PowerPoint 2010 のプレゼンテーションが PowerPoint 2003 またはそれ以前のバージョンと互換性があるかどうかを確認する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft PowerPoint 2010 のプレゼンテーションが PowerPoint 2003 またはそれ以前のバージョンで開けることを確認し、機能や再現性の損失を最小限に抑えるには、PowerPoint 2010 で互換性チェックを実行します。互換性チェックでは、PowerPoint 2010 と以前のバージョンの PowerPoint の間の潜在的な互換性の問題が検出され、問題の解決に役立つレポートが作成されます。

重要: 

  • Microsoft PowerPoint 2010 では、PowerPoint 95 またはそれ以前のファイル形式への保存はサポートされません。

  • PowerPoint 2010 ファイル形式 (.pptx) で作成されたプレゼンテーション、テンプレート、およびスライドショーは PowerPoint 2007 と互換性があります。

  • 互換モードでプレゼンテーションの作業を行っていて、プレゼンテーションが新しい PowerPoint ファイル形式 (.pptx) ではなく PowerPoint 97-2003 のファイル形式で保存される場合は、プレゼンテーションを保存するときに互換性チェックが自動的に実行されます。また、互換性のない内容を作成する多くのコマンドが無効化されます。

PowerPoint 2010 (反射、光彩など) で図形の効果] の損失が発生することができる機能の例については、以前のバージョンの PowerPoint での画像として表示されます。また、(ビデオをリンク) ではなく、ビデオを埋め込むした場合、ビデオは画像として表示されます。

互換性チェックを実行するには、次のように操作します。

  1. PowerPoint 2010 で、互換性チェックを行うプレゼンテーションを開きます。

  2. [ファイル] タブをクリックします。

  3. [情報] をクリックします。

  4. [共有準備] の左側にある [問題のチェック] をクリックし、[互換性チェック] をクリックします。

  5. 互換性チェックから返されるメッセージの詳細については、「互換性チェック」を参照してください。

ヒント: プレゼンテーションを PowerPoint 97-2003 形式で保存するたびに互換性をチェックするには、[Microsoft Office PowerPoint 互換性チェック] ダイアログ ボックスの [PowerPoint 97-2003 形式で保存するときに互換性を確認する] チェック ボックスをオンにします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×