PowerPoint のスクリーン リーダーを使用してクラウドで共同作業する

PowerPoint のスクリーン リーダーを使用してクラウドで共同作業する

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

PowerPoint 2016 でキーボードと、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使用して、プレゼンテーションを共有したり、他のユーザーと共同作業を行ったりします。プレゼンテーションのコピーを作成し、PDF などのさまざまな形式でメールを介して共有することもできます。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「ショートカット キーを使用してプレゼンテーションを作成する」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

PowerPoint を開いてサインインする

プレゼンテーションを共有するには、PowerPoint 2016 で Microsoft アカウントにサインインして、ファイルを OneDrive に保存する必要があります。

  1. PowerPoint 2016 をすばやく開くには、Windows ロゴ キーを押して「powerpoint 2016」と入力し、Enter キーを押します。

  2. 空のプレゼンテーションを開始するには、Enter キーを押します。ナレーターでは、"PowerPoint 編集ビュー。" と読み上げられます。JAWS では、"プレゼンテーション 1 準備完了。" と読み上げられます。

  3. サインインするには、PowerPoint 編集ビューで Alt キーを押しながら F キーを押します。ナレーターでは、"[ファイル] メニュー" と読み上げられます。JAWS では、"Backstage ビュー。[ファイル]。" と読み上げられます。D キーを押します。ナレーターでは、"選択されました。[アカウント] タブの項目。" と読み上げられます。JAWS では、"[アカウント] タブ" と読み上げられます。

    ヒント: [ファイル] メニューで Tab キーを使用してオプションを移動するか、方向キーでメニューを移動して、[アカウント]、[保存]、[共有] または [エクスポート] に関連するメニュー コマンドを探すこともできます。移動すると、オプションが読み上げられます。

  4. S キーを押します。ナレーターでは、"アカウント ウィンドウ。メール アドレスまたは電話番号を入力します。" と読み上げられます。JAWS では、"アカウント。メール アドレスまたは電話番号を入力します。" と読み上げられます。

  5. メール アドレスまたは電話番号を入力し、Enter キーを押し、Tab キーを押します。ナレーターでは、"パスワード、テキストの編集。" と読み上げられます。JAWS では、"パスワード、編集。テキストを入力します。" と読み上げられます。

  6. パスワードを入力し、Enter キーを押します。

    注: 組織のアカウントを使用する場合は、サインインの手順が若干異なる場合があります。たとえば、暗証番号 (PIN) またはスマート カードを使用することが必要な場合があります。

    ヒント: 前回の使用時に PowerPoint 2016 からのサインアウトを行っていない場合、サインインを求められることなく、アプリは開きます。

プレゼンテーションを OneDrive に保存し、共有する

PowerPoint 2016 プレゼンテーションを OneDrive に保存すると、他のユーザーと共有できるようになります。OneDrive にプレゼンテーションを保存することで、プレゼンテーションに任意のデバイスからアクセスすることも可能になります。OneDrive には、古いプレゼンテーションと新しいプレゼンテーションの両方を簡単に保存できます。

プレゼンテーションが OneDrive に保存されたら、他のユーザーと共有する準備は完了です。

プレゼンテーションを OneDrive に保存する

  1. プレゼンテーションを保存するには、Alt キーを押しながら F キーを押し、次に A キーを押します。ナレーターでは、"選択されました。[名前を付けて保存] タブの項目。" と読み上げられます。JAWS では、"[名前を付けて保存] タブ。" と読み上げられます。

  2. 保存場所を選ぶには、Tab キーを押します。保存可能な場所の一覧をフォーカスが移動します。

  3. OneDrive 上のフォルダーを選択するには、目的のフォルダーの名前が読み上げられるまで、下方向キーを押します。

  4. OneDrive に保存する前にファイル名を変更するには、"ここにファイル名を入力してください。" と読み上げられるまで Tab キーを押します。名前を入力します。

  5. 保存するには、Enter キーを押します。プレゼンテーションは、ファイル拡張子 .pptx で、OneDrive に保存されます。

OneDrive でプレゼンテーションを共有する

  1. PowerPoint で OneDrive を使用して他のユーザーとプレゼンテーションを共有するには、Alt キーを押しながら Y キーを押し、次に U キーを押します。"名前またはメール アドレスを入力してください。" と読み上げられます。

  2. 招待するユーザーのメール アドレスを入力します。既にユーザーの連絡先情報が保存されている場合は、名前を入力するだけです。Tab キーを押します。

  3. 既定では、招待されたユーザーは、プレゼンテーションを編集できます。プレゼンテーションの表示のみを許可する場合は、Tab キーを押します。ナレーターでは、"編集可能。" と読み上げられます。JAWS では、"コンボ ボックス。編集可能。" と読み上げられます。下方向キーを 2 回押します。次のように読み上げられます。"表示可能。"次に、Enter キーを押します。

  4. "[共有] ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押してプレゼンテーションを共有します。

PowerPoint 2016 のプレゼンテーションを他のユーザーと共有する

PowerPoint 2016 では、プレゼンテーションのコピーを簡単にメールで送信できます。

  1. プレゼンテーションのコピーを他のユーザーと共有するには、Alt キーを押しながら F キーを押し、次に H キーを押します。ナレーターでは、"選択されました。[共有] タブの項目。" と読み上げられます。JAWS では、"[共有] タブ。" と読み上げられます。

  2. プレゼンテーションをメールで共有するには、E キーを押します。ナレーターでは、"選択されました。[電子メール] タブの項目。" と読み上げられます。JAWS では、"[共有]。[電子メール] タブ。" と読み上げられます。

  3. プレゼンテーションの共有方法を選択します。

    • .pptx ファイルとしてプレゼンテーションを共有するには、A キーを押します。

    • .pdf ファイルとしてプレゼンテーションを共有するには、F キーを押します。

    • .xps ファイルとしてプレゼンテーションを共有するには、X キーを押します。

    ヒント: プレゼンテーションのコピーをメールで送信する代わりに、共有リンクを送信することができます。この方法では、メールの添付ファイルのサイズ制限を気にすることなく、他のユーザーがプレゼンテーションの最新の変更を確認することができます。共有リンクを送信するには、L キーを押します。

  4. PowerPoint 2016 ではプレゼンテーションが添付された新しいメッセージがメール アプリで開きます。スクリーン リーダーを使用してメール メッセージを送信する方法については、「Mail for Windows 10 でスクリーン リーダーを使って新しいメール メッセージを作成して送信する」を参照してください。

PowerPoint プレゼンテーションを PDF ファイルで保存する

内容と書式設定を維持したまま、PowerPoint 2016 を所有していないユーザーとプレゼンテーションを共有したい場合があります。その場合は、PowerPoint 2016 を使用してプレゼンテーションを PDF として保存します。

  1. プレゼンテーションをエクスポートするには、Alt キーを押しながら F キーを押し、次に E キーを押します。ナレーターでは、"選択されました。[エクスポート] タブの項目。" と読み上げられます。JAWS では、"[エクスポート] タブ。" と読み上げられます。

  2. プレゼンテーションを PDF ファイルとして保存するには、P キーの次に A キーを押すと、次のように読み上げられます。"[PDF または XPS 形式で発行] のダイアログ。"

  3. ファイル名を入力します。

  4. ファイルを保存するフォルダーを選択するには、たとえば次のようなフォルダー名が読み上げられるまで、Tab キーを押します。"クイック アクセス"、"OneDrive"、または "この PC" などです。フォルダーを移動するには上下の方向キーを押し、サブフォルダーを参照するには右方向キーを押します。参照している間は、フォルダー名が読み上げられます。

  5. 目的の場所に到達したら、Enter キーを押して、Tab キーを押します。

  6. PDF ファイルのサイズを選択するには、次のいずれかの操作を行います。

    • 高品質の [標準] で保存するには、ナレーターで次のように読み上げられるまで、Tab キーを押します。"選択されました。[標準]。オンラインで公開され印刷されます"。JAWS では、"[標準]。" と読み上げられます。

    • [最小] で保存してファイル サイズを小さくするには、ナレーターで "選択されました。[標準]"、または JAWS で "[標準]" と読み上げられてから、下方向キーを押します。ナレーターでは、"選択されました。最小サイズ。オンラインで公開されます。" と読み上げられます。JAWS では、次のように読み上げられます。"最小サイズ。"

  7. 保存するには、Alt キーを押しながら S キーを押します。ファイルが自動的に開きます。

関連項目

スクリーン リーダーを使って PowerPoint のスライドを操作する

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でテキストを追加し、書式を設定する

ショートカット キーを使用してプレゼンテーションを作成する

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を使用して、PowerPoint を操作する方法

PowerPoint 2016 for Mac では、キーボードと、Mac OS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、プレゼンテーションを共有したり、他のユーザーと共同作業したりできます。プレゼンテーションのコピーを作成し、PDF などのさまざまな形式で送信して共有することもできます。

注記: 

この記事の内容

PowerPoint を開いてサインインする

プレゼンテーションを共有するには、PowerPoint で Microsoft アカウントにサインインして、ファイルを OneDrive に保存する必要があります。

  1. Finder で [アプリケーション] リストに移動するには、Shift + Command キーを押しながら A を押します。

  2. "M" で始まるアプリケーションに直接移動するには、「M」と入力します。

  3. "Microsoft PowerPoint アプリケーション" と読み上げられるまで、Tab キーを押します。

  4. PowerPoint 2016 for Mac を開くには、Command キーを押しながら下方向キーを押します。

  5. PowerPoint 2016 for Mac が開いたら、Microsoft アカウントにサインインできます。

  6. サインインするには、Tab キーを押して [サインイン] に移動します。Space キーを押して選択します。[サインイン] ダイアログが開きます。"メール アドレスまたは電話番号を入力してください" と読み上げられます。

  7. メール アドレスまたは電話番号を入力し、Enter キーを押します。VoiceOver で "パスワード、セキュア テキストの編集" と読み上げられます。

  8. パスワードを入力し、Enter キーを押します。"PowerPoint の使用を開始するボタン" と読み上げられたら、Space キーを押してアプリケーションに移動します。

  9. ログイン後に空のプレゼンテーションを開始するには、Enter キーを押します。

    注: 組織のアカウントを使用する場合は、サインインの手順が若干異なる場合があります。たとえば、暗証番号 (PIN) またはスマート カードを使用することが必要な場合があります。

    ヒント: 前回の使用時に PowerPoint からのサインアウトを行っていない場合、サインインを求められることなく、アプリは開きます。

プレゼンテーションを OneDrive に保存し、共有する

PowerPoint プレゼンテーションを OneDrive に保存すると、他のユーザーと共有できるようになります。OneDrive にプレゼンテーションを保存することで、プレゼンテーションに任意のデバイスからアクセスすることも可能になります。OneDrive には、古いプレゼンテーションと新しいプレゼンテーションの両方を簡単に保存できます。

プレゼンテーションが OneDrive に保存されたら、他のユーザーと共有する準備は完了です。

OneDrive にプレゼンテーションを保存して共有する場合は、必ず、PowerPoint で Microsoft アカウントにサインインしてください。

プレゼンテーションを OneDrive に保存する

  1. PowerPoint で、プレゼンテーションを保存するには、Shift キーと Command キーを押しながら S キーを押します。ファイル名テキスト フィールドにフォーカスがある状態で [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが開きます。"名前を付けて保存" と読み上げられます。

  2. 必要に応じて、新しいファイル名を入力します。

  3. OneDrive の場所を選ぶには、Tab キーを押します。保存可能な場所の一覧にフォーカスが移動します。Ctrl キーと Option キーを押しながら上下左右の方向キーを押して場所間を移動し、Ctrl キーと Option を押しながら Space キーを押して選択します。

  4. OneDrive フォルダーに保存する場合は、"現在、フォルダー上にいます" と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  5. OneDrive のフォルダーを選ぶには、Ctrl + Option + 上下の方向キーを押します。移動すると、フォルダー名が読み上げられます。

  6. 新しいフォルダーを作成する場合は、Tab キーを押して [新しいフォルダー] に移動します。次に、Space キーを押して選択します。[新しいフォルダー] ダイアログが開きます。フォルダー名を入力し、Enter キーを押します。

  7. 保存するには、Enter キーを押します。プレゼンテーションは、.pptx というファイル拡張子で OneDrive に保存されます。

OneDrive でプレゼンテーションを共有する

  1. PowerPoint で、プレゼンテーションを共有するには、リボンの現在のタブが読み上げられるまで F6 キーを押します。

  2. "共有メニュー ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押した後、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。"3 つのアイテム、ユーザーの招待ボタン" と読み上げられます。

  3. OneDrive を使って他のユーザーとプレゼンテーションを共有するには、Space キーを押します。[ユーザーの招待] ダイアログ ボックスが開きます。

  4. 招待するユーザーのメール アドレスを入力します。既にユーザーの連絡先情報が保存されている場合は、名前を入力するだけです。

    注: PowerPoint で [連絡先] にアクセスできるようにするかどうかを確認するダイアログが開く場合があります。"許可しないボタン" または "OK ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。

  5. Tab キーを押します。"必要に応じてメッセージを含める" と読み上げられます。受信者へのメッセージを入力します。

  6. Tab キーを押します。"編集可能、オン" と読み上げられます。既定では、招待されたユーザーはプレゼンテーションを編集できます。プレゼンテーションの表示のみを許可する場合は、Space キーを押して編集オプションを無効にします。"オフ、編集可能" と読み上げられます。

  7. "共有ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。

他のユーザーとプレゼンテーションを共有する

PowerPoint 2016 for Mac では、プレゼンテーションのコピーを簡単にメールで送信できます。

  1. PowerPoint で、プレゼンテーションを共有するには、リボンの現在のタブが読み上げられるまで F6 キーを押します。

  2. "共有メニュー ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押した後、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。"3 つのアイテム、ユーザーの招待ボタン" と読み上げられます。

  3. "添付ファイルの送信ボタン" と読み上げられるまで下方向キーを押し、Space キーを押します。"2 つのアイテム、プレゼンテーション" と読み上げられます。

  4. 上方向キーまたは下方向キーを押して、ファイルをプレゼンテーション形式または PDF 形式のいずれで送信するかを選択します。選ぶには、Space キーを押します。

  5. [メール] アプリが開き、.pptx 形式または PDF 形式の添付されたプレゼンテーションが示されます。フォーカスは [宛先] フィールドにあります。

  6. プレゼンテーションのコピーを送信する相手のメール アドレスを入力します。

  7. "件名列" と読み上げられるまで Tab キーを押し、メールの件名を入力します。

  8. メールを送信するには、"送信ボタン" と読み上げられるまで Shift キーを押しながら Tab キーを押し、読み上げられたら Space キーを押します。

プレゼンテーションへのリンクを共有する

プレゼンテーションのコピーをメールで送信する代わりに、共有リンクを送信することができます。この方法では、メールの添付ファイルのサイズ制限を気にすることなく、他のユーザーがプレゼンテーションの最新の変更を確認することができます。

  1. PowerPoint で、プレゼンテーションを共有するには、リボンの現在のタブが読み上げられるまで F6 キーを押します。

  2. "共有メニュー ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押した後、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。"3 つのアイテム、ユーザーの招待ボタン" と読み上げられます。

  3. "リンクのコピーボタン" と読み上げられるまで下方向キーを押し、Space キーを押します。リンクがコピーされました。

  4. リンクをメールやインスタント メッセージなどにコピーします。

PowerPoint プレゼンテーションを PDF ファイルで保存する

内容と書式設定を維持したまま、PowerPoint を所有していないユーザーとプレゼンテーションを共有したい場合があります。その場合は、PowerPoint を使ってプレゼンテーションを PDF として直接 OneDrive に保存します。

  1. PowerPoint で、プレゼンテーションをエクスポートするには、Control キーと Option キーを押しながら M キーを押します。"メニュー バー Apple" と読み上げられます。“ファイル” と読み上げられるまで右方向キーを押して参照し、さらに、"省略記号のエクスポート" と読み上げられるまで下方向キーを押します。

  2. Control キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。ファイル名フィールドにフォーカスがある状態で [エクスポートの形式] ダイアログが開きます。"エクスポートの形式" と読み上げられます。

  3. 必要に応じて、新しいファイル名を入力します。

  4. OneDrive の場所を選ぶには、Tab キーを押します。保存可能な場所の一覧にフォーカスが移動します。Ctrl キーと Option キーを押しながら上下左右の方向キーを押して場所間を移動します。

  5. 適切な場所に移動してから、OneDrive のフォルダーを選ぶには、右方向キーを押します。次に、上下の方向キーを押して、目的のフォルダーを参照します。移動すると、フォルダー名が読み上げられます。

  6. PDF 形式で保存するには、Enter キーを押します。プレゼンテーションは PDF ファイルとして OneDrive に保存されます。

関連項目

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でテキストを追加し、書式を設定する

PowerPoint 2016 for Mac のキーボード ショートカット

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を使用して PowerPoint を操作する方法

iOS 用 PowerPoint 2016 では、スクリーン リーダーを使用してプレゼンテーションを共有したり、他のユーザーと共同作業したりできます。プレゼンテーションの PDF コピーを作成し、メールで共有することもできます。

注: このトピックでは、iPhone を使用していることを前提とします。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad とは異なる場合があります。

この記事の内容

プレゼンテーションを OneDrive に保存し、共有する

PowerPoint プレゼンテーションを OneDrive に保存すると、他のユーザーと共有できるようになります。OneDrive にプレゼンテーションを保存することで、プレゼンテーションに任意のデバイスからアクセスすることも可能になります。OneDrive には、古いプレゼンテーションと新しいプレゼンテーションの両方を簡単に保存できます。

プレゼンテーションが OneDrive に保存されたら、他のユーザーと共有する準備は完了です。

OneDrive にプレゼンテーションを保存して共有する場合は、必ず、PowerPoint で Microsoft アカウントにサインインしてください。

プレゼンテーションを OneDrive に保存する

  1. iOS 用 PowerPoint 2016 で、プレゼンテーションを保存するには、4 本の指で画面の上半分をタップし、次に "保存して閉じる" と読み上げられるまで右にスワイプします。次に、画面をダブルタップします。

  2. "保存、省略記号、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. ファイル名を入力します。

  4. 保存場所を選ぶには、右にスワイプし "場所" と読み上げられてから、さらに OneDrive アカウントの名前 (たとえば、"OneDrive - 個人用") が読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. OneDrive フォルダーに保存する場合は、探しているフォルダーの名前に続けて "ボタン、フォルダー、使用できる操作" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  6. 保存するには、"保存、ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

プレゼンテーションが .pptx というファイル拡張子を付けて OneDrive に保存されます。

OneDrive でプレゼンテーションを共有する

  1. OneDrive にプレゼンテーションが保存された後、4 本の指で画面の上半分をタップします。プレゼンテーションの名前が読み上げられます。

  2. "共有メニュー、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。"共有、見出し" と読み上げられます。

  3. "ユーザーの招待、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。[ユーザーの招待] ダイアログが開きます。

  4. "名前またはメール アドレスの入力、テキスト フィールド" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. 招待するユーザーのメール アドレスを入力します。既にユーザーの連絡先情報が保存されている場合は、名前を入力するだけです。

    注: PowerPoint で [連絡先] にアクセスできるようにするかどうかを確認するダイアログが開く場合があります。"許可しない、ボタン" または "OK、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  6. "編集可能、切り替えボタン、オン" と読み上げられるまで右にスワイプします。既定では、招待されたユーザーはプレゼンテーションを編集できます。プレゼンテーションの表示のみを許可する場合は、画面をダブルタップして編集オプションを無効にします。"オフ" と読み上げられます。

  7. "メッセージを含める (オプション)" と読み上げられるまで右にスワイプします。この操作を行う場合は、画面をダブルタップし、受信者へのメッセージを入力します。

  8. "送信、ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

共有ドキュメントに関する情報を含むメールが受信者に届きます。[共有] メニューに戻ります。

他のユーザーとプレゼンテーションを共有する

iOS 用 PowerPoint 2016 では、プレゼンテーションのコピーを簡単にメールで送信できます。

  1. PowerPoint でプレゼンテーションを開く場合は、4 本の指で画面の上半分をタップします。プレゼンテーションの名前が読み上げられます。

  2. "共有メニュー、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。"共有、見出し" と読み上げられます。

  3. "コピーの送信、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。[コピーを送信する] ダイアログ ボックスが開きます。

    ヒント: 既定では、PowerPoint のネイティブ形式でコピーがメール送信されます。PDF を希望する場合は、"形式、PowerPoint プレゼンテーション、ボタン" と読み上げられるまで、画面をダブルタップします。“PDF” と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  4. "別のアプリケーションで送信する、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. "メール、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    注: PowerPoint からプレゼンテーションを送信するには、事前にメールで電子メール アカウントをセットアップしておく必要があります。

  6. "宛先、テキスト フィールド" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップし、受信者のメール アドレスを入力します。メールの件名には、自動的に添付ファイルの名前が使用されます。

    注: PowerPoint で [連絡先] にアクセスできるようにするかどうかを確認するダイアログが開く場合があります。"許可しない、ボタン" または "OK、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  7. "送信、ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

受信者は、PDF が添付されたメールを受け取ります。[コピーを送信する] メニューに戻ります。

PowerPoint プレゼンテーションを PDF ファイルで保存する

内容と書式設定を維持したまま、PowerPoint を所有していないユーザーとプレゼンテーションを共有したい場合があります。その場合は、PowerPoint を使ってプレゼンテーションを PDF として直接 OneDrive に保存します。

  1. PowerPoint でプレゼンテーションを開く場合は、4 本の指で画面の上半分をタップします。プレゼンテーションの名前が読み上げられます。

  2. "ファイル、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。"ファイル、見出し" と読み上げられます。

  3. "エクスポート、ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  4. "PDF" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  5. ファイル名を入力します。

  6. OneDrive の場所を選択するには、OneDrive アカウントの名前 (たとえば "OneDrive - 個人用") が読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    注: 以前にプレゼンテーションを OneDrive に保存したことがある場合は、PowerPoint がそれを覚えていて、OneDrive フォルダー一覧が直接表示されます。

  7. OneDrive フォルダーに保存する場合は、探しているフォルダーの名前に続けて "ボタン、フォルダー、使用できる操作" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  8. PDF コピーを保存するには、"エクスポート、ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

関連項目

スクリーン リーダーを使って PowerPoint のスライドを操作する

スクリーン リーダーを使って PowerPoint でテキストを追加し、書式を設定する

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×