PowerPivot アドインの計算領域

PowerPivot アドインを使ってデータ モデルを変更する場合、メジャーの作成と管理に計算領域を使うことができます。

メジャー (計算フィールドとも呼ばれます) は、元のソース データには含まれない、モデル内で作成する新しいアイテムです。メジャーはピボットテーブルにフィールドとして表示されます。メジャーには正味金額 (純利益など)、平均、中央値などがあります。

計算領域はアドインの各テーブルの下にあるグリッドであり、これを使用して計算フィールドを作成し、管理します。

  1. Power Pivot in Microsoft Excel 2013 アドインを起動し、PowerPivot ウィンドウを開きます。

  2. [ホーム]、[表示]、[計算領域] の順にクリックします。[計算領域] は既定ではオンになっています。グリッドの表示が消えた場合、[計算領域] をクリックすると再表示されます。

  3. [ピボットテーブルのフィールド] リストの [値] 領域にフィールドを追加したときに Excel により自動的に作成されるメジャーを表示するには、[詳細設定]、[暗黙的なメジャーの表示] の順にクリックします。

    暗黙的なメジャーは、ピボットテーブルの操作で作成されるメジャーです。Sales Amount などの数値をピボットテーブルの [値] 領域にドラッグすると作成されます。Excel により値が自動的に合計され、「Sum of Sales Amount」という名前の新しいメジャーが生成されます。

    不要になったら削除できるため、暗黙的なメジャーを表示すると便利です。Excel により作成された暗黙的なメジャーは、削除されるまでデータ モデルに残ります。

    暗黙的なメジャーを見つける場合、フィールドの名前がわかっているときは [PowerPivot] リボンの [検索] をクリックします。フィールドの名前がわからないときは、計算または合計しておいた数値データを含むタブに移動します。たとえば、Sales Amount が FactInternetSales テーブルにある場合、そのテーブルの計算領域を表示して、その計算フィールドを参照します。

    暗黙的なメジャーは別の計算で参照できることを覚えておいてください。別の数式で使用されている暗黙的なメジャーを削除すると、その数式は無効になります。

    ヒント: メジャーはグリッド内のどこにでも配置できます。どのタブ、テーブル、列がアクティブであるかは問題ではありません。計算フィールドはモデル全体でグローバルに使用できます。単純化するために、ファクト テーブル (または、集計する予定の数値データが主に含まれている別のテーブル) を選び、すべてのメジャーをそこに置くこともできます。詳細については「メジャーの作成」を参照してください。

メジャー

メジャーは、ピボットテーブル、ピボットグラフ、Power View レポートで使用するために特別に作成される数式です。計算フィールドは、COUNT や SUM などの標準的な集計関数に基づいて作成できます。また、PowerPivot アドインで DAX を使用して独自の数式を定義できます。詳細については「Power Pivot の計算フィールド」を参照してください。

KPI

KPI は特定のメジャーに基づく指標であり、メトリックの現在値、状態、傾向を評価できるように設計されています。KPI は、ベース メジャーによって定義される値をターゲット値と比較して、パフォーマンスを評価します。ベース メジャーは KPI に拡張することができます。KPI の詳細については、「Power Pivot の主要業績評価指標 (KPI)」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×