PowerPoint でオーディオおよびビデオの再生品質と互換性を向上させるためのヒント

再生が遅くなっている場合、オーディオとビデオにずれが生じている場合、オーディオが途切れる場合、フレームがコマ落ちする場合に、オーディオとビデオの再生品質やプレゼンテーションに追加したメディア ファイルの互換性を向上させるヒントをいくつか紹介します。

ヒント:   特定古いのビデオ ファイル形式が圧縮されない、またはWindows RT PC上の Office で正しくエクスポート可能性があります。H.264 と高度なオーディオ コーディング (AAC) などの新しいメディア形式を使用することをお勧めします。を使用して Office のバージョンを知りたいですか?

  • コンピューターでメモリを増設するか、強力なグラフィックス カードを取り付けます。

  • Vista または Windows 7.0 を使っている場合は、Windows の [Windows エクスペリエンス インデックス] を表示して、改善できる領域を確認します。

    Windows エクスペリエンス インデックスでは、使用中のコンピューターのハードウェア構成とソフトウェア構成で性能が測定されます。この情報は、基準スコアの形で測定値を表示します。一般的に、基準スコアが高いほど、基準スコアが低いコンピューターよりも高性能、高速処理を実現できることになります。詳細については、Windows のヘルプとサポートを参照してください。

  • ビデオ カード ドライバーが最新版であることを確認します。ビデオ カードの製造元に問い合わせるか、オンラインで製造元の Web サイトにアクセスしてご確認ください。

  • ハードウェアの加速設定をオンにします。 PowerPoint でこの操作を行うには、[ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順に移動して、[表示] の [ハードウェアのグラフィック アクセラレータを無効にする] チェック ボックスがオフになっていることを確認します。

  • プレゼンテーションを配信するデバイスに、十分な空きディスク領域があることを確認します。

  • 色深度の設定を 16 ビットに変更します。 色深度とは、画像内の 1 つのピクセルに割り当てられる色値の数です。 色深度は、1 ビット (白黒) から 32 ビット (1670 万色超) までの範囲です。

  • その他のすべてのプログラムを終了します。

  • メディア ファイルにリンクするよりも、メディア ファイルを埋め込む方法をお勧めします。メディア ファイルを埋め込むと、プレゼンテーションのファイル サイズは大きくなりますが、再生自体は保証されます。ただし、プレゼンテーション内のメディア ファイルは圧縮できます。

  • ビデオにリンクする必要がある場合は、プレゼンテーションの配信サイトに有効なネットワーク接続があることを確認します。 またプレゼンテーションの前に必ず接続をテストしてください。 テストにより、プレゼンテーションの前に問題を特定できます。 メディアにリンクする方法の利点は、プレゼンテーション ファイルのサイズが小さくなることです。 ただし、正常に再生されるように、リンクされたメディア ファイルを、プレゼンテーションと同じディレクトリにコピーしたことを確認します。

以前のバージョンの PowerPoint のビデオまたはサウンド ファイルがプレゼンテーションに含まれている場合、ファイル形式をアップグレードして、新しいマルチメディア再生機能を利用できます。アップグレードすると、メディア アイテムが新しい形式に自動的に更新されて埋め込まれます。PowerPoint でファイル形式をアップグレードするには、[ファイル] タブで [情報]、[ドキュメントの変換] の順に選びます。

レガシー ビデオをダブルクリックすると、ダイアログ ボックスが表示され、ビデオ ファイルをアップグレードできます。

TEMP フォルダーに多くのファイルがある場合、PowerPoint (およびその他のプログラム) が大幅に遅くなることがあります。 したがって、TEMP フォルダーを定期的に確認して、余分なファイルを削除するようにします。

TEMP フォルダーを検索するには、次の操作を行います。

  1. PowerPoint と使っているその他のプログラムをすべて終了します。

  2. [スタート] を選びます。

  3. [ファイル名を指定して実行] を選びます。

  4. [開く] ボックスに、「%temp%」と入力します。

  5. [OK] を選びます。

  6. 余分な .tmp ファイルを選んで、Del キーを押します。

    通常、TEMP フォルダーでは、見つかったすべてのファイルを削除できます。 「アクセス エラー」メッセージが表示される場合、使用中のファイルを削除しようとしていることが原因である可能性が高いでしょう。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×