PowerPoint 2007 のスライドのコンテンツを共有、再利用する

重要: 

  • スライド ライブラリのスライドを保存、共有、再利用するには、コンピューターで Microsoft Office PowerPoint 2007 を実行している必要があり、Microsoft Office SharePoint Server 2007 を実行しているサーバーにコンピューターを接続する必要があります。コンピューターが Office SharePoint Server 2007 サーバーに接続されているかどうかがわからない場合は、サーバー管理者にお問い合わせください。

  • コンピューターまたはネットワーク共有上にある異なるプレゼンテーション ファイルの 1 つ以上のスライドを追加するには、「別のプレゼンテーションのスライドを再利用する (インポート)」を参照してください。

この記事の内容

スライド コンテンツの保存と再利用の概要

スライド ライブラリに 1 つ以上のスライドを追加する

スライド ライブラリからプレゼンテーションにスライドを追加する

スライド ライブラリから追加されたスライドの変更を確認する

スライド コンテンツの保存と再利用の概要

注: スライド ライブラリを作成する方法については、「スライド ライブラリを作成する」を参照してください。

Office PowerPoint 2007 を使用すると、Office SharePoint Server 2007 を実行しているサーバー上の一元管理された場所に個々のスライド ファイルを保存することにより、スライド コンテンツを共有および再利用できます。スライドをスライド ライブラリに追加でき、スライド ライブラリからプレゼンテーションに追加できます。

スライド ライブラリの更新プログラムを使用すると、コンピューター上のプレゼンテーションに挿入するスライドと、サーバー上のスライド ライブラリにある元のスライドを関連付けることができます。スライドが更新された場合、ユーザーがコンピューターでプレゼンテーションを開くたびに PowerPoint から更新が通知され、更新を無視するか、新しいスライドを古いスライドに追加するか、または古いスライドを更新されたスライドに置き換えるかを選択できます。

スライド ライブラリ内の既存のスライドを変更すると、Office SharePoint Server 2007 はタイム スタンプを設定して、ファイルを自動的にチェックし、完了すると、タイム スタンプを設定し、もう一度チェックします。Office SharePoint Server 2007 にはバージョン管理機能があり、スライドに対するすべての変更の履歴を追跡できます。スライド ライブラリのバージョン管理機能を利用するには、Office SharePoint Server 2007 のヘルプを参照してください。

スライド ライブラリ内のスライドの最新バージョンを見つけるには、スライド ライブラリの一覧をフィルター処理して並べ替えるだけです。スライドの最新バージョンを見つける方法については、Office SharePoint Server 2007 のヘルプを参照してください。

Office PowerPoint 2007 は、複数のスライド ライブラリの場所を自動的に記憶するので、スライド ライブラリを簡単に見つけることができます。

Office SharePoint Server 2007 でスライド ライブラリを使用することで、次のことが可能になります。

  • 他のユーザーがアクセスできるように、スライドを共有の場所に保存する。

  • スライドの変更を追跡して確認する。

  • スライドの最新バージョンを見つける。

ページの先頭へ

スライド ライブラリに 1 つ以上のスライドを追加する

注: スライド ライブラリに 1 つ以上のスライドを追加する前に、Office SharePoint Server 2007 サーバーでスライド ライブラリの一覧を作成する必要があります。スライド ライブラリを作成するには、Office SharePoint Server 2007 サーバーのヘルプを参照してください。

  1. スライド ライブラリに追加するスライドを含むプレゼンテーションを開きます。

  2. [Microsoft Office] ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[発行] をポイントして、[スライドの発行] をクリックします。

    スライドを公開する

  3. [スライドの発行] ダイアログ ボックスで、スライド ライブラリに発行するスライドの横にあるチェック ボックスをオンにします。

    すべてのスライドを選ぶには、[すべて選択] をクリックします。

  4. [ファイル名] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 1 つ以上のスライド ファイルの名前を変更するには、既存のファイル名をクリックし、新しい名前を入力します。

    • 既定のスライドのファイル名をそのまま使用するには、手順 5 に進んでください。

      注: PowerPoint は、プレゼンテーション名と一意のスライド識別子 (ID) 番号を既定のファイル名として使用することで、自動的に各スライドに名前を付けます。スライドを移動すると、スライド ID 番号は順番に表示されなくなります。

  5. [説明] をクリックして、スライド ファイルの説明を入力します。

  6. [発行先] 一覧で、スライドを追加するスライド ライブラリの場所を入力またはクリックし、[発行] をクリックします。

ページの先頭へ

スライド ライブラリからプレゼンテーションにスライドを追加する

  1. スライドの追加先のプレゼンテーションを開きます。

  2. [ホーム] タブの [スライド] グループで [新しいスライド] の下にある矢印をクリックし、[スライドの再利用] をクリックします。

  3. スライドの再利用ウィンドウで、[挿入元] ボックスに、スライド ライブラリの場所を入力し、矢印 スライドを特定する をクリックしてスライド ライブラリを見つけます。または、[参照] をクリックして、スライド ライブラリを見つけます。

  4. [すべてのスライド] 一覧で、追加するスライドをクリックします。

    スライドの大きなサムネイルを表示するには、ポインターをそのスライドの上に配置します。

  5. 他のスライドをスライド ライブラリからプレゼンテーションに追加するには、手順 3 と 4 を繰り返します。

注: スライド ライブラリからプレゼンテーションに追加したスライドが変更されたときに通知を受ける必要がある場合、スライドの再利用ウィンドウの下部で、スライドをクリックし、[このスライドが変更されたときに通知する] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

スライド ライブラリから追加されたスライドの変更を確認する

  1. もともとはサーバー上のスライド ライブラリから追加された 1 つ以上のスライドを含むプレゼンテーションを開きます。

    [スライドの更新のチェック] ダイアログ ボックスが表示され、プレゼンテーションに、スライド ライブラリに関連付けられた 1 つ以上のスライドが含まれていることを通知します。ダイアログ ボックスは、これらのスライドの変更を確認するためのオプションを提供します。

    スライド更新の確認

  2. [スライドの更新のチェック] ダイアログ ボックスで、[チェック] をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • プレゼンテーション内に更新するスライドがない場合、"更新されたスライドは現在ありません。[OK] をクリックしてください" というメッセージが表示されます。[OK] をクリックします。

    • [スライド更新の確認] ダイアログ ボックスが表示され、プレゼンテーション内のスライドのサムネールとスライド ライブラリのスライドが表示された場合、それらを比較して、次のいずれかの操作を行います。

      • ローカル スライドをスライド ライブラリの変更されたスライドに置き換えるには、[置換] をクリックします。

      • 2 つのスライドをより入念に比較できるように、変更されたスライドをプレゼンテーションに追加するには、[追加] をクリックします。

        注: [追加] では、プレゼンテーション内の古いスライドの後に、更新されたスライドが挿入されます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×