PowerPoint で別の表示に切り替える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プレゼンテーションの編集、印刷、実行に使用できる PowerPoint のビューは次のとおりです。

  • 標準表示

  • スライド一覧表示

  • ノート表示

  • アウトライン表示 (PowerPoint 2016 for Mac)

  • スライド ショー ビュー

  • 発表者ビュー

  • マスター表示:スライド、配布資料、ノート

次の 2 つの場所で PowerPoint のビューを切り替えることができます。

PowerPoint でビューを切り替える

吹き出し 1 [表示] メニューを使用して、ビューを切り替えます

吹き出し 2 PowerPoint ウィンドウの下部にあるバーで 3 つのメイン ビュー (標準、スライド一覧、スライド ショー) にアクセスします。

プレゼンテーションの作成または編集に使うビュー

PowerPoint で複数のビューを使用すると、本格的なプレゼンテーションを作成できます。

  • 標準表示   : 標準表示は、プレゼンテーションの作成とデザインを行う主な編集ビューです。標準表示には、4 個の作業領域があります。

    アウトラインとスライド ビューの作業領域

    吹き出し 1 [アウトライン] タブ

    吹き出し 2 [スライド] タブ

    吹き出し 3 スライド ウィンドウ

    吹き出し 4 ノート ウィンドウ

    注: PowerPoint 2016 for Mac に [アウトライン] タブはありません。代わりにアウトライン表示を使用してください。PowerPoint 2016 for Mac の場合、[スライド] タブも表示されません。スライド表示では自動的に標準表示になります。

  • スライド一覧表示   : スライド一覧表示では、サムネイル形式でスライドを表示できます。このビューでは、プレゼンテーションの作成時や、プレゼンテーションを印刷する準備をしているときに、スライドの並べ替えと整理を簡単に行うことができます。スライド一覧表示では、セクションを追加することや、異なるカテゴリやセクションにスライドを並べ替えることもできます。

  • ノート表示   : ノート ウィンドウは、スライド ウィンドウの下に表示されます。現在のスライドに適用するノートを入力できます。ノートは、後で印刷してプレゼンテーション時に参照できます。ノートを印刷して参加者に配布したり、ノートをプレゼンテーションに含めて参加者に送信したり、Web ページに投稿したりすることもできます。

  • アウトライン表示    (PowerPoint 2016 for Mac): アウトライン表示にすると、各スライドのタイトルと主なテキストで構成されるアウトラインでプレゼンテーションが表示されます。アウトライン表示を含むウィンドウの左側に、各タイトルとスライドアイコンとスライド番号が表示されます。全体的な編集を行う場合、プレゼンテーションの概要を把握する場合、箇条書きやスライドの順序を変更する場合、書式の変更を適用する場合には、アウトライン表示で作業すると特に便利です。

  • マスター表示   : マスター表示には、スライド表示、配布資料表示、ノート表示が含まれています。マスター表示は、背景、テーマの色、テーマのフォント、テーマの効果、プレースホルダーのサイズ、位置など、プレゼンテーションに関する情報が保存されている主なスライドです。マスター表示で作業することの主なメリットは、スライド マスター、ノート マスター、または配布資料マスターで、プレゼンテーション内のすべてのスライドやノート、配布資料に汎用的なスタイル変更を加えられることです。マスター操作の詳細については、「スライド マスターを変更する」を参照してください。

プレゼンテーションの実行に使うビュー

  • スライド ショー表示   : スライド ショー表示は、参加者に対してプレゼンテーションを行うときに使用します。このビューでは、コンピューター画面全体にスライドが表示されます。

  • 発表者ツール    発表者ツールを使用して、どのくらいの時間が経過すると、スライドがのみを表示できます (しながらもノートを取る会議を表示する) を次へ]、[表示のノートを追跡することによってプレゼンテーション中にスライドを管理できます。

プレゼンテーションの準備と印刷に使うビュー

紙とインクを節約するために、印刷するために印刷ジョブを準備することをお勧めします。PowerPoint には、印刷する内容 (スライド、配付資料、ノート) や、ジョブの印刷方法 (カラー、グレースケール、モノクロ、フレーム付きなど) を指定しやすいビューと設定があります。

  • スライド一覧表示   : スライド一覧表示では、サムネイル形式でスライドを表示できます。このビューでは、スライドを印刷する準備中に、スライド順序の並べ替えと整理が簡単にできます。

  • 印刷プレビュー   : 印刷プレビューでは、印刷する内容 (配付資料、ノート、アウトライン、スライド) の設定を指定できます。

関連項目

プレゼンテーションのデザインについて

スライドをセクションに整理する

スライドと配布資料を印刷する

プレゼンテーションを実施する

PowerPoint 2016 for Mac での発表者ツールの使用

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×