PowerPoint クイックスターターでトピックをリサーチする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

PowerPoint のクイックスターターでは、選択したテーマの調査を開始するためのアウトラインが作成されます。

線

手順 1
テーマを入力します

クイックスターターの手順 1:テーマを入力します
線

手順 2
残すスライドを選択します

クイックスターターの手順 3:PowerPoint でプレゼンテーションのアウトラインが示されます
線

手順 3
アウトラインが示されます

クイックスターターの手順 2:残すスライドを選択します
Office 365 サブスクライバー

この機能は、Office 365 サブスクライバーのみが利用できます。サブスクライバーには毎月、新機能や機能改善をが提供されます。クリックして、サブスクリプションを試用または購入してください

また、QuickStarter はでのみ使用できます: 英語 (米国)、フランス語 (フランス)、イタリア語、ドイツ語 (ドイツ)、スペイン語 (スペイン)、および日本語 (日本)。

クイックスターターのアウトラインには、次が含まれます。

  • 2 つのスライドにオンライン ソースから収集した情報。最初のスライドには、スライドとスライドの下のノート ウィンドウの鍵となる事実が列挙されます。2 番目のスライドには、調査対象に関連するトピックが列挙されます (これら 2 つのスライドはあなただけが参照できるもので、他のユーザーには、これらのスライドはスライド ショー時に非表示になっています)。

  • タイトルのスライド。

  • 選択に基づいた目次。

  • テーマごとに 1 枚のスライド。スライドの下のノートには、それ以外の要点がある場合もある。

  • 調査に使用した情報のソースを記載する、引用文献が記載された結論のスライド。

    PowerPoint のクイックスターターでは、選択したテーマに基づいてプレゼンテーションのアウトラインを作成できます。

アウトラインの画像は、パブリック ドメインのものであるか、クリエイティブ コモンズ ライセンスのものです。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

テーマを選び検索を開始する

アウトラインを作成するには
  1. PowerPoint 2016 で [ファイル]、[新規] の順に選びます。次いでクイックスターター テンプレートを選択します。

    PowerPoint 2016 のクイックスターター テンプレートでは、選択したテーマのアウトラインを作成できます。
  2. 検索するテーマを指定するか、ダイアログ ボックスの下部に表示される一般的なテーマから検索します。

    これまで Office Intelligent Services がオンになっていなかった場合、オンにすることを求めるダイアログ ボックスが表示されます。クイックスターターを使用するには、Intelligent Services をオンにする必要があります。

    Office のインテリジェント サービスの参加ダイアログ ボックス

    クイックスターターによって情報が収集され、ユーザーが検索したトピックと関連するテーマ一覧が表示されます。

    上にマウス ポインターを移動するという、不適切なコンテンツが表示される場合は、アイコンの右上隅の詳細(…)] をクリックし、レポートの不適切なトピックを選択します。

    任意のアイテムの右上隅にある [詳細 (...)] コマンドをクリックして、そのアイテムを不適切なコンテンツとして報告します。
  3. トピックの組み立ては QuickStarter のアウトラインに含めるを表すボックスをオンにします。(使用すべて選択を一度にすべての項目を選択するのに)。

  4. [次へ] をクリックし、アウトラインに含めるよう選択したテーマ一覧を確認します (選択した各テーマはアウトラインで 1 枚のスライドとなります)。

  5. プレゼンテーションのスライドのデザインを選択して、[作成] をクリックします。

    PowerPoint 2016 によってプレゼンテーションのアウトラインがまとめられ、開かれます。

  6. アウトラインを読み、調査を開始します。テーマについて調べたり、記述する際のアイデアには、鍵となる事実 (スライド 1) と関連トピック (スライド 2) を使用します。スライド下部のノートに補足情報が記載されている場合もあります。

次の手順

オンラインで情報を検索する

用語を選択し、右クリックして、スマート検索を選択します

調べて記述する

プレゼンテーションの最初のスライドは、"アウトラインはこのとおりです" です。トピックの概要があり、通常は日付やその他の役に立つ情報が含まれています。 省略記号 (...) で切り捨てられているスライドのすべての段落は、下部のノートで繰り返し全文が記載されています。

プレゼンテーションの 2 番目のスライドは "関連トピック" です。このスライドには、さらに調べる価値のある用語が列挙されます。まずアウトラインで単語またはフレーズを選択し、それを右クリックし、[スマート検索] を選択すると、その用語の定義、Web サイト、Web から検索されたその用語に最も関連する検索結果が表示されます。

プレゼンテーションのその他のスライドには、(アウトラインを作成するときに選んだテーマに基づく) 候補のテーマがあります。候補のテーマの一部のスライドには、そのスライドのノート ウィンドウに列挙されている候補の要点が記載されています。

デザイン アイデア

プレゼンテーションの外観を変更する場合、[デザイン]、[デザイン アイデア] の順に移動し、[デザイン アイデア] を開きます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×