PowerPivot の階層

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Power Pivot アドインのデータ モデルに加えることができる変更の 1 つが、階層の追加です。たとえば、地理的データがあれば、国、都道府県、市区町村の順に重なる階層を作成することが考えられます。

階層は列の一覧であり、ピボット レポートまたは Power View レポートで使う際には 1 つの項目と見なされます。階層はフィールドの一覧内で単一のオブジェクトとして表示されます。階層を使うと、レポートおよびピボットテーブルを作成する際に、データの共通パスを簡単に選んで移動できます。階層を作成するには、Power Pivot アドインを使用します。

  1. [Power Pivot] ウィンドウを開きます。

  2. [ホーム][表示][ダイアグラム ビュー] の順にクリックします。

  3. ダイアグラム ビューで、階層に配置する同じテーブル内の列を 1 つ以上選択します。使用する列がテーブルにすべて含まれていない場合は、RELATED を使用してそれを追加できます。「RELATED 関数 (DAX)」をご覧ください。

  4. 選択した列の 1 つを右クリックします。

  5. [階層の作成] をクリックします。テーブルの下部に親階層レベルが作成され、選択した列が階層の下に子レベルとしてコピーされます。

  6. 新しい階層の名前を入力します。

  7. 階層の親レベルに他の列をドラッグできます。これにより、列から子レベルが作成され、階層の下に配置されます。

    または、階層リストの特定の場所に列を配置する必要がある場合は、階層内の必要な場所に列をドラッグして子レベルを作成および配置できます。

    注記: 

    • 複数選択によって階層を作成した場合、子レベルの順序は最初、列の基数に基づいています。一覧の先頭には、ID 番号や名前など、最も固有かつ一意な値を持つ最も基数の高い列が配置されます。状態、ブール値、一般的な分類など、より一般的な値を持つ最も基数の低い列は最後に配置されます。ただし、列を追加すると、子レベルは一覧の最後に配置されます。列をドラッグして順序を変更できます。

    • 非表示の列 (クライアント ツールで非表示の列) から階層を作成できます。

    • 階層内に子レベルとして作成する必要のある列がわかっている場合は、ショートカット メニューの [階層の作成] を使用すると、それらの列を複数選択して、複数の子レベルを持つ階層をすばやく作成できます。

階層の編集

階層名の変更、子レベルの名前の変更、子レベルの順序の変更、子レベルとしての列の追加、階層内の子レベルの削除、子レベルの基になる名前 (列名) の表示、階層の親レベルと同名の子レベルの非表示を行うことができます。

階層または子レベルの名前を変更するには

階層の親レベルまたは子レベルを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。または、親階層をダブルクリックし、名前を編集します。

階層内の子レベルの順序を変更するには

子レベルを階層内の新しい場所にドラッグします。または、階層内の子レベルを右クリックし、[上へ移動] をクリックして一覧内を上へ移動するか、[下へ移動] をクリックして下へ移動します。

注: 列は単一の階層に一度だけ追加できます。階層に列を追加したら、同じ階層に再び追加することはできません。この結果、階層に列をドラッグすることはできなくなり、特定の列の [階層に追加] ショートカット メニューでは既に列を追加した階層が参照されなくなります。列を追加できる他の階層がない場合、[階層に追加] オプションはメニューに表示されません。

階層に他の子レベルを追加するには

  • 階層の親レベルに列をドラッグします。階層リストの下部で列が子レベルとしてコピーされます。

  • または、階層内の特定の場所に列をドラッグします。階層の子レベルとして列がコピーされます。

  • または、1 つの列または複数選択した列を右クリックし、ショートカット メニューの [階層に追加] をポイントし、特定の階層をクリックします。列から子レベルが作成され、階層リストの下部に追加されます。

階層から子レベルを削除するには

子レベルを右クリックし、[階層から削除] をクリックします。または、階層内の子レベルをクリックし、Del キーを押します。子レベルを戻す場合は、列をもう一度追加する必要があります。

注: 階層の子レベルの名前を変更すると、作成元の列とは同じ名前を共有しなくなります。既定では、基になる列の名前が子レベルの右側に表示されます。基になる列の名前を非表示にする場合、作成元の列を表示するには [基になる列の名前の表示] を使用します。

基になる名前を非表示または表示するには

階層の子レベルを右クリックし、[基になる列の名前の非表示] または [基になる列の名前の表示] をクリックして 2 つのオプションを切り替えます。

[基になる列の名前の表示] をクリックすると、コピー元の列の名前が子レベルの右側に表示されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×