PowerPoint ファイルを OneDrive にビデオとして保存する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft PowerPoint 2010 プレゼンテーションを Windows Live OneDrive に保存すると、他のユーザーもアクセスできるようになります。 他のユーザーは異なるバージョンの PowerPoint を使用していることがあるため、プレゼンテーションのパフォーマンスや利用できる機能に影響を及ぼす場合があります。このような場合はプレゼンテーションをビデオとして保存すると便利です。 ビデオとして保存すると、ビデオ、グラフィック効果、サウンドなどのプレゼンテーション要素のすべてを、PowerPoint がインストールされていないコンピューターでも適切に表示することができます。

ヒント:  プレゼンテーションをビデオとして OneDrive に保存すると、表示方法についても細かく制御できるようになります。 次に例を示します。

  • ビデオとして保存されたプレゼンテーションは表示専用であるため、変更や編集はできません。

  • プレゼンテーションを一定のペースで表示することができます。

  • 表示できるユーザーを制限できます。ビデオを YouTube などのオンライン動画サイトに保存すれば、インターネット上でだれでも見ることができます。

プレゼンテーションをビデオとして OneDrive に保存するには、先にプレゼンテーションをビデオとして保存してから、OneDrive にアップロードする必要があります。

プレゼンテーションをビデオとして保存するには、次の操作を行います。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [ ] タブの保存し、送信] をクリックしてビデオの作成します。

  3. [ ビデオの作成] をクリックして、 コンピューターおよび HD モニター下向き矢印。次のいずれかの操作を行います。

  4. 非常に高品質で、ファイル サイズが大きいビデオを作成する場合は、[コンピューターおよび HD モニター] をクリックします。

  5. ファイル サイズと品質が中程度のビデオを作成する場合は、[インターネットおよび DVD] をクリックします。

  6. ファイル サイズが最小で、低品質のビデオを作成する場合は、[ポータブル メディア デバイス] をクリックします。

  7. をクリックして、 使用記録されたタイミングとナレーションしない下向きの矢印と、次のいずれかの操作を行います。

  8. 音声ナレーションとレーザー ポインターの動きの記録およびタイミング設定を行っていない場合は、[記録されたタイミングとナレーションを使用しない] をクリックします。

    ヒント: 各スライドの既定の時間は、5 秒に設定されています。次に、変更するのには各スライドに費やす秒、低速化、プレゼンテーションを時間が長くなる上向き矢印またはプレゼンテーションを高速化し、時間を短縮にある下矢印をクリックします。

  9. 音声ナレーションとレーザー ポインターの動きの記録およびタイミング設定を行っている場合は、[記録されたタイミングとナレーションを使用する] をクリックします。

  10. [ビデオの作成] をクリックします。

  11. [ファイル名] ボックスにビデオのファイル名を入力し、このファイルを格納するフォルダーを指定し、[保存] をクリックします。ビデオの作成処理は、ビデオの長さとプレゼンテーションの複雑さによっては、数時間を要する場合があります。

ビデオを Windows Live OneDrive にアップロードするには、次の操作を行います。

  1. Http://office.live.com] に移動し、Windows Live ID でサインインWindows Live ID を持っていない場合は、Windows Live ページでサインアップをクリックします。

  2. [ファイルの追加] をクリックし、ビデオをアップロードするフォルダーをクリックするか、[新規フォルダー] をクリックします。

  3. [ドキュメントを追加] ページで、プレゼンテーションが入っているフォルダーの場所を入力するか、[参照] をクリックしてフォルダーの場所を選択します。

  4. [アップロード] をクリックします。

  5. アップロードの確認ページでは、リンク付きの電子メール メッセージを他のユーザーに送信してプレゼンテーション ビデオを紹介したり、プレゼンテーションが保存されているフォルダーのアクセス許可を変更することができます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×