PowerPoint を使用して OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式のプレゼンテーションを開く、または保存する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft PowerPoint を起動すると、OpenOffice.org の Impress や Google Docs などのプレゼンテーション アプリケーションで使用されている OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式のファイルを開いたり保存したりできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

PowerPoint で OpenDocument プレゼンテーション ファイルを開く

PowerPoint プレゼンテーションを OpenDocument プレゼンテーション形式で保存します。

OpenDocument 形式を詳細します。

OpenDocument プレゼンテーション ファイルを PowerPoint で開く

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [開く] をクリックします。

  3. OpenDocument 形式で保存されたファイルを表示するだけの場合は、[ファイルの種類] の一覧で [OpenDocument プレゼンテーション] をクリックします。

  4. 開くファイルをクリックし、[開く] をクリックします。

    ヒント: ファイルを開くには、目的のファイルを見つけてそのファイルをダブルクリックする方法もあります。

注: OpenDocument プレゼンテーション ファイルを PowerPoint で開いた場合、そのファイルを作成した元のアプリケーションとは書式が異なる場合があります。これは、OpenDocument 形式を使用するアプリケーション間に相違点があるためです。

PowerPoint プレゼンテーションを OpenDocument プレゼンテーション形式で保存する

重要: PowerPoint 形式のファイルを維持する必要がある場合は、最初に .pptx ファイル形式などの PowerPoint プレゼンテーションとしてファイルを保存し、次に、OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式で再度保存してください。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [ファイルの種類] ボックスの一覧の [OpenDocument プレゼンテーション] をクリックします。

  4. ファイルに名前を付けて保存します。

OpenDocument 形式の詳細

開くか、プレゼンテーションを OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式で保存すると一部の書式が失われる可能性があります。これは、さまざまな機能と書式設定などのオプション] の理由により、OpenDocument プレゼンテーション アプリケーションと PowerPoint サポートすることです。

ヒント

  • 他のユーザーにファイルを送信する前に、ファイルをいったん閉じてから開き直して、OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式を使用した場合の表示を確認することをお勧めします。

  • OpenDocument プレゼンテーション形式ではサポートされない、オブジェクトの詳細な書式設定を維持するには、オブジェクトを図に変換します。

  • 表を操作するときは、PowerPoint を閉じる前に表を完成させてください。PowerPoint を閉じると、表が画像に変換され、その後は編集できなくなります。

  • 色の変更または拡大縮小を伴う強調のためのアニメーション (開始時または終了時のアニメーションではないアニメーション) は、.odp 形式でプレゼンテーションを保存すると該当する部分が失われるため、使用しないでください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

PowerPoint で OpenDocument プレゼンテーション ファイルを開く

PowerPoint プレゼンテーションを OpenDocument プレゼンテーション形式で保存します。

OpenDocument 形式を詳細します。

OpenDocument プレゼンテーション ファイルを PowerPoint で開く

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 ] をクリックし、[開く] をクリックします。

  2. ファイルOpenDocument プレゼンテーション] をクリックします。

  3. ファイルを開くをクリックし、[開く] をクリックしてください

注: PowerPoint 2007で OpenDocument プレゼンテーション ファイルを開くときに持つことができない同じ書式設定、作成した元のアプリケーションの場合と同様です。OpenDocument 形式を使用しているアプリケーションの違いがあるためです。

PowerPoint プレゼンテーションを OpenDocument プレゼンテーション形式で保存する

重要: バージョンの PowerPoint を保持する場合は、するには、ファイルは PowerPoint ドキュメント、.pptx ファイル形式で例として、ファイルを保存し、もう一度 OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式で保存します。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 ] をクリックし、[名前を付けて保存] をクリックします。

  2. OpenDocument プレゼンテーション] をクリックします。

OpenDocument 形式の詳細

開くか、プレゼンテーションを OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式で保存すると一部の書式が失われる可能性があります。これは、さまざまな機能と書式設定などのオプション] の理由により、OpenDocument プレゼンテーション アプリケーションとPowerPoint 2007サポートすることです。

ヒント

  • 他のユーザーにファイルを送信する前に、ファイルをいったん閉じてから開き直して、OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式を使用した場合の表示を確認することをお勧めします。

  • OpenDocument プレゼンテーション形式ではサポートされない、オブジェクトの詳細な書式設定を維持するには、オブジェクトを図に変換します。

  • テーブルを操作するときに、 PowerPoint 2007を閉じる前に、テーブルを実行します。テーブルは、 PowerPoint 2007と後で編集できない画像に変換されます。

  • 色の変更または拡大縮小を伴う強調のためのアニメーション (開始時または終了時のアニメーションではないアニメーション) は、.odp 形式でプレゼンテーションを保存すると該当する部分が失われるため、使用しないでください。

関連項目

OpenDocument プレゼンテーション (.odp) 形式でサポートされている機能

OpenDocument の .odp ファイルや PowerPoint Online で PowerPoint の .pptx ファイルを編集します。

別のファイル形式でプレゼンテーションを保存する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×