PowerPivot のレポート プロパティ: 既定の集計の設定

集計にはさまざまな方法があります。 値フィールドをレポートに追加するたびに選ばなくても、Power View が既定の集計を実行します。 既定の集計とは合計です。 フィールドによっては、合計ではなく、平均や個数を出したい場合もあります。 既定の集計関数は、数値フィールドごとに変更できます。

頻繁に使用しないフィールドの場合、レポートで使用するたびに集計を変更するのが最も良い方法かもしれませんが、 繰り返し使用するフィールドの場合は、既定の集計を変更するのが時間の節約になります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  1. [Power Pivot] の [管理] を開きます。

  2. 集計する値を含むテーブルを選びます。

  3. その列の任意の場所にカーソルを置き、[詳細設定] タブを開きます。

  4. この値の既定として設定する集計を選びます。

    Power Pivot Reporting Properties:Summarize By

  5. Power View に戻り、この値をレポートに追加します。既定の集計が変更され、Power Pivot で行った設定になります。

ヒント:  数値で表される値がレポートに何回表示されるかを確認したい場合があります。 たとえば、年は数値で表されますが、数値の部分を単純に合計することはほとんどありません。 このような場合は、既定の集計を [合計] から [集計しない] に変更します。

参照

Power View 用の Power Pivot のレポート プロパティ

Power View と Power Pivot のビデオ

Power Pivot: Excel での強力なデータ分析とデータ モデリング

Power View: データの調査、ビジュアル化、プレゼンテーション

で使用する集計Power Pivot

チュートリアル: Excel 2013 でのデータ モデルを使用したピボットテーブル データの分析

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×