PowerPivot にインポートするデータのフィルター処理

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

外部データ ソースからデータを PowerPivot にインポートするときに、各テーブルから必要な列を選び、フィルター処理して、データ モデルの行数を制限します。

  1. Excel で、[PowerPivot] タブ、[データ モデルの管理] の順にクリックして、[PowerPivot] ウィンドウを開きます。

  2. [ホーム][外部データの取り込み] をクリックし、[データベースから][レポートから][データ サービスから][その他のソース] のいずれかのボタンをクリックして、テーブルのインポート ウィザードを表示します。

  3. [テーブルとビューの選択] ページでテーブルを選び、[プレビューとフィルター] をクリックします。

  4. 列を除外するには、インポートしない列の横にあるボックスをオフにします。

  5. 行を減らすには、フィルターの基準とする条件を含む列を見つけ、列見出しの右側にある下矢印をクリックします。[オートフィルター] メニューで次のいずれかの操作を行います。

    1. 列の値の一覧で、フィルターの基準にする 1 つ以上の値を選ぶか、選択を解除します。たとえば、列に製品カテゴリ名が含まれている場合は、インポートするカテゴリのみを選びます。値の数が極端に多い場合、個々のアイテムが一覧に表示されないことがあります。その場合は、"アイテムが多すぎるため、表示できません" というメッセージが表示されます。

    2. 列の種類に応じて [数値フィルター] または [テキスト フィルター] をクリックし、比較演算子コマンド ([等しい] など) のいずれかをクリックするか、[カスタム フィルター] をクリックします。[カスタム フィルター] ダイアログ ボックスで、フィルターを作成します。

      注: 設定を間違ったために最初からやり直す場合は、[行フィルターのクリア] をクリックします。

  6. [OK] をクリックすると、フィルター条件が保存され、ウィザードの [テーブルとビューの選択] ページに戻ります。[フィルターの詳細] 列には、[適用されたフィルター] というリンクが表示されます。リンクをクリックすると、ウィザードで作成されたフィルター式を確認できます。各フィルター式の構文は、プロバイダーによって異なり、手動では編集できません。[OK] をクリックして、[フィルターの詳細] ダイアログ ボックスを閉じます。

  7. [完了] をクリックすると、フィルターを適用したデータがインポートされます。

インポートするデータの量を減らすフィルターは、インポート操作時にのみ適用されます。データが既にインポートされた後にフィルターを追加して更新し、減らした行セットを取得することはできません。

Excel または PowerPivot に表示するデータを制御するフィルターは、いつでも簡単に適用できます。既存のデータセットのフィルター処理では、ブック内のデータは変更されません。変更されるのは、表示されるデータのみです。ファイル サイズが問題である場合は、インポートするデータをフィルター処理すると、ブックのサイズが小さくなります。

データ フィードの場合、変更できるのはインポートされる列だけです。データ フィードのソースがレポートで、レポートがパラメーター化されている場合以外は、値で行をフィルター処理することはできません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×