PowerPoint で画面を記録する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

コンピューターの画面と、関連するオーディオを記録して、 PowerPointスライドに埋め込みます- または別のファイルとして保存することができます。

  • 録音し、画面記録に関連付けられている音声を聞くには、サウンド カード、マイク、およびスピーカーが必要です。

  • ローカル ドライブに、画面のレコーディングの記録と保存に十分なディスク領域があることを確認します。

コンピューターの画面を記録して PowerPoint に記録を埋め込む

  1. 画面録画を配置するスライドを開きます。

  2. [リボンの [挿入] タブには、[画面録画] を選びます。

    PowerPoint 2016 の [レコーディング] タブの [画面録画] ボタン

  3. コントロール ドックで、[領域の選択] をクリックします (Windows ロゴ + Shift + A キー)。画面全体を記録する場合は、Windows ロゴ + Shift + F キーを押します。

    領域の選択

    記録できる最小サイズ領域は、64 x 64 ピクセルです。

    領域を選択するようにした場合、十字形カーソル 十字形のカーソル が表示されます。クリックおよびドラッグして、記録する画面の領域を選択します (現在の PowerPoint セッションで画面録画を既に完了している場合、画面には前の選択領域が表示されます。その選択領域が適切なものである場合は録画を続行します。[領域の選択] をクリックして最初からやり直すこともできます)。

    ヒント:   コントロール ドックの既定でこれらのオプションが選択されているために、オーディオおよびマウス ポインターを PowerPoint_generic 自動的に記録します。無効にするには、音声の選択を解除 (Windows ロゴ キーと shift キーを押しながら U) とレコードのポインター (Windows ロゴ キーと shift キーを押しながら O)。

  4. [レコード] をクリックします (Windows ロゴ + Shift + R キー)。

    ヒント:   しない限り、画面のコントロール ドックを固定するにはスライドを余白に記録するときにします。固定されていないコントロール ドックが再表示するには、画面の一番上にマウス カーソルをポイントします。

  5. レコーディングを制御するには、以下を実行します。

    • [一時停止] をクリックすると (Windows ロゴ + Shift + R キー)、記録が一時的に停止します。

    • [記録] をクリックすると (Windows ロゴ + Shift + R キー)、記録が再開します。

    • [停止] をクリックすると (Windows ロゴ + Shift + Q キー)、記録が終了します (下図参照)。

      記録中のコントロール ドック

  6. 記録が終了したら、[ファイル]、[上書き保存] の順に選択して、プレゼンテーションを保存します。記録は手順 2 で選択したスライドに埋め込まれます。

    記録自体をコンピューター上の別のファイルとして保存するには、記録を示すスライド上の図を右クリックし、[メディアに名前を付けて保存] を選択します。[メディアに名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、ファイル名およびフォルダーの場所を指定し、[保存] をクリックします。

重要な:   画面PowerPoint 2013記録機能を使用するには、 2015 年 2 月 16 日が PowerPoint 2013 の更新をインストールします。

  1. 画面録画を配置するスライドを開きます。

  2. [挿入] タブで、画面記録] をクリックします。

    [挿入] > [画面録画]

  3. コントロール ドックで、[領域の選択] をクリックします (Windows ロゴ + Shift + A キー)。

    領域の選択

    記録できる最小サイズ領域は、64 x 64 ピクセルです。

    十字形カーソル 十字形のカーソル が表示されます。クリックおよびドラッグして、記録する画面の領域を選択します。

    ヒント:   コントロール ドックの既定でこれらのオプションが選択されているために、オーディオおよびマウス ポインターをPowerPoint自動的に記録します。無効にするには、音声の選択を解除 (Windows ロゴ キーと shift キーを押しながら U) とレコードのポインター (Windows ロゴ キーと shift キーを押しながら O)。

    現在の PowerPoint セッションで画面録画を既に完了している場合、画面には前の選択領域が表示されます。その選択領域が適切なものである場合は録画を続行します。[領域の選択] をクリックして最初からやり直すこともできます。

  4. [レコード] をクリックします (Windows ロゴ + Shift + R キー)。

    ヒント:   しない限り、画面のコントロール ドックを固定するにはスライドを余白に記録するときにします。固定されていないコントロール ドックが再表示するには、画面の一番上にマウス カーソルをポイントします。

  5. レコーディングを制御するには、以下を実行します。

    • [一時停止] をクリックすると (Windows ロゴ + Shift + R キー)、記録が一時的に停止します。

    • [記録] をクリックすると (Windows ロゴ + Shift + R キー)、記録が再開します。

    • [停止] をクリックすると (Windows ロゴ + Shift + Q キー)、記録が終了します (下図参照)。

      記録中のコントロール ドック

  6. 記録が終了したら、プレゼンテーションを保存します。[ファイル]、[上書き保存] の順に選択します。記録は手順 1 で選択したスライドに埋め込まれます。

    記録自体をコンピューター上の別のファイルとして保存するには、記録を示すスライド上の図を右クリックし、[メディアに名前を付けて保存] を選択します。[メディアに名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、ファイル名およびフォルダーの場所を指定し、[保存] をクリックします。

PowerPoint から別のファイルとして記録画面を保存する

PowerPoint 2013 を使用している場合は、記録画面を別のファイルとして保存する前に、必要な更新プログラムがすべてインストールされていることをご確認ください。

  • クイック実行バージョンに対しては、15.0.4641.1001 以降のバージョンがインストールされている。

  • クイック実行除く、すべてのバージョンの更新プログラム (KB2883051KB2883052 の両方) がインストールされている。

適切な更新プログラムをインストールした後は、ビデオ ファイルを保存できます。ここでは次のようにします。

  1. ビデオ フレームを右クリックし [メディアに名前を付けて保存] をクリックします。

    ビデオ フレームを右クリックする

    ヒント:   ハード ディスクには、ビデオ ファイルを保存するには、十分な領域を確認します。それ以外の場合、記憶域を解放して、もう一度試してくださいする必要があります。

  2. [メディアに名前を付けて保存] ボックスで、フォルダーを選択し、[ファイル名] ボックスで、名前を入力します。

  3. [保存] をクリックします。

ビデオの [開始] 設定を設定する

ビデオ フレームを右クリックし、[開始] をクリックしてビデオをプレゼンテーションで開始する方法 (スライドが表示されたら自動で、またはマウスをクリックしたとき) を選びます。

[開始] の設定を行う

ビデオをトリミングする

  1. ビデオ フレームを右クリックし、[トリミング] をクリックします。

    [トリム] ボタン

  2. [ビデオのトリミング] ボックスで、ビデオ映像をトリミングする場所を決定するには、[再生] をクリックします。

  3. 切り取る時点が表示されたら、[一時停止] をクリックします。

    ヒント:   正確なタイミングを指定するのにには、次のフレーム] と [前のフレームのボタンを使用します。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • クリップの先頭をトリミングするには、開始点 (緑色のマーカーとしての下の図に表示) をクリックします。双方向矢印が表示されたら、矢印を目的のビデオの開始位置にドラッグします。

      ビデオをトリミングする

    • クリップの最後をトリミングするには、(赤色のマーカーとして上の図に表示) の終点をクリックします。双方向矢印が表示されたら、矢印を目的のビデオの終了位置にドラッグします。

  5. [OK] をクリックします。

ビデオのフレームにスタイルを適用します。

ビデオ フレームを右クリックし、[スタイル] をクリックし、希望のスタイルを選択します。

ビデオ フレームのスタイルを選ぶ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×