PowerPoint での互換性チェック

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

互換性チェックを使用すると、PowerPoint プレゼンテーションを PowerPoint 97-2003 のファイル形式 (.ppt) で保存したときに失われる可能性がある機能がメッセージに表示されます。この記事では、互換性チェックによって生成されるメッセージについて説明します。メッセージが表示される原因、推奨される対応方法については、各メッセージの説明を参照してください。

互換性チェックの使用方法については、以下を参照してください。

互換性チェック メッセージには次の 2 種類があります。

  1. よく使用される場合は、 PowerPointの以前のバージョンでファイルを開いた場合にのみ編集機能が失われます。たとえば、 PowerPoint形式の以前のバージョンには、 SmartArt グラフィックでプレゼンテーションを保存してからPowerPointの以前のバージョンでそのファイルを開くと、 SmartArt グラフィックが図に変更されます。ただし、ファイルを開いた場合、もう一度PowerPointの新しいバージョンで編集をそのSmartArt グラフィック図を作成せずに、 SmartArt グラフィックを編集する続行することができます。このようなメッセージは、これらの"以前のバージョンの PowerPoint では"であります。

  2. もう 1 つは、特定の機能が今後使用できなくなるという内容のメッセージです。 たとえば、ユーザー設定レイアウト上のプレースホルダー テキストを変更すると、そのプレースホルダー テキストは削除されます。

PowerPointPowerPointの旧バージョンでの以降のバージョンから一部のコンテンツを編集することはできません。たとえば、図形とテキスト新しい効果を図に変換されます (ビットマップ) と同じをプレゼンテーションに表示されることを確認するPowerPointの以前のバージョンでします。その結果、線の幅、塗りつぶしの色、または図形とテキストの他の要素を変更することはできません。また、実際をビットマップ、テキストが有効にした後、プレゼンテーション中にはしたテキストに適用されたアニメーションが表示されません。

ヒント:   SmartArt グラフィックを、図形、またはプレゼンテーション内の他のオブジェクトを変更する場合は、PowerPoint プレゼンテーションのコピーを保存し、PowerPoint 97-2003 ファイル (.ppt) としてコピーを保存します。これによって、ことができます変更を元のプレゼンテーションに場合は、以前のバージョンのファイル形式でプレゼンテーションを保存すると、 SmartArt グラフィック図形、またはその他のオブジェクトが画像に変換されます。

埋め込まれているか、PowerPoint 2010、PowerPoint 2013、または PowerPoint 2016 でアップグレードされたメディア クリップは、以前のバージョンの PowerPoint で編集できない画像に変換されます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

プレゼンテーションで挿入またはアップグレードされたメディア クリップ

メディア クリップをもう一度挿入し、埋め込む代わりにリンクします。

図形の外観を維持するために、一部の効果が図形の塗りつぶしとして使用される画像に変換されます。 文字列は、これらの画像の上に表示されているので、編集することができます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

影 (内側)、光彩、面取り、ぼかし、または塗りつぶし (グラデーション) の効果が適用された図形

効果を削除します

図形の外観を維持するために、図形とそれに含まれる文字列は以前のバージョンの PowerPoint で編集できない画像に変換されます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

反射、影 (内側)、光彩、変形、3-D 回転、文字の輪郭、または塗りつぶし (グラデーション、図、テクスチャ) の効果が適用された文字列

テキスト効果を削除します

取り消し線または二重取り消し線が適用された文字列、文字列の段組み、インデント レベルが 6 ~ 9 の文字列、または縦書きの文字列

[ホーム] タブの [フォント] グループまたは [段落] グループのボタンを使用してこれらの設定を削除します。

反射効果が適用された図形

効果を削除します

グループ化された図形の外観を維持するために、グループ化された図形は以前のバージョンの PowerPoint で編集できない画像に変換されます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

反射、光彩、3-D 回転、または塗りつぶし (グラデーション、図、テクスチャ) の効果がすべての図形に適用されたグループ化された図形

効果を削除します

SmartArt グラフィックの外観を維持するために、SmartArt グラフィックは以前のバージョンの PowerPoint で編集できない画像に変換されます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

SmartArt グラフィック

SmartArt グラフィックは、Office PowerPoint 2007 よりも前のバージョンの PowerPoint で編集できない単一のオブジェクトに変換されます。 ただし、SmartArt グラフィックのグループ化を解除して、以前のバージョンの PowerPoint で編集することはできます。 しかし、SmartArt グラフィックを個別の図形に変換すると、[SmartArt ツール] の各タブの機能は使用できなくなります。

表の外観を維持するために、表は以前のバージョンの PowerPoint で編集できない画像に変換されます。

メッセージが表示される原因となった プレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

セル内にワードアートを含む表

テキスト効果を削除します

反射、セルの面取り、影、または塗りつぶし (グラデーション、図、テクスチャ) の効果が適用された表

効果を削除します

図形に効果を追加して、変換された画像の容量が 30 MB より大きくなる場合に、このメッセージが表示されます。

メッセージが表示される原因となった図形内の要素

考えられる解決策

反射、光彩、面取り、ぼかし、3-D 回転、または塗りつぶし (グラデーション、図、テクスチャ) の効果が適用された図形

効果を削除します

グループ化された図形の外観を維持するために、グループ化された図形は以前のバージョンの PowerPoint で編集できない画像に変換され、すべての効果が削除されます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

反射、光彩、面取り、ぼかし、3-D 回転、または塗りつぶし (グラデーション、図、テクスチャ) の効果がすべての図形に適用されたグループ化された図形

効果を削除します

カスタマイズされたクイック アクセス ツールバーと、Office PowerPoint 2007 より前のバージョンの PowerPoint でサポートされていないユーザー設定のユーザー インターフェイスのパーツのどちらか、または両方がプレゼンテーションに含まれている場合に、このメッセージが表示されることがあります。 このようなユーザー設定の機能は、以前のバージョンの PowerPoint では使用できなくなります。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

1 つ以上のボタンが追加された、このプレゼンテーションに固有のクイック アクセス ツールバー

カスタマイズされたインターフェイス

Office PowerPoint 2007 および PowerPoint 2010 の Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイス は以前のバージョンの PowerPoint のメニューおよびツールバーとは大幅に異なっているので、Office PowerPoint 2007 または PowerPoint 2010 でカスタマイズされた内容は、以前のバージョンの PowerPoint では使用できません。

以前のバージョンの PowerPoint で、同様のユーザー設定のコマンドをツール バーやメニューに追加できます。

Microsoft Office Excel 2007 以降では、ワークシートの最大列数は 16,384 列、最大行数は 1,048,576 行です。 一方、以前のバージョンの Excel では、ワークシートの最大列数は 256 列、最大行数は 65,536 行です。 したがって、この列数と行数の制限を超えた領域のセルに含まれるデータは、以前のバージョンの Excel では削除されます。 範囲外のデータを参照している数式は、#REF! エラーを返します。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

選んだファイル形式の列数と行数の制限を超えた領域のセルに含まれるデータを使用して作成されたグラフ

Excel の互換性チェックで [検索] をクリックし、列数と行数制限を超えた領域のセルとセル範囲を検索して選びます。次に、[切り取り] コマンドと [貼り付け] コマンドを使用して、このセルとセル範囲を切り取り、列数と行数制限内の領域または別のシートに貼り付けます。

ユーザー設定レイアウトを含むプレゼンテーションを PowerPoint 97-2003 プレゼンテーション (.ppt) として保存するとき、そのユーザー設定レイアウトに 1 つ以上の ActiveX コントロールが追加されていると、このメッセージが表示されます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

ユーザー設定レイアウトに追加された 1 つ以上の ActiveX コントロール

プレゼンテーションにコードが含まれていない場合は、[続行] をクリックします。 プレゼンテーションからコードが削除されます。

プレゼンテーションにコードが含まれており、このコードを保持する場合は、[キャンセル] をクリックします。

注: 

  • ユーザー設定レイアウト上の ActiveX コントロールに関連付けられているコードを、PowerPoint 2007 より前のバージョンのファイル形式で保存することはできません。

  • コードの損失や破損を避けるには、プレゼンテーション (.pptx) ファイルとして保存してください。

ユーザー設定レイアウトと独自に定義したメッセージ テキストを含むプレゼンテーションを保存すると、このメッセージが表示されます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

独自に定義したメッセージ テキストを含むユーザー設定レイアウト

以前のバージョンとして保存する場合、メッセージ テキストは既定のプレースホルダー テキストまたはテキスト ボックスに自動的に変更されます。

プレースホルダーをテキスト ボックスに変更し、ユーザー設定のメッセージをこのテキスト ボックスに入力します。

ユーザー設定レイアウト上のプレースホルダーにアニメーション効果が適用されていると、このメッセージが表示されます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

ユーザー設定レイアウト上のプレースホルダーに適用されたアニメーション効果

以前のバージョンとして保存する場合、プレースホルダーはアニメーションのない既定のプレースホルダーに自動的に変更されます。

プレースホルダーをテキスト ボックスまたは図形に変更し、これにアニメーションを適用します。

特定のアニメーション効果を図形に適用し、以前のバージョンの PowerPoint のファイル形式でプレゼンテーションを保存すると、アニメーションが表示されない場合があります。 これは、図に変換された文字列または図形にアニメーションが適用されているためです。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる 解決策

編集不可能になる図形 (SmartArt グラフィックなど) に適用されたアニメーション効果

以前のバージョンとして保存する場合、プレースホルダーはアニメーションのない既定のプレースホルダーに自動的に変更されます。

次の操作を行って、オブジェクトをアニメーション効果のある図に変更します。

  1. スライドで図形を選びます。

  2. 図形を右クリックし、[図として保存] を選びます。

  3. 保存したら、[挿入] タブの [画像] グループで [] をクリックします。

  4. 目的の図を参照して、[挿入] をクリックします。

  5. 図にアニメーションを適用します。

初期化されていない ActiveX コントロールを含むプレゼンテーションを保存すると、このメッセージが表示されます。 初期化されていない ActiveX コントロールとは、有効になっていないコントロールです。 ActiveX コントロールを有効化する方法の詳細については、「Office ファイルで ActiveX 設定を有効または無効にする」を参照してください。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

初期化されていない ActiveX コントロール

  1. メッセージ バーの [オプション] をクリックします。 ActiveX コントロールを有効にするオプションがセキュリティ ダイアログ ボックスに表示されます。 ActiveX コントロールを有効にすると、ActiveX コントロールが初期化されます。 有効にする前に安全性を正しく判断する方法については、「Office ファイルで ActiveX 設定を有効または無効にする」を参照してください。

  2. 手順 1 を実行しても引き続きメッセージが表示される場合は、プレゼンテーションから ActiveX コントロールを削除します。

互換性チェックを使用すると、Microsoft Office PowerPoint 2007 プレゼンテーションを以前のバージョンの PowerPoint のファイル形式で保存したときに失われる可能性がある機能を特定できます。この記事では、互換性チェックによって生成されるメッセージについて説明します。メッセージが表示される原因、推奨される対応方法については、各メッセージの説明を参照してください。

互換性チェック メッセージには次の 2 つの異なる種類があります。

通常よく見られるのは、以前のバージョンの PowerPoint でファイルを開いた場合にのみ、特定の編集機能を使用できなくなるという内容のメッセージです。たとえば、SmartArt グラフィックが含まれるプレゼンテーションを以前のバージョンの PowerPoint の形式で保存し、そのファイルを以前のバージョンの PowerPoint で開くと、SmartArt グラフィックは図に変換されます。ただし、その SmartArt グラフィックの図を編集することなく、そのファイルを Office PowerPoint 2007 でもう一度開くと、引き続き SmartArt グラフィックを編集できます。このようなメッセージには、"以前のバージョンの PowerPoint" というフレーズが含まれています。

もう 1 つは、特定の機能が今後使用できなくなるという内容のメッセージです。たとえば、ユーザー設定レイアウト上のプレースホルダー テキストを変更すると、そのプレースホルダー テキストは完全に失われます。

Office PowerPoint 2007 で作成した内容の一部は、以前のバージョンの PowerPoint で編集できません。たとえば、新しい効果を使用した図形やテキストは、プレゼンテーションで同じように表示されるように、以前のバージョンの PowerPoint では図 (ビットマップ) に変換されます。その結果、線幅、塗りつぶしの色、図形やテキストのその他の設定を変更することはできません。また、テキストがビットマップに変換されると、そのテキスト上のアニメーションはプレゼンテーション中に表示されなくなります。

ヒント: Office PowerPoint 2007 プレゼンテーションに含まれる SmartArt グラフィック、図形、またはその他のオブジェクトを変更する必要がある場合は、Office PowerPoint 2007 プレゼンテーションのコピーを保存し、そのコピーを PowerPoint 97-2003 ファイルとして保存します。この操作を行うと、プレゼンテーションを以前のバージョンのファイル形式で保存したときに SmartArt グラフィック、図形、その他のオブジェクトが図に変換されても、元の Office PowerPoint 2007 プレゼンテーションを変更できます。

図形の外観を維持するために、一部の効果が図形の塗りつぶしとして使用される画像に変換されます。 文字列は、これらの画像の上に表示されているので、編集することができます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

反射、光彩、面取り、ぼかし、3-D 回転、または塗りつぶし (グラデーション、図、テクスチャ) の効果が適用された図形

効果または塗りつぶし (グラデーション) を削除します

図形の外観を維持するために、図形とそれに含まれる文字列は以前のバージョンの PowerPoint で編集できない画像に変換されます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

反射、光彩、面取り、影 (内側または透視投影)、変形、3-D 回転、文字の輪郭、または塗りつぶし (グラデーション、図、およびテクスチャ) の効果が適用されたテキスト。

テキスト効果、アウトライン、または塗りつぶしを削除します

取り消し線または二重取り消し線が適用された文字列、文字列の段組み、インデント レベルが 6 ~ 9 の文字列、または縦書きの文字列

[ホーム] タブの [フォント] グループまたは [段落] グループのボタンを使用してこれらの設定を削除します。

反射、光彩、面取り、ぼかし、3-D 回転、または塗りつぶし (グラデーション、図、テクスチャ) の効果が適用された図形。

効果または塗りつぶし (グラデーション) を削除します

グループ化された図形の外観を維持するために、グループ化された図形は以前のバージョンの PowerPoint で編集できない画像に変換されます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

反射、光彩、面取り、ぼかし、3-D 回転、または塗りつぶし (グラデーション、図、テクスチャ) の効果がすべての図形に適用されたグループ化された図形

3-D 効果を削除します

SmartArt グラフィックの外観を維持するために、SmartArt グラフィックは以前のバージョンの PowerPoint で編集できない画像に変換されます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

SmartArt グラフィック

SmartArt グラフィックは単一のオブジェクトに変換されますが、Office PowerPoint 2007 よりも以前のバージョンの PowerPoint では編集できません。ただし、SmartArt グラフィックを個別の図形に変換して、以前のバージョンの PowerPoint で編集することはできます。SmartArt グラフィックを個別の図形に変換すると、[SmartArt ツール] の各タブの機能は使用できなくなるので注意してください。

表の外観を維持するために、表は以前のバージョンの PowerPoint で編集できない画像に変換されます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

セル内にワードアートを含む表

ワードアート スタイルを削除します。

反射、セルの面取り、影、または塗りつぶし (グラデーション、図、テクスチャ) の効果が適用された表。

効果を削除します

図形に効果を追加して、変換された画像の容量が 30 MB より大きくなる場合に、このメッセージが表示されます。

メッセージが表示される原因となった図形内の要素

考えられる 解決策

反射、光彩、面取り、ぼかし、3-D 回転、または塗りつぶし (グラデーション、図、テクスチャ) の効果が適用された図形。

効果または塗りつぶし (グラデーション) を削除します

グループ化された図形の外観を維持するために、グループ化された図形は以前のバージョンの PowerPoint で編集できない画像に変換され、すべての効果が削除されます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

反射、光彩、面取り、ぼかし、3-D 回転、または塗りつぶし (グラデーション、図、テクスチャ) の効果がすべての図形に適用されたグループ化された図形

3-D 効果を削除します

カスタマイズされたクイック アクセス ツールバーと、Office PowerPoint 2007 より前のバージョンの PowerPoint でサポートされていないユーザー設定のユーザー インターフェイスのパーツのどちらか、または両方がプレゼンテーションに含まれている場合に、このメッセージが表示されることがあります。 このようなユーザー設定の機能は、以前のバージョンの PowerPoint では使用できなくなります。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

1 つ以上のボタンが追加された、このプレゼンテーションに固有のクイック アクセス ツールバー

カスタマイズされたインターフェイス

Office PowerPoint 2007 の Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスは以前のバージョンの PowerPoint のメニューおよびツールバーとは大幅に異なっているので、Office PowerPoint 2007 でカスタマイズされた内容は、以前のバージョンの PowerPoint では使用できません。

以前のバージョンの PowerPoint で、同様のユーザー設定のコマンドをツール バーやメニューに追加できます。

Microsoft Office Excel 2007 では、ワークシートの最大サイズは、16,384 列 × 1,048,576 行ですが、以前のバージョンの Excel では、256 列 × 65,536 行しかありません。このため、この列数と行数の制限を超えた領域のセルに含まれるデータは、以前のバージョンの Excel では削除されます。範囲外のデータを参照している数式は、#REF! エラーを返します。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

選んだファイル形式の列数と行数の制限を超えた領域のセルに含まれるデータを使用して作成されたグラフ。

Office Excel 2007 の互換性チェックで [検索] をクリックし、列数と行数の制限を超えた領域のセルとセル範囲を見つけ出して選択します。次に、[切り取り] コマンドと [貼り付け] コマンドを使用して、このセルとセル範囲を切り取り、列数と行数制限内の領域または別のシートに貼り付けます。

ユーザー設定レイアウトを含む Office PowerPoint 2007 プレゼンテーションを PowerPoint 97-2003 プレゼンテーション (.ppt) として保存するとき、そのユーザー設定レイアウトに 1 つ以上の ActiveX コントロールが追加されていると、このメッセージが表示されます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

ユーザー設定レイアウトに追加された 1 つ以上の ActiveX コントロール。

プレゼンテーションにコードが含まれていない場合は、[続行] をクリックします。

プレゼンテーションにコードが含まれている場合は、[キャンセル] をクリックします。

注: 

  • Office PowerPoint 2007 では、ユーザー設定レイアウト上の ActiveX コントロールに関連付けられているコードを、以前のバージョンの PowerPoint のファイル形式で保存することはできません。

  • コードの損失や破損を避けるには、ファイルを PowerPoint 2007 プレゼンテーション (.pptx) ファイルとして保存してください。

ユーザー設定レイアウトと独自に定義したメッセージ テキストを含むプレゼンテーションを保存すると、このメッセージが表示されます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

独自に定義したメッセージ テキストを含むユーザー設定レイアウト

独自に定義したメッセージ テキストをユーザー設定レイアウトから削除します。

スライド マスター ビューで、プレースホルダー内のユーザー設定テキストを選択して、削除します。ユーザー設定テキストを削除すると、既定のプレースホルダー テキストに戻ります。

ユーザー設定レイアウト上のプレースホルダーにアニメーション効果が適用されていると、このメッセージが表示されます。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

ユーザー設定レイアウト上のプレースホルダーに適用されたアニメーション効果

次の操作を実行して、アニメーション効果をプレースホルダーから削除します。

  1. スライド マスター ビューで、プレースホルダーを選択します。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーション] グループで、[アニメーション​​の設定] をクリックします。

  3. アニメーション​​の設定作業ウィンドウで、[削除] をクリックします。

特定のアニメーション効果を図形に適用し、以前のバージョンの PowerPoint のファイル形式でプレゼンテーションを保存すると、アニメーションが表示されない場合があります。これは、図に変換されたテキストまたは図形にアニメーションが適用されているためです。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

図形に適用され、編集不可能になるアニメーション効果。

次の操作を実行して、アニメーションを削除します。

  1. 削除するアニメーションが含まれている図形をクリックします。

  2. [アニメーション] タブの [アニメーション] グループにある [アニメーション] 一覧から [アニメーションなし] を選択します。

初期化されていない ActiveX コントロールを含むプレゼンテーションを保存すると、このメッセージが表示されます。初期化されていない ActiveX コントロールとは、有効になっていないコントロールです。ActiveX コントロールを有効化する方法の詳細については、「Office ドキュメントの ActiveX コントロールを有効または無効にする」を参照してください。

メッセージが表示される原因となったプレゼンテーション内の要素

考えられる解決策

初期化されていない ActiveX コントロール

  1. [メッセージ バーの [オプション] をクリックします。Active X コントロールを有効にする] オプションでは、[セキュリティ] ダイアログ ボックスが表示されます。これで、ActiveX コントロールを初期化します。オプションをクリックする前に、セキュリティで保護された決定を行う方法については、有効にするか Office ファイルで ActiveX 設定を無効にするを参照してください。

  2. 手順 1 を実行しても引き続きメッセージが表示される場合は、プレゼンテーションから ActiveX コントロールを削除します。

関連トピック

PowerPoint 2003 またはそれ以前のバージョンの PowerPoint 2013 プレゼンテーションの開くどうすればよいですか?
別のバージョンの PowerPoint で作成されたプレゼンテーションを開く

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×