PowerPivot で列とテーブルを非表示にする

Power View またはピボットテーブル レポート用のデータ モデルを使っている場合は、テーブル全体を非表示にすることもできれば、個々の列を非表示にして関連のある項目だけがフィールド リストに表示されるようにすることもできます。これは、重複したテーブルや列がある場合に特に便利です。たとえば、Products テーブルに「Product Category Name」という列を追加する場合、フィールド リストに Product Category テーブルが表示されない方がよい場合があります。

PowerPivot

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

計算フィールドも非表示にすることができます。たとえば、公開したくないような他の計算も含む高度な計算がある場合、途中の計算はフィールド リストに表示されないようにすることができます。

  1. Power Pivot in Microsoft Excel 2013 アドインを開始して、PowerPivot ウィンドウを開きます。

  2. テーブル全体を非表示にするには、テーブルを含むタブを右クリックし、[クライアント ツールで非表示にする] をクリックします。

  3. 列を個別に非表示にするには、非表示にする列が入ったテーブルを開き、列を右クリックしてから [クライアント ツールで非表示にする] をクリックします。Ctrl キーまたは Shift キーを使って、1 度に複数の列を非表示にすることもできます。

  4. 計算列を非表示にするには、計算領域が表示されていることを確認してフィールドを右クリックし、[クライアント ツールで非表示にする] をクリックします。

列が淡色表示になって、そのモデルを使うレポート クライアントには表示されないことが示されます。非表示にされた列は、モデル内で淡色表示になってその状態が示されますが、データ ビューでは表示されたままになるため、引き続きそれらを操作できます。

列を非表示にしても、それがモデルから削除されるわけではありません。非表示にした列も、引き続きテーブル内の並べ替え列として使用できます。また、計算列や計算フィールドを定義する数式内で参照することもできます。列を非表示にする機能は、データのセキュリティのために用意されたものではありません。レポートに表示される列の一覧を短くシンプルにするためだけのものです。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

既に使用されているテーブルおよび列の非表示

レポートのレイアウトでアクティブに使用されているテーブルまたは列を非表示にすると (たとえば、Excel でカレンダー年をスライサーとして使用した後、Date テーブル内のすべての列を非表示にするなど)、レポートのレイアウトはそのまま維持されます。モデル内での違いは、そのテーブルまたは列がフィールド リストに表示されなくなるという点です。レポート レイアウトにさらに変更を加える際には、現在非表示になっている列を使用することはできません。前述の例で説明すると、カレンダー年はフィールド リストに表示されなくなっているため、カレンダー年のスライサーを削除すると、そのスライサーを作り直すことはできなくなります。

非表示のテーブルと列の操作

データ ビューで表示されるかどうかは、 [非表示項目を表示 ] がオンになっているかどうかにより決まります。このオプションは、[ホーム] タブの [表示] 領域に表示され、既定ではオンになっています。オンになっている場合、非表示にされた列とテーブルもデータ ビューに表示され続けます。

PowerPivot ウィンドウには、列または式を名前で検索できる [検索] ボタンがあります。[検索] を使って特定の列を検索する場合は、[非表示項目の表示] が有効になっていない限り、非表示にしたオブジェクトが見つからないことにご注意ください。

注記:  ビデオの著作権:

  • Olympics Dataset © Guardian News & Media Ltd.

  • 国旗の画像の提供元: CIA Factbook (cia.gov)

  • 人口データの提供元: Microsoft Azure Marketplace の UNData (data.un.org)

  • Olympic Sport Pictograms の提供元: Thadius856 および Parutakupiu (Wikimedia Commons (creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/) のライセンスに基づく配布)

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×