PowerPoint 2010 で廃止、変更される機能

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office PowerPoint 2007 以前のバージョンの機能のうち、Microsoft PowerPoint 2010 で廃止または変更されたものを次の一覧に示します。

  • Web ページとして保存    [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで [単一ファイル Web ページ] (.mht、.mhtml) や [Web ページ] (.htm、.html) は選択できなくなりました。

  • サウンド ファイルの最大サイズ    サウンド ファイルの最大サイズ機能は、音声/ビデオ リンクおよび埋め込み機能に置き換えられました。PowerPoint 2010 では、より多くの種類の任意のサイズのファイルを埋め込むことができます。リボンに [サウンド ファイルの最大サイズ (KB)] が表示されなくなり、[PowerPoint のオプション] ダイアログ ボックスの [指定するファイル サイズより大きいサウンドとリンクする] も廃止されました。

  • 印刷プレビュー    [印刷] ダイアログ ボックスと [印刷プレビュー] ダイアログ ボックスは、Microsoft Office Backstage ビューに統合されました。PowerPoint 2010 の印刷機能にアクセスするには、[ファイル] タブをクリックし、[印刷] をクリックします。

  • [アニメーションの設定] 作業ウィンドウ    [アニメーションの設定] 作業ウィンドウの名前が [アニメーション ウィンドウ] に変更されました。PowerPoint 2010 では、[アニメーション ウィンドウ] を使用してアニメーションをオブジェクトに追加することはできません。アニメーション効果を追加、変更、または修正するには、[アニメーション] タブの [アニメーション] グループ、[アニメーションの詳細設定] グループ、[タイミング] グループのコマンドを使います。

  • ユーザー設定のアニメーションの軌跡の描画    [直線]、[カーブ]、[フリーフォーム]、[フリーハンド] のユーザー設定のアニメーションの軌跡アニメーションは描画できなくなりました。これまでと同様、[頂点の編集] は、ほとんどのアニメーションの軌跡アニメーションに対して使うことができます。
    アニメーションの軌跡アニメーションの頂点を編集するには、アニメーションの軌跡が設定されているオブジェクトを選択し、[アニメーション] タブの [アニメーション] グループで [効果のオプション] をクリックし、[頂点の編集] を選択します。

  • 画面切り替えタブ    リボンの [アニメーション] タブからは画面切り替え効果にアクセスできなくなりました。代わりに、画面切り替え効果の専用のタブが追加されました。

  • 方向性の画面切り替え効果    [ワイプ]、[アンカバー]、[プッシュ]、[図形]、[スプリット]、[カバー]、[チェッカーボード] などの画面切り替え効果の方向を左右上下に変更できるようになりました。[ホイール] と [ボックス] の画面切り替え効果は、[時計] と [図形] にそれぞれ名称が変更されました。[ストリップ (左下へ)]、[ストリップ (左上へ)]、[ストリップ (右下へ)]、[ストリップ (右上へ)] の画面切り替え効果は廃止されました。
    以前のバージョンの PowerPoint で作成されたファイルの中にあるこれらの効果は、引き続き動作します。

  • [クリップ アート] 作業ウィンドウ    [クリップ アート] 作業ウィンドウに対して、次のような変更が行われました。

    • [探す場所] ボックス    [探す場所] ボックスは廃止されました (つまり、検索を特定のコンテンツのコレクションに制限できなくなりました)。検索を絞り込むには、[検索] ボックスに複数の検索キーワードを入力します。

    • [クリップの整理]    [クリップの整理] は廃止されました。Windows 7、Windows Vista、または Windows XP から Microsoft クリップ オーガナイザーを開くには、Windows の [スタート] をクリックし、[すべてのプログラム] をポイントします。次に、[Microsoft Office] をポイントし、[Microsoft Office 2010 ツール] をポイントして、[Microsoft クリップ オーガナイザー] をクリックします。

  • クリップ オーガナイザー    Microsoft Office プログラムの [クリップ アート] 作業ウィンドウから直接クリップ オーガナイザーにアクセスすることはできなくなりました。また、クリップ オーガナイザーで次の変更が行われました。

    • 自動整理    コンピューター上のメディア ファイルを自動的に検索し、コレクションにまとめるためのコマンドは廃止されました。ただし、クリップ オーガナイザーにクリップを手動で追加したり、スキャナーまたはカメラからクリップをインポートしたりすることは引き続き可能です。

    • 電子メール受信者に添付ファイルとして送信    クリップを電子メール メッセージの添付ファイルとして送信するためのコマンドは廃止されました。

    • コレクションから削除    クリップ オーガナイザーからクリップを削除することはできますが、特定のコレクションから削除することはできなくなりました。

    • 似たスタイルの検索    似たスタイルのクリップを検索できるコマンドは廃止されました。

    • リスト ビューと詳細ビュー    リスト ビューと詳細ビューは廃止されました。

  • 英文アシスタント サービス   低の使用状況の理由により、英文アシスタントの機能とサービスは使用可能なではありません。詳細についてを参照してください英文アシスタントどうなったのですか?サービスを使用しようとした場合、メッセージが表示されます"サービスを検索できなかったため、インターネットに接続していません。 接続してもう一度試してください。"場合でも、インターネットに接続しています。

  • 韓国語言語参照 (KOLR) サービス   低の使用状況の理由により、韓国語言語リファレンス リサーチ サービスでは利用できなくします。これにより、英語と韓国語のバージョンの PowerPoint が影響します。サービスを使用しようとした場合、メッセージが表示されます"サービスを検索できなかったため、インターネットに接続していません。 接続してもう一度試してください。"場合でも、インターネットに接続しています。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×