PowerPivot: Excel での強力なデータ分析とデータ モデリング

Power Pivot は、強力なデータ分析の実行や高度なデータ モデルの作成に使うことができる Excel のアドインです。Power Pivot を使用すると、さまざまなソースから取得した大量のデータをまとめてすばやく分析し、得られた知見を簡単に共有できます。

Excel と Power Pivot のどちらでも、データ モデル (リレーションシップを持つテーブルのコレクション) を作成できます。Excel のブックに表示されるデータ モデルと、Power Pivot ウィンドウに表示されるデータ モデルは同じものです。Excel でインポートしたデータは Power Pivot で利用可能であり、同様に Power Pivot でインポートしたデータを Excel で利用することもできます。

注: 詳細な説明に入る前に、ここでビデオを視聴するか、[取得と変換] および Power Pivot に関する学習ガイドを参照することをお勧めします。

  • 数百万行のデータであっても複数のデータ ソースからデータをインポートする   PowerPivot for Excel を使用すると、さまざまなデータ ソースから何百万行ものデータを 1 つの Excel ブックにインポートしたり、異なる種類のデータの間にリレーションシップを作成したり、数式を使用して集計列や計算されるメジャーを作成したり、ピボットテーブルやピボットグラフを作成したりして、データのさらなる分析を行うことができます。いずれも IT サポートを必要としません。

  • 高速な計算と分析の実行    ほぼ同時に数百万行を処理し、マルチコア プロセッサとギガバイト規模のメモリを活用して最速の計算処理を実現します。最大サイズのデータ セットでもメモリに効率的に読み込むことができる圧縮アルゴリズムを使用して、デスクトップ上での大規模なデータ分析に対する既存の制限を回避します。

  • 事実上無制限のデータ ソースのサポート    リレーショナル データベース、多次元ソース、クラウド サービス、データフィード、Excel ファイル、テキスト ファイル、Web データなど、膨大な量のデータをデスクトップ上で分析するため、あらゆる場所からソース データをインポートし組み合わせる基盤を提供します。

  • セキュリティと管理   PowerPivot 管理ダッシュボードにより、IT 管理者は共有アプリケーションを監視および管理でき、セキュリティ、高可用性、パフォーマンスを確保します。

  • Data Analysis Expressions (DAX)    DAX は、Excel のデータ操作機能を拡張する数式言語で、より高度で複雑なグループ化、計算、分析ができるようになります。DAX 式の構文は Excel の数式によく似ています。

PowerPivot または Excel での作業

Excel と PowerPivot の基本的な違いは、PowerPivot ウィンドウで作業する方が高度なデータ モデルを作成できるということです。いくつかの作業で比較してみましょう。

作業

Excel の場合

PowerPivot の場合

大企業のデータベース、パブリック データ フィード、スプレッドシート、コンピューター上のテキスト ファイルなど、さまざまなソースからデータをインポートする

データ ソースのすべてのデータをインポートします。

インポート時にデータをフィルター処理し、列とテーブルの名前を変更します。

詳細については、「アドインを使用してデータを取得する」を参照してください。

テーブルを作成する

テーブルは、ブック内の任意のワークシートに作成できます。ワークシートに複数のテーブルを含めることができます。

テーブルは、PowerPivot ウィンドウの個別のタブ ページにまとめられます。

テーブル内のデータを編集する

テーブルにある個々のセルの値を編集できます。

個々のセルは編集できません。

テーブル間のリレーションシップを作成する

[リレーションシップ] ダイアログ ボックスで作成します。

[ダイアグラム ビュー] または [リレーションシップの作成] ダイアログ ボックスで作成します。

詳細については、「2 つのテーブル間でリレーションシップを作成する」を参照してください。

計算を作成する

Excel の数式を使用します。

Data Analysis Expressions (DAX) 記述言語を使用して、高度な計算式を記述します。

階層を作成する

無効

階層を定義して、Power View など、ブック内のさまざまな場所で使用します。

主要業績評価指標 (KPI) を作成する

無効

KPI を作成し、ピボットテーブルや Power View レポートで使用します。

パースペクティブを作成する

無効

パースペクティブを作成し、ブックの利用者に対して表示される列とテーブルの数を制限します。

ピボットテーブルおよびピボットグラフを作成する

Excel でピボットテーブル レポートを作成します。

ピボットグラフを作成する

PowerPivot ウィンドウの [ピボットテーブル] をクリックします。

モデルを Power View 用に拡張する

基本的なデータ モデルを作成します。

既定のフィールドの特定、画像、一意の値などの拡張を行います。

詳細については、「Power View 用にモデルを拡張する」を参照してください。

Visual Basic for Applications (VBA) を使用する

Excel で VBA を使用します。

PowerPivot ウィンドウでは VBA は使用しません。

データをグループ化する

Excel のピボットテーブルでグループ化します。

計算列や計算フィールドで DAX を使用します。

データの格納方法

Excel や PowerPivot ウィンドウで使うデータは、Excel ブック内の分析データベースに保存され、強力なローカル エンジンによって、そのデータベース内のデータの読み込み、クエリ、更新が行われます。データは Excel 内にあるため、ピボットテーブル、ピボットグラフ、Power View など、データを集計し操作するための Excel の機能ですぐに使えるようになります。Excel では、すべてのデータの表示機能や操作機能が提供されます。データと Excel 表示オブジェクトは、同じブック ファイル内に格納されます。PowerPivot は、2 GB までのファイル サイズをサポートしており、メモリ内では 4 GB までのデータを扱うことができます。

SharePoint への保存

PowerPivot で変更したブックは、ファイルを共有する場合の一般的な方法で、他のユーザーと共有できます。また、Excel Services が有効になっている SharePoint 環境にブックを発行することで、さらに多くの利点が得られます。SharePoint サーバーでは、Excel Services がデータを処理し、ブラウザー ウィンドウに表示します。ブラウザー ウィンドウでは、他のユーザーがデータの分析を続行できます。

SharePoint に PowerPivot for SharePoint を追加することで、コラボレーションおよびドキュメント管理サポートを追加できます。このサポートには、PowerPivot ギャラリー、サーバーの全体管理の PowerPivot 管理ダッシュボード、定期データ更新、パブリッシュされたブックを SharePoint 内のその場所から外部データ ソースとして使用する機能が含まれます。

詳細については、「MSDN: PowerPivot for SharePoint」を参照してください。

ヘルプを表示する

Power Pivot の詳細については、「PowerPivot のヘルプ」を参照してください。

Power Pivot for Excel 2010 をダウンロードする

Excel 2010 および 2013 用の Power Pivot のサンプル ファイルをダウンロードする

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×