PowerPivot における計算

PowerPivot のデータ分析とモデリングに関する多くの問題は計算を使うことで解決できます。PowerPivot で使われる計算には、計算列とメジャーの 2 種類があります。どちらの種類の計算でも数式が使われます。多くの場合、たとえば SUM や AVERAGE といった標準の集計関数でオート SUM 機能を使ってメジャーを作成するときには、数式を手動で作成する必要はありません。数式は、PowerPivot によって自動的に作成されます。別のケースでは、カスタム数式を自分で作成することが必要になる場合があります。PowerPivot では、Data Analysis Expressions (DAX) を使ってカスタム計算式を作成します。

PowerPivot の DAX の数式は Excel の数式とよく似ています。実際、DAX では、Excel の数式と同じ数多くの関数、演算子、構文が使用されます。ただし、DAX には、リレーショナル データ向けに設計され、より動的な計算を実行する関数も用意されています。

PowerPivot における計算の種類

計算列

計算列を使うと、PowerPivot テーブルに新しいデータを追加できます。列に値を貼り付けるかインポートする代わりに、列値を定義する DAX 式を作成します。詳しくは、次の記事をご覧ください。

PowerPivot の計算列

計算列を作成する

メジャー

メジャーは、データ分析で使われます。たとえば、合計、平均、最小値、最大値、カウント、または、DAX 式を使って作成するその他の高度な計算などがあります。選択する行、列、フィルターに応じてメジャーの値は常に変化するため、アドホックなデータ探索を行うことができます。詳細については、次の記事を参照してください。

PowerPivot のメジャー

メジャーの作成

主要業績評価指標

主要業績評価指標 (KPI) は、特定のメジャーに基づき、定義されたターゲットに対するメトリックの現在値および状態をユーザーが迅速に評価できるように設計されています。

PowerPivot の主要業績評価指標 (KPI)

PowerPivot の数式では Data Analysis Expressions (DAX) を使います。

DAX は、計算を実行して 1 つ以上の値を返すために数式 (式) 内で使用できる関数、演算子、および定数のコレクションです。つまり、DAX を使用すると、データ モデル内に既にあるデータから新しい情報を作成できます。詳細については、次の記事を参照してください。

DAX について

PowerPivot における Data Analysis Expressions (DAX)

Data Analysis Expressions (DAX) リファレンス

PowerPivot における DAX シナリオ

PowerPivot の数式を再計算する

DAX の使用方法に関する詳細

クイック スタート: 30 分で学ぶ DAX の基礎

計算式の作成

DAX 関数

DAX 関数リファレンス (DAX)

高度な数式

Power Pivot (DAX) の数式のコンテキスト

PowerPivot の数式での参照

PowerPivot での集計

DAX の数式内でのデータのフィルター処理

PowerPivot で使用する日付

その他の DAX リソース

DAX リソース センター Wiki (TechNet)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×