでファイル拡張子を表示するように設定する方法

Windows エクスプローラーでファイル名をファイル拡張子付きで表示するように設定するには、次の操作を行います。

  1. Windows エクスプローラーで、[フォルダーと検索のオプション] をクリックします。Windows 7 では、これは [整理] の下に表示されます。Windows Vista および Windows XP では、[ツール] メニューの [フォルダ オプション] をクリックします。

  2. [表示] タブの [ファイルおよびフォルダー] で、[登録されている拡張子は表示しない] チェック ボックスをオフにします。

  3. [OK] をクリックします。

ヒント:  ファイル拡張子を後で変更してプレゼンテーションを復元できますが、最初にプレゼンテーションをコピーして、コピーから必要なオブジェクトを抽出することをお勧めします。こうすることで、元のプレゼンテーションが保持されます。

プレゼンテーションをフォルダーとして開くには、Windows エクスプローラーで目的のプレゼンテーションが含まれているフォルダーに移動して、次の操作を行います。

  1. 目的のプレゼンテーションをクリックし、右クリックして、[名前の変更] をクリックします。

  2. ファイル拡張子 (.pptx) を .zip に変更します。Enter キーを押して名前を設定し、[名前の変更] ダイアログ ボックスで [はい] をクリックします。

  3. ZIP ファイルをダブルクリックして、エクスプローラー ウィンドウでコンテンツ ファイルを参照します。

ファイルを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。

ファイルを右クリックして、[名前の変更] をクリックします。

ファイル拡張子を .pptx から .zip に変更して ENTER キーを押す

ファイル拡張子を .zip に変更します。

圧縮されたファイルをフォルダーとして開くことができる

Enter キーを押します。ファイルの種類を示すアイコンが ZIP 形式のフォルダーに変更されます。フォルダーをダブルクリックして開きます。

ZIP ファイルにはいくつかのフォルダーが含まれており、その多くには XML コードやプロパティなどの情報が含まれています。ビデオ、サウンド ファイル、ドキュメントなどのオブジェクトは、ppt フォルダーにあります。

圧縮されたプレゼンテーションのフォルダー

元のプレゼンテーションを復元するには    この手順を繰り返し、ファイル拡張子を .zip から .pptx に変更します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×