PowerPoint 作業領域の使用方法を理解する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

作業領域 (標準表示) は、Microsoft PowerPoint 2010 の機能を簡単に見つけて使用できるように設計されています。

この記事では、PowerPoint 2010 でプレゼンテーションを作成する準備を行う方法をステップごとに説明します。

注: 

ステップ 1: PowerPoint を開く

PowerPoint を起動すると、標準表示モードと呼ばれる表示で PowerPoint が開き、ここでスライドを作成したり作業したりします。

注: 

  • 既に PowerPoint 2010 を実行している場合は、開いているすべてのプレゼンテーションを保存して閉じ、PowerPoint 2010 を終了して再起動します。

  • まだ PowerPoint 2010 を実行していない場合は、ここで起動します。

4 つの領域にラベルが付いている PowerPoint 2010 の作業領域 (標準表示)
ラベルの付いた要素がいくつかある、標準表示の PowerPoint 2010 の図

1. [スライド] ペインでは、個々のスライドに対して直接作業することができます。

2. 点線の枠はプレースホルダーを表し、ここにテキストを入力したり、図やグラフなどのオブジェクトを挿入したりできます。

3. [スライド] タブには、[スライド] ペインにフル サイズで表示される各スライドの縮小版が表示されます。他のスライドを追加した後、[スライド] タブのサムネイルをクリックすると、[スライド] ペインにそのスライドを表示できます。また、サムネイルをドラッグすると、プレゼンテーション内のスライドの順序を再配置できます。[スライド] タブにスライドを追加したり、タブからスライドを削除したりすることもできます。

4. [ノート] ペインでは、現在のスライドに関するノートを入力できます。そして、プレゼンテーションを行うときに、視聴者にノートを配布したり、発表者ツールでノートを表示したりできます。

ステップ 2: 新しいプレゼンテーションで作業を始める

既定では、PowerPoint 2010 の新規のプレゼンテーションには、上の図に表示されている新しいプレゼンテーション テンプレートが適用されます。新しいプレゼンテーション テンプレートは、PowerPoint 2010 で最も単純で汎用的なプレゼンテーション テンプレートであり、PowerPoint を初めて使用するときに適したテンプレートです。

新しいプレゼンテーション テンプレートを基にして新規のプレゼンテーションを作成するには、次の操作を行います。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  1. [新規作成] をポイントし、[使用可能なテンプレートとテーマ] の [新しいプレゼンテーション] をクリックします。

  2. [作成] をクリックします。

ステップ 3: [ノート] ペインのサイズを調整する

新しいプレゼンテーション テンプレートを開くと、小さい [ノート] ペインが表示されます。より多くの情報を入力できるように [ノート] ペインを大きくするには、次の操作を行います。

  1. [ノート] ペインの上部の枠をポイントします。

  2. 次の図に示すように、ポインターが 水平分割バーのポインターをドラッグする になったら枠を上方向へドラッグし、発表者用のノートの領域を広げます。

[ノート] ウィンドウのサイズが変更された作業領域

[スライド] ペイン内のスライドは、利用できる領域の大きさに合わせてサイズが自動的に変更されます。

ステップ 4: プレゼンテーションを作成する

準備ができたらを使用する作業用のスペースを用意してある場合は、これで、テキストを追加する図形、図、アニメーション、(とも、その他のスライド) をプレゼンテーションにします。開始から完了までの基本的なプレゼンテーションを作成する方法の詳細については、 PowerPoint プレゼンテーション作成のための基本的な作業を参照してください。

画面上部には、作業に役立つ次の 3 つのボタンがあります。

  • ボタンの画像 (元に戻す) は、最後に行った変更を元に戻します。このボタンの上にポインターを置くと、元に戻される操作の内容がポップ ヒントに表示されます。最近実行し、元に戻すことができるその他の変更のメニューを表示するには、 ボタンの画像 (元に戻す) の右にある矢印をクリックします。Ctrl キーを押しながら Z キーを押して変更を元に戻すこともできます。

  • ボタンの画像 (やり直し) または ボタンの画像 (繰り返し) は、直前に実行した操作に応じていずれかが表示され、最後の変更をやり直すかまたは繰り返します (繰り返される操作またはやり直される操作の内容をヒントで確認するには、そのボタンにポインターを置きます)。Ctrl キーを押しながら Y キーを押して、変更を繰り返したりやり直したりすることもできます。

  • ボタンの画像 (Microsoft Office PowerPoint ヘルプ) は、[PowerPoint ヘルプ] ペインを開きます。F1 キーを押してヘルプを開くこともできます。

ヒント: 画面の上部にあるこの領域には、他のボタンを追加することもできます。画面の上部にあるこの領域は、クイック アクセス ツール バーと呼ばれます。よく使用するコマンドがすぐに見つけることができるように、このツール バーに他のコマンドを追加することもできます。クイック アクセス ツール バーのコマンドを追加または削除する方法の詳細については、「クイック アクセス ツール バーをカスタマイズする」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×