PowerPoint でマクロを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

マクロの記録は、頻繁に行う作業を自動化するための機能ですが、Microsoft PowerPoint 2013 または PowerPoint 2016 では利用できません。代わりに、Visual Basic for Applications (VBA) を使ってマクロの作成や編集を行うことができます。VBA では、以前のバージョンの PowerPoint で作成されたマクロも編集できます。

Visual Basic for Applications を使ってマクロを作成または編集する手順は次のとおりです。

  1. [表示] タブの [マクロ] を選びます。

  2. [マクロ] ダイアログ ボックスにマクロの名前を入力します。

  3. [場所] ボックスの一覧で、マクロの保存先となるテンプレートまたはプレゼンテーションをクリックします。

  4. [説明] ボックスに、マクロの説明を入力します。

  5. [作成] をクリックして Visual Basic for Applications を開きます。

重要: この機能は、Windows RT PC 上の Office では利用できません。使っている Office のバージョンを確認するには、こちらを参照してください。

最新バージョンの PowerPoint でマクロを実行する方法については、以前のバージョンの PowerPoint で作成したマクロを実行するを参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×