PowerPivot アドインを使ってデータを取得する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

PowerPivot アドインを使用してリレーショナル データをインポートすると、Excel でインポートを実行するよりもずっと速く、効率的であることがほとんどです。

  1. データベース管理者にお問い合わせいただき、データベース接続情報を入手し、データにアクセスする権限があることを確認します。

  2. データがリレーショナル データまたはディメンション データの場合は、PowerPivot で [ホーム]、[外部データの取り込み]、[データベースから] の順にクリックします。

また、他のデータ ソースからインポートします。

  • [ホーム] をクリックして >データ サービスからのデータがMicrosoft Azure Marketplace または、OData データ フィードから場合。

  • サポートされるデータ ソースの詳しい一覧から選ぶには、[ホーム]、[外部データの取り込み]、[その他のソース] の順にクリックします。

[データのインポート方法の選択] ページで、データ ソース内のすべてのデータを取得するか、取り込むデータを限定するかを選べます。データを限定する場合は、一覧からテーブルとビューを選ぶか、インポートするデータを指定するクエリを作成します。

PowerPivot を使用してインポートする利点は次のとおりです。

  • 不要なデータを除外して、サブセットだけをインポートできます。

  • データをインポートする際にテーブル名と列名を変更できます。

  • 定義済みのクエリを貼り付ければ、そのクエリによって返されるデータを選べます。

データ ソースの選択に関するヒント

  • OLE DB プロバイダーは、大規模なデータに対してより高いパフォーマンスを提供できる場合があります。同じデータ ソースを提供する複数のプロバイダーから 1 つを選ぶ場合は、まず OLE DB プロバイダーを試してみましょう。

  • リレーショナル データベースからテーブルをインポートする手順を節約するPowerPivotウィンドウのワークシート間のリレーションシップを作成するのには、インポート時に外部キー リレーションシップが使用されるためです。

  • 複数のテーブルをインポートした後、必要なテーブルを削除することで、手間を省くことができます。テーブルを 1 度に 1 つずつインポートした場合は、その後、テーブル間のリレーションシップを自分で作成する必要が生じる場合があります。

  • 複数のデータ ソースに、類似データが格納されている列があれば、[PowerPivot ] ウィンドウ内でリレーションシップを作成する理由になります。種類の異なるデータ ソースを使用する場合は、同一データまたは類似データが格納されている他のデータ ソースのテーブルにマップできる列のあるテーブルを選びます。

  • SharePoint に発行したブックのデータの更新をサポートするには、ワークステーションとサーバーの両方に同じようにアクセスできるデータ ソースを選びます。ブックを発行した後、データの更新スケジュールを設定すれば、ブック内のデータが自動的に更新されるようにすることができます。ネットワーク サーバー上で利用できるデータ ソースを使用すれば、データの更新ができるようになります。

その他のソースからのデータの取り込み

Analysis Services からのデータの取得

データ フィードからデータを取得します。

Microsoft Azure Marketplace からのデータの取得

Powerpivot からフラット ファイルへの接続します。

リンク テーブルを使用したデータ モデルへのワークシート データの追加

コピーして Power Pivot のデータ モデルへの行を貼り付ける.

リレーショナル データの更新

Excel で、[データ]、[接続]、[すべて更新] の順にクリックして、データベースと再接続し、ブック内のデータを更新します。

更新操作を行うと、個々のセルが更新され、最後のインポート以降に外部データベースに取り込まれた行が追加されます。行と既存の列だけが更新されます。モデルに新しい列を追加したい場合は、この記事で前述した手順を使ってその列をインポートする必要があります。

更新を行うと、データのインポートに使用されたクエリが再実行されます。データ ソースが元の場所から移動された場合、それからテーブルまたは列が削除されたか名前が変更されていた場合は、更新には失敗しますが、以前にインポートしたデータはそのまま残されます。データ更新で使われたクエリを表示するには、[PowerPivot]、[管理] の順にクリックして [PowerPivot] ウィンドウを開きます。[デザイン]、[テーブルのプロパティ] の順にクリックして、クエリを表示します。

データを更新するには、通常は権限が必要です。ブックを他のユーザーと共有し、そのユーザーもデータを更新する場合は、そのユーザーにもデータベースを読み取る権限が必要です。

ブックをどのように共有するかによって、データ更新が行われるかどうかが決まります。Office 365 では、Office 365 に保存されたブック内のデータの更新は行えません。SharePoint Server 2013 では、サーバー上での無人データ更新のスケジュールを設定できますが、これを行うには、SharePoint 環境に PowerPivot for SharePoint 2013 がインストールされ、設定されている必要があります。SharePoint の管理者にお問い合わせ頂き、スケジュール設定されたデータ更新ができるかどうかをご確認ください。

ページの先頭へ

サポートされているデータ ソース

次の表のデータ ソースからデータをインポートできます。Power Pivot in Microsoft Excel 2013 では、各データ ソースに対して挙げられているプロバイダーはインストールされません。他のアプリケーションとともにプロバイダーがコンピューターにすでにインストールされている場合もありますが、それ以外の場合は、プロバイダーをダウンロードしてインストールする必要がある場合があります。

またへのリンク テーブルを Excel にコピーやクリップボードの内容を HTML 形式を使用する Word、Excel などのアプリケーションからのデータを貼り付けることができます。詳細については、 Excel のリンク テーブルを使用してデータを追加して、コピーと貼り付け Power Pivot データを参照してください。

入力元

バージョン

ファイルの種類

プロバイダー1

Access データベース

Microsoft Access 2003 またはそれ以降します。

.accdb または .mdb

ACE 14 OLE DB プロバイダー

SQL Server リレーショナル データベース

Microsoft SQL Server 2005 以降。Microsoft Azure SQL データベース

(該当なし)

SQL Server 用の OLE DB プロバイダー

SQL Server Native Client OLE DB プロバイダー

SQL Server Native 10.0 Client OLE DB プロバイダー

SQL クライアント用の .NET Framework データ プロバイダー

SQL Server 並列データ ウェアハウス (PDW)

SQL Server 2008 以降

(該当なし)

SQL Server PDW 用の OLE DB プロバイダー

Oracle リレーショナル データベース

Oracle 9i、10g、11g

(該当なし)

Oracle OLE DB プロバイダー

Oracle クライアント用の .NET Framework データ プロバイダー

SQL Server 用の .NET Framework データ プロバイダー

MSDAORA OLE DB プロバイダー2

OraOLEDB

MSDASQL

Teradata リレーショナル データベース

Teradata V2R6、V12

(該当なし)

TDOLEDB OLE DB プロバイダー

Teradata 用の .Net データ プロバイダー

Informix リレーショナル データベース

(該当なし)

Informix OLE DB プロバイダー

IBM DB2 リレーショナル データベース

8.1

(該当なし)

DB2OLEDB

Sybase リレーショナル データベース

(該当なし)

Sybase OLE DB プロバイダー

その他のリレーショナル データベース

(該当なし)

(該当なし)

OLE DB プロバイダーまたは ODBC ドライバー

テキスト ファイル
フラット ファイルへの接続

(該当なし)

.txt、.tab、.csv

ACE 14 OLE DB Provider for Microsoft Access

Microsoft Excel ファイル

Excel 97-2003 またはそれ以降

.xlsx、.xlsm、.xlsb、.xltx、.xltm

ACE 14 OLE DB プロバイダー

ブックのPowerPivot
Analysis Services または Powerpivot からのデータのインポート

Microsoft SQL Server 2008 R2 またはそれ以降

.xlsx、.xlsm、.xlsb、.xltx、.xltm

ASOLEDB 10.5

(PowerPivot For SharePoint がインストールされた SharePoint ファームに発行された PowerPivot ブックでのみ使用できます)

Analysis Services キューブ
Analysis Services または Powerpivot からのデータのインポート

Microsoft SQL Server 2005 以降

(該当なし)

ASOLEDB 10

データ フィード
データ フィード データ フィードからのデータのインポート

(Reporting Services のレポート、Atom サービス ドキュメント、Microsoft Azure Marketplace DataMarket、および単一のデータ フィードからのデータのインポートに使用)

Atom 1.0 形式

Windows Communication Foundation (WCF) データ サービス (以前の ADO.NET Data Services) として公開されている任意のデータベースまたはドキュメント。

.atomsvc (1 つ以上のフィードを定義するサービス ドキュメント用)

.atom (Atom Web フィード ドキュメント用)

PowerPivot 用 Microsoft Data Feed Provider

PowerPivot 用の .NET Framework データ フィード データ プロバイダー

Reporting Services レポート
Reporting Services レポートからのデータのインポート

Microsoft SQL Server 2005 以降

.rdl

Office データ接続ファイル

.odc

1ODBC 用 OLE DB プロバイダーを使用することもできます。

2 場合によっては、MSDAORA OLE DB プロバイダーを使うことで接続エラーが発生することもあります。新しいバージョンの Oracle で特にこれが発生します。エラーが発生した場合は、Oracle 用に掲載されている他のプロバイダーを使用することをお勧めします。

ページの先頭へ

サポートされないソース

次のデータ ソースは、現在サポートされていません。

  • 発行されたサーバー ドキュメント (たとえば、SharePoint に発行された Access データベース) はインポートできません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×