PowerPoint のデザイナーで適切に動作するカスタムテンプレートを作成する

デザイナー用に最適化するためにカスタムテンプレートを作成する場合は、次のガイドラインに従うことをお勧めしますPowerPoint 。 アスタリスク (*) は、現在PowerPoint デザイナー で使用されない推奨事項を示しています。

テーマの色とフォントを定義する

  • テーマの色のコントラストと暗さの間のコントラストが十分であることを確認します (例: 淡色1 &淡色2 と濃色1 &)。

  • [アクセント1]、[2]、[3] などのアクセントの色を優先度として定義します。デザイナーはこの順序で色を使います。

  • アクセントカラーが主要なテーマの色に対して十分にコントラストになるようにします。 これにより、アイコンが表示され、アクセスできるようになります。

スライドマスターをデザインする

  • 背景画像が圧縮され、正しい形式になっていることを確認します。 レイアウトは、その場でデザイナーにアップロードされるため、ファイルサイズが重要です。

  • 必要に応じて (明確な背景色ではなく) 背景スタイルを使用して、デザイナーが正しいテキスト色を候補として選択できるようにします。

  • 複数のレイアウトを1つのスライドマスターに残しておくと、デザイナーは現在のスライドマスターのレイアウトのみを提案します。

    注: たとえば、淡色と濃色のレイアウトが混在している場合は、1つのスライドマスターの下に配置する必要があります。 ただし、淡色テーマのスライドと濃色テーマのスライドに対して、淡色テーマの候補を表示する必要がある場合は、2つの別個のライトと濃色のスライドマスターが必要です。

各スライドシナリオの視覚的に区別したレイアウトをデザインする

  • 各スライドマスターに最低15のレイアウトを作成して、デザイナーのサポートを有効にします。

  • タイトルと、可能な限り多くのコンテンツプレースホルダー (SmartArt グラフィック とアイコンの候補として使用) で、少なくとも1つのレイアウトを作成します。

  • クライアントのニーズは変化しますが、スライドレイアウトの次のシナリオは非常に一般的です。 

    • タイトルのみ

    • 短いメッセージ (タイトルあり、タイトルなし)

    • セクションヘッダー

    • タイトル + コンテンツ (より多くのテキスト)

    • Title + 2 つのコンテンツ

    • Title + 2 つのコンテンツ + 見出し (比較)

    • タイトル + 画像

    • タイトル + 図 + 図表番号

    • タイトル + 2 つの図と図表番号

    • タイトル + 大きいテキスト + 画像

    • スクリーンショットに適した画像レイアウト 

  • 少なくとも3つの候補が表示されない場合は、一般的なスライドシナリオに対して複数の代替を作成します。

  • 可能であれば、視覚的に似たレイアウトを作成しないようにします。 そうしないと、[デザインアイデア] ウィンドウのサムネイルサイズと同じように候補が表示されることがあります。

レイアウトにプレースホルダーを作成して書式設定する

  • 図のプレースホルダー内には画像のみが配置されています。

  • テキスト、 SmartArt グラフィック、アイコン、その他のコンテンツは、コンテンツプレースホルダー内に配置されます。

  • テキストやSmartArt グラフィック は、通常、スライドの端に拡張されるコンテンツプレースホルダー内に配置されているため、テキストとの余白が十分でない場合があります。 一方、図のプレースホルダーは、スライドの端に移動する場合があります。

  • テキストや SmartArt グラフィック 四角形以外のプレースホルダー内に配置されているときに予期しない動作が発生するため、四角形以外のコンテンツプレースホルダーは避けてください。

  • プレースホルダーにスタイルを適用するには、プレースホルダーを右クリックし、[図形の書式設定] を選択して、目的の書式を適用します。 図のプレースホルダーに図の書式を適用するには、[図形のオプション] の塗りつぶしの設定を [図またはテクスチャの塗りつぶし] に変更し、組み込みのテクスチャ、またはプレースホルダーの塗りつぶしの画像を使用します。 [図の書式設定] コンテキストリボンタブから目的の書式設定を適用すると、デザインアイデアを作成するときに、デザイナーによってこの書式設定が適用されます。

    注: 図のプレースホルダーの "ダミーの画像" として独自の画像を使う場合は、テンプレートのファイルサイズ全体が inflating ないように、画像のファイルサイズを考慮する必要があります。

  • テンプレートでフッターのプレースホルダーをサポートする場合は、適切なレイアウトごとにこれらのプレースホルダーを作成します。 ユーザーのスライド上に空以外のフッタープレースホルダーがある場合は、元のスライドのフッターに含まれている可能性のある重要なコンテンツを削除しないように、フッターのプレースホルダーが含まれているレイアウトからの候補も作成されます。

  • デザイナーは、デザインアイデアを作成するときに、すべてのプレースホルダーをオーバーフローのテキストの縮小として扱います。 テキストの自動調整設定に合わせて図形のサイズを変更する必要があるプレースホルダーの場合は、レイアウトのプレースホルダーのサイズを目的の最大サイズに変更します。そのため、デザイナーはスライド上の使用可能な領域をすべて使用できるようになります。

    注: この操作ができるのは、プレースホルダーがスライドマスターから [自動調整] プロパティを継承している場合に限られます。そのため、レイアウトを作成する前に、まずスライドマスターのプレースホルダーでこの設定を行う必要があります。

任意のコンテンツが使用するテンプレートをテストする

  • プレースホルダーに大量のテキストを配置し、テキストがロゴ、画像、その他の背景コンテンツと重なっていないことを確認します。 デザイナーは、テキストを縮小してプレースホルダーの境界内に保持します。プレースホルダー自体が背景要素に重なっていると、予期しない結果になることがあります。

  • デザイナーでは、[自動調整の設定に合わせてテキストを縮小する] を使用して、プレースホルダーのサイズが占有する最大サイズになるようにします。

  • プレースホルダーは、いくつかの単語から長い行頭文字のリストまで、さまざまな長さのテキストを保持できることをテストします。 その他のシナリオについては、設計者がより広範な状況で適切な推奨事項を作成できるようになります。

  • 図のレイヤーまたは重なり合ったプレースホルダーを確認します。 同じ色の図をそのプレースホルダーで使用し、オーバーレイを "非表示" にするという点に注意してください。 たとえば、図の上に白いテキストを重ねて表示する場合、ほとんどの場合、そのプレースホルダーでは白い画像が使用される可能性があることに注意してください。 ユーザーが自分の画像に最も適した候補を選択できるように、濃いテキストと淡色テキスト付きのオーバーレイスライドのバージョンを作成することを検討してください。

既知の制限

PowerPoint デザイナーは、表やグラフを含むスライドの候補をまだ作成していません。 また、スライドマスターまたは含まれているレイアウトのいずれかにアニメーションまたはOLE オブジェクトが含まれているテンプレートはサポートされません。 

この機能についての製品チームと話す

ここに記載されている機能を使って、独自のブランドに合ったテンプレートを作成している場合は、Microsoft がお話しします。 そのためには、次の操作を実行します。 

  1. この情報が役に立ちましたか?このページの下部にある[はい]または [いいえ] を選びます。

  2. その下では、テキストボックスが表示され、フィードバックを追加できます。 コメントを入力し、PowerPoint の製品チームが連絡できるメールアドレスと共に、メッセージに#brandedtemplatesを含めます。

ありがとうございます。 

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×