PowerPivot で使用する日付

ほとんどのデータ分析には、日付と時系列でデータを参照して比較する処理が含まれています。過去の会計年度の売上高を集計する場合や、売上高の前月比伸び率を求める場合には、レポートに日付を含んでいることが不可欠です。PowerPivot では、日付と時刻の操作で、データ モデルの真価を引き出すことができます。PowerPivot ソリューションに日付と時刻を追加する方法については、次のリソースを参照してください。

日付テーブル

日付テーブルは、日付を実際に操作する場合に欠かせません。ほとんどの場合、データ ソースからデータとともに日付テーブルをインポートするだけで、日付テーブルを簡単に追加できます。場合によっては、手動で日付テーブルを作成して、データ モデルに追加する必要があります。PowerPivot を使用すると、このような作業も簡単です。詳細については、次の記事を参照してください。

PowerPivot in Excel の日付テーブルとその作成方法について

タイム インテリジェンス

Power Pivot は、メジャーを実際に作成して使用するときに真価を発揮します。メジャーで DAX タイム インテリジェンス関数を使用すると、日、月、四半期、年などの日付期間に基づいてデータを操作できます。さらに、このような期間に基づいて計算や比較を行うことができます。詳細については、次のトピックを参照してください。

PowerPivot in Excel のタイム インテリジェンス

その他のリソース

PowerPivot で日付と時刻を操作するときに参考になる、さまざまなリソースが用意されています。次に、いくつかの例を示します。

Office.com の記事

Power Pivot における DAX シナリオ

ホワイトペーパーとサンプル ブック

Excel での Microsoft PowerPivot による損益データ モデリングと分析は、ホワイトペーパーとサンプル ブックの組み合わせです。DAX タイム インテリジェンス関数を使用して、日付テーブルを追加して有効なメジャーを作成する方法について、わかりやすい例を紹介しています。

コミュニティ

DAX リソース センター

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×