PowerPoint でオブジェクトの周囲で文字列を折り返す

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

表、図、図形、グラフ、SmartArt グラフィックなどのオブジェクトを回り込むように文字列を折り返す機能は、PowerPoint ではサポートされていません。

今後、PowerPoint で文字列の折り返し機能がサポートされることをご希望の場合は、フィードバックを送信してください

文字列の折り返しを再現するための回避策

文字列の折り返しがサポートされるまでは、ここで説明する回避策で、オブジェクトを回り込むように文字列を折り返す外観を PowerPoint で再現することができます。いずれの方法でも、実際の文字列の折り返し機能のように自動的に文字は折り返されず、プレゼンテーションのスペースの問題が発生することがあります。

四角形のオブジェクトでは、周囲に複数のテキスト ボックスを挿入して手動でテキストを折り返すことができます。

  1. スライドに、文字列を折り返す対象のオブジェクトを挿入します。

  2. スライドの目的の位置にオブジェクトを配置します。

    次の例では、画像の上下左右にテキストを配置しようとしています。そのため、オブジェクトの上下左右には、それぞれ 1 つずつ、合わせて 4 つのテキスト ボックスが配置されています。

    オブジェクトと、番号が付けられた空のテキスト ボックスから成るスライド

  3. [挿入]、[テキスト]、[テキスト ボックス] の順に選びます。スライドに 1 つ目のテキスト ボックスを描画し、入力するテキストに合わせて幅と位置を設定してから、テキストを入力します。

  4. 1 つ目のテキスト ボックスのすべてのスペースに入力したら、追加のテキスト ボックスを挿入します。各テキスト ボックスの幅を変更し、テキストに合わせて配置します。

    オブジェクトが挿入され、テキスト ボックスが表示されたスライド (テキストは途中まで入力されている状態)

    希望のレイアウトになるまで、引き続きテキスト ボックスを追加し、テキストを入力します。

    オブジェクトが挿入され、テキスト ボックスが表示されたスライド (テキストが完成した状態)

  1. スライドに、文字列を折り返す対象のオブジェクトを挿入します。

  2. オブジェクトの任意の場所を右クリックし、[最背面へ​​移動] を選びます。

  3. オブジェクトの上にテキストを入力するか貼り付けます。

    オブジェクトの左上端にあるテキストの横をクリックし、Tab キーまたは Space キーを押して、テキストをオブジェクトの右端を越えた位置に移動します。

    画像を覆い隠すようにテキストが配置されたスライド

  4. 画像を覆い隠しているすべてのテキスト行について、手順 3 を繰り返しながら、オブジェクトの右端を越えた位置までテキストを移動します。

    画像を避けるようにテキストが折り返されたスライド

次の手順を PowerPoint 2016、PowerPoint 2013、PowerPoint 2016 for Mac のみ該当します。

この方法には 2 つの Office プログラムを使用する必要がありますが、大量のテキストを操作する場合は、最も短時間でできる方法でもあります。

  1. 文字列の折り返しを使用する PowerPoint スライドを開き、[挿入] タブの [オブジェクト] をクリックします。

  2. [オブジェクトの種類] リストで、[Microsoft Word 文書] をクリックし、[OK] をクリックします。

  3. 表示される Word ウィンドウで、テキストを入力するか貼り付け、目的の場所に画像を挿入します。

  4. 画像を右クリックし、[文字列の折り返し] をポイントし、[外周] をクリックします。

  5. PowerPoint スライドをクリックすると、折り返された文字列がスライドに挿入されます (PowerPoint 2016 for Mac を使用している場合は、Word ファイルを閉じると、折り返された文字列がスライドに挿入されます)。

  6. オブジェクトと折り返された文字列はボックス内に表示され、ドラッグとサイズ変更でボックスを調整できます。画像または折り返された文字列を変更するには、ボックスをダブルクリックし、Word を開き直して変更します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×