よりアクセシビリティの高い PowerPoint プレゼンテーションを作成する

PowerPoint の画像アクセシビリティを強化する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

これらの技術を使用して、視覚障碍や読書障碍のあるユーザーに対して、よりアクセシビリティの高いチャート、グラフ、画像を PowerPoint のスライドで作成します。

画像アクセシビリティのヒントを探す

  • 色だけではなく、テキスト、パターン、図形を使用してアイデアを伝えます。

  • 画像、グラフ、その他のビジュアル オブジェクトにわかりやすい代替テキストを追加します。

  • 引き出し線付きの写真など、複数層の画像を 1 つのオブジェクトにグループ化します。

  • スライドが色覚障碍のあるユーザーにどのように表示されるのかを確認するには、[表示]、[グレースケール] の順に選択します。

表に代替テキストを追加する

  1. 選択したグラフで、[書式]、[選択対象の​​書式設定] の順に選択します。
    グラフを右クリックし、[グラフ エリアの書式設定] を選びます。

  2. [サイズとプロパティ] [グラフ エリアの書式設定] ウィンドウで [サイズとプロパティ] ボタンを示すスクリーンショット。 を選択します。

  3. [代替テキスト] に説明を入力します。

図に代替テキストを追加する

  1. 選択した画像で、[書式]、[配置とサイズ] の順に選択します。

    [書式] タブで [サイズと位置] ボタンを示すスクリーンショット。

    または画像を右クリックして、[図の​​書式設定] を選択します。

  2. [サイズとプロパティ] [グラフ エリアの書式設定] ウィンドウで [サイズとプロパティ] ボタンを示すスクリーンショット。 を選択します。

  3. [代替テキスト] に説明を入力します。

複数層の画像をグループ化する

  1. グループ化する画像をすべて選択します。
    各画像を選択するか、その周囲で蛍光ペンをドラッグしながら、Shift キーを長押しします。

  2. [書式]、[グループ] の順に選択します。

さらに詳しく

テンプレートを使用して新しい Office ファイルを作成する

ファイルを保存する

Excel のトレーニング

Word のトレーニング

PowerPoint トレーニング

ほとんどのユーザーは、PowerPoint のスライドでチャート、グラフ、画像を使用します。ただし、これらの要素は、誰もが閲覧できるわけではありません。中にはまったく見えない人もいます。

視覚障碍や読書障碍のあるユーザーのために、画像やグラフィックのアクセシビリティを高める方法を紹介します。

スライドでグラフを作成するときに、色だけに頼って、アイデアを伝えることは避けてください。

たとえば、この縦棒グラフは、8 つの異なる色でデータのカテゴリを示しています。

色覚障碍のあるユーザーには、どのように表示されるのかを見てましょう。

[表示]、[グレースケール] の順に選択します。

どの列が市区町村を示しているのかわかりません。

グラフのような視覚要素のアクセシビリティを高めるには、色とテキスト、または色と図形を使用します。また、白い背景に黒や濃い青、あるいは、濃いグレイの背景に白など、コントラストの強い色を使用します。

そして必ず、チャート、グラフ、画像について説明する代替テキストを追加します。詳細な説明を付けることは、スクリーン リーダーに頼ってスライドを閲覧するユーザーにとって非常に便利です。

グラフを選択して、[グラフ エリアの書式設定] を選択します。

[サイズとプロパティ] を選択し、[代替テキスト] を選択します。

[説明] ボックスに、代替テキストを入力します。適切な代替テキストでは、何のグラフであるかが説明されており、主要なポイントがまとめられています。

スクリーン リーダーは、[ノート] ウィンドウの内容も読み上げるため、スライドに関する情報を追加する場所として適切です。

スクリーン リーダーは、画像内のテキストを読み上げることはできません。スライドに画像やクリップ アートを使用するときには、ご注意ください。

画像内の単語が対象ユーザーにとって重要な場合、代替テキストで画像の説明を繰り返し説明します。

最後に、複数の画像を重ねて表示するときには、注意が必要です。たとえば、この画像は、2 つのスクリーンショット、1 つの円、1 つの矢印の 4 つの要素で構成されています。

この画像スタックを理解するのは、スクリーン リーダーを使用するユーザーにとって大変な苦労を要します。

代わりに、これらの要素を 1 つの画像としてグループ化します。[書式]、[グループ] の順に選択します。

いつものように、代替テキストの追加を忘れないようにしましょう。

ドキュメントのアクセシビリティを高める方法については、aka.ms/OfficeAccessibility にアクセスしてください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×